Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 中目黒の毎日通いたいビストロ

<<   作成日時 : 2005/02/13 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

手軽にビストロが食べたいなぁ...と思いつつ、週末にシゲタ夫妻と料理人のヤス君と4人で食事をする店をWEBで検索していた。

東京ポタリングさんのサイト(http://www4.plala.or.jp/iiyona/index.html)で紹介されていたビストロの"ペティアン”がビシっと気分にマッチしたので早速予約を入れることに。 

中目黒の商店街をズーッと突き進んで、突き当りのLAWSONの眼の前という、地元の方以外なかなか見つけられなそうなロケーションとすばらしいCP(コストパフォーマンス)が気に入ったからだ。

カウンター


最近というか、ここんとこズーッと店を選ぶ際にはWEBでの情報収集となっている。

巷ではグルメ情報誌が溢れているが、そういった雑誌だとなかなか書いている人のパーソナリティが見えなかったりする。スポット的に情報を収集するにはいいけど、カタログ的な情報では共感が出来ないんだよね。
また大きな金額が動く雑誌媒体という性質を考えると、掲載されている情報についても、その裏に何か別の思惑やパワーが働いてたりするんじゃないかと、疑っちゃうし。

そんなわけで感性が重要になる選択をする際に、昔は権威=メディアの情報を参考にすることが多かったけど、今では感性があうヒト、リスペクトしてるヒトからの口コミレベルの情報を参考にすることが多い。
確かに雑誌も多様化する価値観に対応すべく細分化が行われているけど、個人レベルの細かい嗜好までを汲み取ることは出来ない。そこで登場するのがWEB、クソ情報からとびきりのレア情報までお宝とゴミがこちゃまぜに存在するカオス。でもここで批判ばかりをするのではなく、それを使いこなすスキルを
身につけると、これまで以上に多面的な情報収集が可能になり、これまででは一部のヒトしかできなかった事や、アクセスできなかった情報がグっと身近になることを実感している。

例えば旅行。ネットが登場する前までは海外旅行に行く時だって、「地球の・・」なんかをはじめとする限られた情報の中で、旅行会社のツアーにのっかって行くというのが一般的だったじゃない?
でも今はエアーもHOTELも気軽にネットから押さえられるし、口コミレベルでのHOTEL情報も写真つきであるので、下手な旅行ガイドより生きた情報をキャッチできる。

Chindateのブログ(http://chindate.exblog.jp/591166/)でも紹介されていたが、ネットで究極のパーソナライズが実現していくという興味深いストーリーが紹介されている。そこで語られている未来予測は、トムクルーズ主演の映画「マイノリティ・レポート」みたい。

ただこのストーリーに疑問なのはマスメディアが無くなるという事。
権威・見識といったネットの一番の弱点を、どう補っていくのかここでは描かれていない。(あんな短いフラッシュムービーなので決して文句を言ってるわけではありません)

欲しい情報をもらうだけでは、自分が広がらないし、人である以上他人の考え=世論も気になるはずだ。それに大量のMoneyが動くことで、良質のコンテンツが作られるマスメディア。個人ベースでそれに対抗するインパクトあるコンテンツを作るのは正直ムリっしょ。

これから、自分にあった情報を様々なメディアからチョイスし、使いこなすリテラシーというのがますます重要になっていく。これは自身の体験からも実感を持ってそうだといえるが、今年の注目はというと、やっぱ携帯かな。アレはまだ化ける要素をおおいに持っているんでね。


ペティアン


さてデジタルな前置きがながくなったところで、話をペティアンに戻そう。

自分勝手なイメージで、もっとゴチャっとした外観の店を予想していたので、
最初はパッと見カフェのような店前を通り過ぎてしまっていた。
なかなか店が見つからず”迷子になちゃいました、場所どこです?"と電話をしたところ、眼の前に「Petillant」の看板を発見し、「ダッセー、オレ」と反省しきり。席に着いたところで、10分ほど遅れていたシゲタ夫妻もちょうどドアを開けた。

店内はカウンターも含め30名ほどのキャパシティ、18:30と早めの予約にも関わらず既に10人以上のお客さんが入っていた。サービスの女性が手書きのメニューを運んでくる。

Webで見て知ってはいたが、アラカルトでも前菜は¥800前後、メインも¥1200前後と格安。前菜+メインの ¥1800のコースをオーダーすればチャージも発生しない。ワインも¥2000〜、セレクトされていて殆どが¥5000以下。スゲー、毎日来れるじゃん!!

黒板には、手書きのメニューにはない前菜とメインが3品づつくらい書いてある。手元のメニューと黒板を交互に眺めながら、何にしようか頭を悩ませる。

黒板


様々なパターンを頭に描いてみたが、今日は鴨の気分だったので、
前菜にラタトゥイユ 温泉玉子のせ、メインに鴨肉のコンフィを選んだ。
特に気になっていたのはシゲタの選んだ自家製ソーセージと
ヤス君が頼んでいた黒板の豚ばら肉のハチミツ煮。

このメンバー、悲しいかなオレとシゲタはめちゃくちゃ酒に弱い。
特にオレはハーフボトルの半分でもToo Much!!とツラくなるくらい。
かといって決してお酒が嫌いではなく、飲むことは大好き。
ただある一定量を越えると、場所や相手を問わずに寝てしまうし、
調子に乗ってのんでいると気持ち悪くなってしまう。
そんなわけで、4人もいるのだからワインを白・赤ともに
1本づつはいっておきたかったんだけど、残念ながらキャパは1本。
さらに元凶であるオレの赤にしたいという我侭から、ブルゴーニュの
ピノ・ノワール(¥4000くらい)をあわせることに決定。

ピノ・ノワールは若干温度低めでテーブルに出されてきた。
前菜が出る前だったので、ボリューム感が押さえられていてちょうどいい。

前菜が来るまでの間、メンバー的にはやはり料理関係ネタで盛り上がる。
昨年、秋田のほうから「エルブジ」のアイディアを取り入れて出てきたという
銀座の話題の店の話とか、日本料理店とフレンチのサービスについての
意識の違いだとか、一流料亭の裏話とか、店側から見てどんな客が
いいのよ?とか。視点の異なるモノ同士の会話は、オモシロい。

ラタトゥユ


おー、お待ちかねの前菜がやってきた!!
まず最初の印象「デ、でかい」。予想以上のボリューム感が嬉しい。
白い器にトマトソースの赤色が魅力的なラタトゥイユ。
それ自身ではさっぱりしていて野菜の旨みが楽しめる一品だが、
半熟卵と絡めると、これまたタマラン。このチョイス正解、えらいぞオレ。

テメーの前菜を味わって落ち着くと、早々に周りが気になってしまう、
落ち着きのないオトナなわたくし。ヤス君の鴨肉のサラダとか、いまにも
皿から溢れそうだし、鴨サラダと謳っているだけあって肉もしっかり入っている。

シゲタのソーセージは、中近東的なスパイシーな味付け。
これは白ワインよりビールとの組み合わせの方がイケてるかも。
いずれの品も、このプライシングではありえない量とクオリティ。

前菜の時点で近いうちにまりえも連れてきてあげなきゃと思ってるオレ。
いい夫ぶって!!と非難されてもいい、今はバレンタイン前だ、ポイントアップが重要 笑


続いてメイン。
鴨もも肉のコンフィ。もも肉を使っているので毎日食べられる金額になっているが、安いが故のこんなもんか感は全く感じない。
レイちゃんの牛肉の赤ワイン煮、ヤス君の豚バラ肉も同様の印象。
手軽にフレンチが味わえるペティアンにますますもって愛が深まる。

<鴨肉のコンフィ>
鴨コン


<牛肉の赤ワイン煮>
牛の赤ワイン煮込み


<豚ばら肉のハチミツ入り煮込み>
豚ばら肉



デザート類もみんなで味見をしあうが、オレのチョイス「チョコのテリーヌ」が一番人気。

チョコレートのテリーヌ


<タルトタタン・栗のタルト・クリームブリュレ>
タルトタタン栗のタルト


ボリューム感もたっぷりで、まさに日常感覚のビストロ。
いやー、ほんとこの店を知って良かった!!


Petillant
目黒区上目黒2-43-11 小川ビル1F
03-3792-3567
 ・・・中目黒駅より徒歩10分くらい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ペティアン(Petillant):中目黒
中目黒にあるフレンチレストランです。 中目黒の代表的なビストロ。そのCPたるや他 ...続きを見る
ポタ食
2005/06/25 02:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
HI, Wow.. this is a very informative website! I enjoy your site very much! Keep up the good work!

<p><a href="http://www.advice-online-casinos.com" title="best online casinos">best online casinos</a></p>
− ニックネームなし −
2005/08/13 14:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
中目黒の毎日通いたいビストロ Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる