Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラッスリーオザミ (丸の内)のランチ

<<   作成日時 : 2004/12/28 16:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

25日のランチは、先日お茶と軽飯だけした「ブラッスリーオザミ」へと向かった。
http://www.auxamis.com/brasserie/menu/higawari.html

この前の週末に同系列の炭火焼き「ヴァンピックル」でDinnerに感動したものの、ブラッスリーオザミでは、フィレステーキしか食べていなかったので、ランチの実力が見たかったからだ。

ランチは11:30〜14:30、クリスマスと言う事でランチもいつものセットでなくコースメニューが用意されていた。前菜・メイン・デザートがついて、前菜、メインが4品からチョイスできる。¥2500のコースと、メインは同じだが、前菜がバージョンアップされた¥3500のコース。それにクリスマスらしく¥5500のスペシャルコースもあった。


ココに着くまでのバイクが寒すぎたので、カキのスープがチョイスできる¥2500のコースを選択、メインはまりえがクリスマスよろしく七面鳥、オレは残酷にも子鹿の煮込みをオーダー。なんで子鹿が残酷なのかって?だって子鹿の後にカッコ書きでわざわざ(バンビ)って書いてあるんだぜ、何か日本人的には気が引けないか??


カキのスープ


ワインもオーダーして、落着いたところで周りを見渡す。相変わらずオサレおやじ率が高い、妙に金が唸っていそうなクリスマス大人(だいぶ大人)カップルもいらしたが、そんなに浮ついた感じは無い。クリスマスだからムリしちゃった感はここにはなく(そもそもランチも安いし)、普段通りの休日っていう肩の力の抜けた感じと、それでいてオサレな空気が両立しているところが素晴らしい、その辺がオレを惹きつけて止まない魅力なのかな。



バンビの煮込み


カキのスープ、子鹿、七面鳥、どの料理も過不足なくおいしい。過剰にデコレートして高級感を出すのではなく、ブラッスリーらしく、家庭っぽい味をそこそこ量多めに出して〜っていう、ニーズをバッチリ満たしてくれている。パリにあったらほんとフツーのブラッスリーなのだろうが、それを丸の内に実現しているAUXAMISは偉大だ。好き。



七面鳥


デザートもフレンチ仕様で容赦ない、見よ、このフルーツのボリュームを!これでもかと言わんばかりにフルーツがタルト生地の上に盛られている。次回こそはフツーのランチをフラっと食べに寄りたい。帰りがけに聞いたところ休日は1日だけのこと。益々愛が深まった。

フルーツタルト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラッスリーオザミ (丸の内)のランチ Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる