Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ラビラント (四の橋) またすぐに行きたくなる店

<<   作成日時 : 2005/07/26 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

LBフォアグラ


上半期にフレンチ開拓を続けたので、7月はその中でも気に入った
店への再訪が多かった。初訪問も楽しかったけど、2回目は更に
満足できちゃった店がここ、ラビラント。

ちなみに前回のレポートはこちら

何がいいって、料理ももちろんだけどいい意味での脱力加減がたまらない。
休日の夜の早い時間に行ったんだけど、家族連れや初老の
ムッシュ達の会食など、それぞれが自分達のスタイルで
食事を愉しんでる雰囲気がいいんだよね。

家族連れのコドモは、「クリームシチュー」が食べたいとか言って、
「近いものだとこんな感じです」とかフレキシブルに対応してるし。
そういうのもなんか自然に受止めちゃう深さがあんだよね。

なのであんまギラギラした勝負には向かないんじゃないかな。
ある程度距離感の埋まった関係に似合う店だと思う。


この日は全開にコッテリした気分のワタクシ。
前菜にフォアグラのソテー、そしてメインには仔羊ロースの真空調理という
超“漢汁”な組合せ。真空調理の仔羊は、旨みが凝縮されててワインとの
抜群も抜群。
LB仔羊

確かに、このボリューム感を楽しむには前菜が重すぎた(笑)
今度リベンジする時は、素直に前菜軽めで合わせようっと。


特筆すべきは、まりえがオーダーしていた
「白レバー、ハツ、砂肝のアンディーブ包み焼き クルミソース」
LB白レバー

レバーがあまり得意でないオレでも思わず「ウマイ!」と声が漏れた逸品。
アンティーブのおかげで特有の臭みが緩和されていて、中からトローンと
出てくる半熟卵が、幸せでよろけそうな状態に、更にとどめをさす感じ。
レバー好きは、絶対食べてみて!!


LBデセール

デセールは、入口横のコーナーでのんびりと。
ここのスペースはフランスっぽい退廃感たっぷりのオトナ本が
揃っているので、洒落た男女2人で是非楽しんで欲しいね。


味も雰囲気も、そして料金も素敵なこの店だが、
何よりスタッフの距離感がほんと絶妙。
帰るときに次も早く来たいなと、満腹なのに思えちゃう。

いや、ほんと大好き、ラビラント♪
次はまた仲間達と行こうかな。



ラビラント
TEL: 03-5420-3584
〒108-0072 東京都港区白金3-2-7
http://www.labyrinthe.co.jp/shinohashi/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラビラント (四の橋) またすぐに行きたくなる店 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる