Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS イル・グラッポロ (白金) 生パスタデートならこの店で

<<   作成日時 : 2005/06/05 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イル・グラッポロの記憶は、恵比寿のラーメン屋「ちょろり」の前に
あったときに遡る。ローカル密着型のトラットリアといった感じで、
1人で来るお客さんも多く、休日はのんびりとした田舎のような
空気が流れていた。
タリオリーニUP


白金のプラチナ通りに移ったというのは、伊藤さんのガイドを見て
知ってはいたが、“今”っぽくイメチェンしたということで、
逆に他店舗との差別化が薄れ、足が遠のく結果となってしまっていた。
http://allabout.co.jp/gourmet/eatout/closeup/CU20040126A/index.htm


そんなイルグラッポロの存在が急浮上したのは、やはり生パスタ。
こないだ表参道の「トラットリア・ビリキーノ」に行った時、
そこで食べた生パスタが衝撃的だったので、ちょっと
最近ハマってるのよ。
http://kyah.at.webry.info/200505/article_4.html


ユッキーのブログでもランチのレビューがあがっていたし、
今週末くらいは食事代締めたいなと、パスタをメインにした
ランチタイムを送ってみた。
http://blog.livedoor.jp/yyyucky/archives/18044430.html


一応、なんとなくの店の場所は知ってたし、何度もここを歩いては
いるのだが、改めて見つけようとすると難しいね。
適当な場所にバイクを停めて、歩きながら探す。

思ったよりもすぐに店の看板を発見。
入口はコンクリートの打ちっぱなしで、真っ赤なカーテンが
下がっている。プラチナ通りっぽくもない店構えだし、
確かに以前のイル・グラッポロな面影は無いなぁ。

階段を降りて行くと、眼の前にオープンキッチンが広がる。
ここまでオープンなの?ってくらい開けた感じ。
なんせ店入ってすぐ“厨房ドーン!!”だからね。

ランチタイムの終りギリギリに行ったのだが、席は8割方埋まっている。
ダークブラウンと白を基調としていて、スタイリッシュな感はある。
ただダイニングバーとかで、こういったパターンが多く、
だいぶ食傷気味なので、個人的には前の田舎っぽさの方が
逆にオサレだったのになぁと残念に思う。

でもこっちにしかこないヒトは、全然気にならないだろうし
ダメってワケでは決して無い。あくまで個人の好み。


メニュー

ランチは3つのコース設定。
 A:サラダ、乾麺のパスタのコース ¥1350
 B:アンティパストミスト、生パスタにドルチェがついて¥2300
 C:うえのヤツにメインがつくと ¥3800

ユッキーの意見を参考にBを選ぶ。
するとスタッフの女性がパスタのサンプルを持ってきて、
滑らかに料理のプレゼンテーションをはじめた。
このスタッフの女性の方が、非常に快活で気持ちよく、
思わず食欲が増しちゃうんだよね〜。

オレは、サンマルツァーノとストラッキーのチーズ仕立ての
フィットチーネ。まりえは生桜海老とズッキーニのタリオリーニ。

グラスのシャンパーニュを飲みながら、
休日の至福のひと時を味わう。

アミューズはピアダ。ロマーニャ地方の薄生地のパンで、
ラードとなんとか粉(失念)を混ぜて作ったもの。
これにハムを挟んでストラッキーノチーズを振りかけている。
ピアダ
あ、コレおいしい。
全然味は違うけど、気取らない感じといいチジミっぽいかも。
ちょっと、いいじゃない。



前菜
次いでアンティパストミスト。
鯛のカルパッチョ、米ナスとチーズのミルフィーユ、
それに鴨の燻製。

アミューズみたいなお得感は無いが、ま、¥2400ですから。


タリオリーニ
パスタはあらかじめ
シェアした形で持ってきてもらえる。
湯で加減もいいし、桜海老も旬でいい。
細い麺にソースが良く絡まって美味。

そういや前にクライアントに接待された時に、
由比の桜海老刺身いただいたんだけど、
アレ旨かったなぁ〜、と思い出してみたり。


タリアテッレ
オレ的にはコレが今日イチ。
サンマルツァーノは輸入した生のヤツを使っているので、
だいぶ南イタリアな印象が蘇る。
あのトマト凄く良かったなぁ。
ストラッキーノチーズも塩味が控えめで、トマトの個性を
とても上手に引き立てている。かなり秀逸。

不思議な食感の生パスタということで、麺に関しては
トラットリアビリキーノの方に再訪したい気持ちが強いが、
全体的なレベルとして、さすがにイル・グラッポロは
ハズさない。美味しいパスタの店と言うことで、デートに
薦めるならイル・グラッポロですな。

ただ白金は部屋でも近所に無い限り、次の展開に持ち込みにくい。
最短距離で目黒ってとこか 笑


ドルチェ遠景
ドルチェです。



ドルチェ
ナッツのケーキにチョコレートが
コーティングされてたんだけどちょっとチョコが甘すぎ。
プディングは絶妙で、すんごいタイプだった。

休日のランチタイム、シャンパーニュをグラス飲んで¥3000/人。
この内容ならリーズナブルだと思います。

ただあと少しのせるだけで「OZAWA」のランチに行けるので、
あまり白金来ないヒトなら、こっちを選んだほうがいわゆる
プラチナ通りっぽい気分を味わえるんじゃないかな。

オレ的には使いやすい店が増えたので、素直に嬉しい。
今度夜にでも行ってみるか。


IL GRAPPOLO DA MIURA(イル・グラッポロ・ダ ミウラ)
港区白金台4-9-18 B1
TEL:03-5793-5300
定休日:日曜日
http://www.ilgrappolo-damiura.com/



酔っ払ったついでにNEWMANの新作買っちゃいました。
衝動買いだけど、2年くらい時計買ってなかったし、ま、いいか。
NEWMAN

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イル・グラッポロ (白金) 生パスタデートならこの店で Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる