Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS すきやばし次郎 (豊洲) ディープエリアの極上店

<<   作成日時 : 2005/01/19 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

下駄6


さて、皆さんは「すきやばし次郎」をご存知でしょうか、評価・会計ともにハイレベルな日本を代表する寿司屋、その次郎からのれんわけをした寿司屋が近所にあるのだ、都営の団地らしきところの中華料理屋の横でいかにもフツーの寿司屋という顔で営業している。前々から行ってみたいと思いながら、ついつい築地の寿司屋に行ってしまっていたので、この日(8/6)は来客も多く手近なところで美味しいものを食べたいというリクエストから、初めて「すきやばし次郎 豊洲店」の(http://www.unisys.co.jp/club/shop/sukiyabashi-jiro.html)のれんをくぐることになった。

金曜の夜で予約もしないで大丈夫かな。。と心配だったが、ラッキーなことにテーブル席が空いていたので、6人で詰めてそのテーブルを占拠した。お品書きを見ると特上で¥3000(税抜き)、まずは腹の具合をみようと4人前をオーダー。ビールで乾杯をして今日のゴルフの出来とウィニングイレブン大会の反省をしているうちに、美しい「大トロ」「中トロ」「タイ(?食べてないので不明)」の握りがやってきた。まずは中トロに誰よりも早く手を伸ばす、ちなみにオレが中トロを口に入れた段階で、誰も醤油を自分の小皿に注いでいないくらいの速さ。ヤロー3人兄弟で育った故の反射行動、皆さん許してくれたまへ。握りはシャリが小さめで、若干甘め。そのせいか見た目よりも口に入れたときのネタの存在感がデカイ。中トロが口の中で溶けていく...素敵。続いて1つだけ残っていた大トロにも迷わず手を伸ばす。コレまた絶品、ジューシーさこの上なく、夜に\3000のコースでこんなのアリ?って感じ。尚、先述の通りダッシュ食いをしてしまったため、写真はこの通り、切腹!!

空下駄


続いて「タマゴ」「小柱」「赤貝」「ひかりもの」が運ばれてくる。

下駄2


先程のダッシュを反省して、「タマゴ」で腹を満たす。写真の通り分厚く、ボリュームがあるので、暴走しようとする胃を鎮めるには正解。「小柱」「ヒカリモノ」は無くなっていたので、赤貝を召すことに。“グッジョブ!”と親指を立てたい気分。

そしてやってきたのはウニと穴子、テーブルから歓声に似た声が上がる。「私は穴子」「オレ、ウニ好きなんだよ」「あ、オレも穴子」...。8−6=2、単純な計算式が浮かぶ。このテーブルの中の選ばれし2人はウニ、穴子を両方食べる事ができるのだ。粋なオトナであれば、客人にどうぞと勧めるところだが、あいにくオレは“漢(オトコ)”という看板をしょっているので、ウニを食った段階で穴子キープを宣言。「この女には手を出すな!」バリの勢いで、穴子を囲いにかかる。イケてない..反省。

下駄3


さきの愚行を反省し、エビは皆に任せることに。今度来た時に絶対食ってヤル。

下駄4


そして「特上」の締めにネギトロの巻きが登場。
この「下駄」の上をネギトロが埋め尽くしている様はまさに楽園。がっつりネタが入った巻物は、筆舌に尽くせない満足感を与えてくれます。

下駄5


まだなんとなく入りそうだったので、「コハダ」「イカ」「シャコ」「いわし」の握りを追加で注文。脂ののった「いわし」がお勧めだけあって旨い、生臭さは殆ど感じさせず、しっかり脂ののったトロみを感じさせてくれるいい仕事してました。

いやー、ほんと満足、Priceles!!

にしても寿司の事はあまりよくわからないので、これから勉強します。でもわからないなりにも、夜で特上¥3000、この味は間違いなくお勧めです。ディープ感もあるエリアだし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東日本橋 〜すし屋といえば粋な主人 (寿司)
本日昼に薬研堀で寿司を食らい候。 この店の名は浅草橋やら浅草、日本橋などで良く聞くのだが、 繋がりがあるのやら無いのやら全く持って謎であるが、 最近蚯蚓が訪れるこれらの街によくあるので、ついつい入ってしまう。 その何軒かある中で、この店は蚯蚓の知る限り、浅.. ...続きを見る
蚯蚓が行く
2005/01/26 01:13
銀座 鰤門
...続きを見る
今宵の勝負レストラン
2005/05/29 05:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一度夜行きましたが、二度と行きません。
夜はカウンターではおまかせかお好みしか食べられません。
前に、二人で一人前とった客がいて、後から来たおまかせのお客さんを断ることになったからだそうです。
「カウンターとテーブルではガリも別のものを使っています。」と自慢そうに言うので、「魚も違うのか?」と聞いたら「それは一緒です」と。
また、女将さんに確認したら、最初に一人前握ってもらって後でお好みを食べる場合はテーブル席からカウンターへ、最初はお好み、追加で一人前頼む場合はカウンターからテーブル席へ移ってもらうそうです。
一人前を食べたい客は、カウンターがガラガラでもテーブル席が埋まっていれば食べられません。
寿司は「値段からすればまあ良い」と言う程度で、こんな中途半端なところに行くなら、もう少しお金を払って「まとも」な店で食べることをお勧めします。
これが「すきやばし次郎」の看板をしょってるなんて信じられません。

まる
2006/01/15 23:44
上に書いてあることは本当です。
いわゆる常識の通じないレベルの低い客が
ふらっと入れる立地なのでしょうがないのでしょう。
ただし、出す寿司は旨いですよ。
本当に。
たかちゃん
2007/04/15 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
すきやばし次郎 (豊洲) ディープエリアの極上店 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる