Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 七條 (神保町)ジャパニーズビストロここにあり

<<   作成日時 : 2005/04/25 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エビフライ七條2

久しぶりに天麩羅でも食べたいな...
カリッと揚げたサクサクの衣を、塩だけでサッといただく。
口の中が火傷しそうなくらいのホクホクの揚げたてを、
手頃なランチプライスで。目覚めた瞬間にランチが気になる
生粋のランチリスト、オレ。


最初に頭に浮かんだのは、築地の黒川。
ただ待ち合わせが12:30になっちゃったので、
この時間では、店が空いてるかどうかも微妙。
そんなわけで急遽、待ち合わせの銀座から
築地と真逆の方向にハンドルを切った。

向った先は神保町、前から行こうと思っていた七條に向う。
天麩羅 ⇒ 海老 ⇒ 海老フライと、オレの中では極めて自然な公式。
地震が来たらぶっ倒れそうな小学館ビルの地下へ階段を降りる。

四谷 北島亭で修行をされていたシェフの店。
昼間はフライや魚のソテーなど、いわゆる洋食メニューを
提供しているが、夜にはうにのコンソメゼリー、子羊の黒オリーブソースなど
北島亭系のメニューがズラリと並ぶ。近々夜にも訪問しようとは思っているが、まずはランチで偵察に。

土曜の13:00前は特に行列もなく入れたが、回転が速く常にお客さんで
埋まってる感じ。休日にも関わらず、お客さんも多種多様。
デートやビジネス、いわゆる出版っぽいヒトや、ファミリーまで。
“フレンチ”が前面に出ると、休日ランチではファミリーやビジネスという
匂いを振りまく客はあんま見ないが、ここはあくまでジャパニーズビストロ。
日本の日常の延長がココにある。


エビフライ七條

エビフライは¥1250。なかなかのボリュームでエビが3匹載っている。
カリッと揚げた衣は期待通り、ただそれ以上のサプライズを
オレに与えたのは、衣の甘さって言えばいいのかな。。。
衣の内側に、エビの旨みが凝縮されていて、さらにその
エッセンスが増幅された感じ。築地のエビフライは素材を
ダイナミックに揚げた視覚からして楽しめる男前の直球系な
ウマさ。ここは見た目は至ってフツーなんだけど、フレンチの技を
一仕事してあって、力強さは減るものの、見た目以上の
パフォーマンスを生み出している。コリャ、人気になるわけだ。
納得の逸品です。


七條
住所:東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館ビル 地下1階
電話:03-3230-4875

平日 1:30 〜 15:00 / 18:00 〜 21:00
土曜 1:30 〜 13:30
定休日:日曜・祝日


---------------------

天気も良かったので、ランチの後は家の近所に戻り、
お台場のカフェでプチヴァカンスの下調べ。

銀座あたりと比べればだいぶ交通量が減るし、眺望も抜けているので
太陽の下で飲むシャンパーニュがウマイ、思わずドルチェもオーダー。
思った以上にちゃんとしてるじゃん、このお店。
これからの季節、使い勝手いいかも。
お台場



ここでもデジカメの威力を検証、S字も結構綺麗に撮れるじゃない
キャナルインテリアショップ




自分



キャナルエントランス
メインエントランス。無機質なデザインになりがちなポストも、遊び心が溢れてる。
さすがわ隈健吾、見事な仕事っぷりです。


エントランス2

遊びに来た友人曰く、近未来系のエントランス。
オレもこの空間、結構気に入ってマス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
七條 (神保町)ジャパニーズビストロここにあり Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる