Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS OZAWA (白金) フィリップ・スタルクを楽しみながらのフレンチランチ

<<   作成日時 : 2005/02/09 13:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

プラチナ通りを登りきって、ブルーポイントやボエムを越えたあたりに、緑色の特長的な建物がある。
フランスのフィリップ・スタルクがデザインしたこの建物、
その脇を地下へと繋がる階段を降りていくとランチタイムということを
思わず忘れてしまうようなムーディーな空間が眼下に広がる。
絶妙なバランスの間接照明に照らされたシャープでモダンなインテリア。
夜の白金の街とは比較的マッチした雰囲気なのだが、陽光あふれる昼間に
ここに降りてくると、驚きとともに心地いい非日常感を味わう事が出来る。

OZAWAランチ


OZAWAにランチで来るのは初めて。この日はダテ家&シゲタ家も一緒の計6人でのランチなので、階段脇の半個室スペースを用意してもらっていた。ランチメニューもプリフィックススタイル。
前菜+メイン1品だと¥3500、肉・魚とメインを2品選べるコースだと¥5000。
この店のスペシャリティであるオマール海老の茶碗蒸も最初からコースに入ってる、スゲー。

ほかにも前菜にフォアグラのソテーを選べたり、メインを変えられたりとフレキシブルな対応ができることを、あらかじめ店側から伝えてくれるのだが、そういうサービス面もさりげなくて好き。

グラスのシャンパンで乾杯しメニューとにらめっこ。
スープは2種類、温かいきのこのスープと冷たいかぼちゃのスープから選べる。無類のかぼちゃスープ好きなので、オレは即決。

前菜は、フォアグラのソテーと今日の前菜である「たらば蟹と野菜のお菓子仕立て 2種のソース」に人気が集中。アスパラのサラダを茂田がオーダーしてたカナ。オレはたらば蟹をチョイス。

メインは、オマール海老の茶碗蒸し、赤ワインで煮込んだ牛タンのマスタードソース焼き あたりが多かったかな。伊達が選んだ子羊のローストは、オーダーした時点で一口頂戴とおねだり攻撃開始、相当魅力的だったんだけど、牛タンは外側にパン粉をつけてカリっとさせているという説明を聞いた瞬間ノックアウト。柔らかな牛タン煮と、パン粉の食感をイメージしたら、どーにも我慢できなくなってしまったのだ。

この店はパンをテーブルクロスの上に直接置くスタイル。最初はこんなに汚していいの?と思ったけど今は豪快にバリバリ破片を落とすのが心地よかったりする。個室スペースなので折角のオープンキッチンが見えないのは残念だけど、多少笑い声が大きくてもいいのが、ランチ会にはもってこい。
それにしても今日も客層は良かったなぁ、メディアにあまり出ない分、昔からのお客さんが多そうで食事を食べる楽しさに皆さん慣れてる感じ。


シャンパンを楽しみながら、会話も弾んできた頃
お待ちかねのスープが登場。

かぼちゃのスープは、コクがしっかりあるのに滑らかで、後味もさっぱりしている。味的にはもう少し粘りのある液体かと思ってしまうのだが、スプーンからサラッと流れ落ちる感じ。きのこのスープも一口もらったが、これまた同様、しっかりした味なのに、爽やかな後味だ、好き。

続く前菜は、たばら蟹のテリーヌ。冷たい食感が心地いい。
細かく切った歯ごたえも楽しめる野菜部分と、最下層のクリームが良く合う。
最後にセロリの味が締めてくれるので、ついシャンパンが進んでしまう。
で、オレの両サイドがオーダーしていたフォアグラのソテー。
「おいおいデカイよ!!!」。写真でもわかるように巨大なフォアグラ。皿の面積の半分をしめているかと錯覚するような存在感。
一口オレもいただいたが、安定感あるこれぞフォアグラ的な恍惚感に包まれる。ジューシーなんだけど、脂ッぽすぎず、旨みがあとまで口の中で余韻をひいていく。ハァ〜、フォアグラのプールで溺れたい。

フォアグラ


メインの牛タンは、期待通り。
一瞬サクッっという歯ごたえを楽しんだ後、ほどよい噛み応えの牛タンの食感が味わえる。
赤ワインのソースがしっかり絡んでいて、最後まで愉しい。昼なのでみんなはシャンパン1杯でストップ、一番酒の弱いオレだけがグラスで赤ワインをオーダーしていたが、もう少しタンニンの強いやつを選んでいた方がよかったなぁ...ま、グラスだったので仕方ない。

牛タン赤ワイン煮


オマール海老の茶碗蒸しは、こんなに大きかったっけ?というボリューム感。
いいなー、存分にアレが食べられて。スペシャリティだけあって、ほんとうにコレは旨い。横にいるオレがオマールに魅せられちゃうくらい、香りのオーラを放っている。初めて来店するなら、是非食べて欲しい逸品。

そして当初から気になっていた伊達の子羊もジューシーだったな。
次ぎ来たときあったら、オレも子羊選ぼうっと。

さいごに、デザートでチョイスしたチョコムースも絶品だったことを書いておかないと。美味しさってのは主観だけど、最近食べた中ではNo.1だったんだよね。


これだけ楽しんで1人¥6000程度。ランチなのでワインのボトルはオーダーしてないってのもあるけど、相当満足なCPである。


OZAWA
港区白金白金台4-9-23
03(3442)1171
12:00〜15:00/18:00〜23:00/月休
http://www.french.ne.jp/cdt/ozawa/index.htm


※正月のオードブル詰め合わせのレポートはこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
OZAWA (白金)のお節料理
Bonne Annee! ...続きを見る
Priceless@WebryBlog
2005/02/14 01:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
OZAWA (白金) フィリップ・スタルクを楽しみながらのフレンチランチ Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる