Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS てんぷら黒川 (築地場外)大江戸な休日

<<   作成日時 : 2005/07/31 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

花火


街中を浴衣で歩く。
年に数えるくらいのイベントなので、
妙に心が躍る。

でもふと考えてみた。
正月は和に踊り、ヴァレンタインシーズンは
クリスチャンに変身し、そして意味不明な
ホワイトデーというイベントも無視はできない。
そして春は桜で宴、夏は浴衣に、秋は紅葉。
そっから一気に年末までクリスチャンモードで
駆け抜ける。

その間もイタリアンやフレンチのレストランに通ったり、
日本料理に舌鼓をうって、夕ゴハンの味噌汁でほっとしてる。

なーーーんて、日本人って貪欲で変わり身が早いのか。
そしてそんなステレオタイプな自分に思わず苦笑い。

個人レベルでの話ならともかく、国全体でこんな
何でも楽しもうとするスタンスや様々な文化を
吸収しようとする柔軟性、経済力は凄いよね。

ネガティブに言えば主体性が無く、画一的っていう面もあるけど、
コレは日本人の気質なんで当分は変わらないかと。

それより、この恵まれた環境を素直に楽しもう♪
後ろばっか向いてるのは、もったいない。


さて、そんな今週末のテーマは「和」
ランチに築地の「てんぷら黒川」を予定してたので、
港区スポーツセンターで軽く汗を流してみる。
さすがに皇居マラソンはこの時期辛いので、
CP抜群のスポーツセンターでのトレーニングに
切替えた。港区住民/在勤者なら1回400円。
これでプールやジムが使えるなんて、ほんとにお得。

バイクだと田町からわずか5分で築地に着ける。
11:30、てんぷら黒川の前に行列は無い。
中を覗くとカウンターもテーブルも埋まっていた。
カウンター5席、テーブル8席のこじんまりした造りの店。
もうちょい待つかと思ったが、待つこと10分ちょいで
カウンターが空いたのですぐに店内に入れた、ラッキー。
まずはビールで乾杯、ウヒィ〜♪


以前来たときには、かき揚げ丼を食べた。
ゴロゴロと貝柱や海老の身が入っており、その迫力に圧倒された。
コレで1000円ちょいなら、蕎麦屋で食べてるかき揚げ丼って
なんなのアレ?、みたいな衝撃をおぼえたっけ。

なので今回は趣向を変えて、お昼のてんぷらコースに初挑戦。
¥2000、3000、4000のコースがあり、
まりえは¥2000の<雪>、オレとユッキーは¥3000の<月>
と食べ比べ。<雪>と<月>の差は、
@最初の海老:<月>は活海老、
A<月>は穴子のてんぷらやトマトなど品数が少し多め、
B締めのミニ丼:<雪>が穴子で、<月>はかき揚げ丼。

CP的には<雪>のお得感が高いかな。
でもこの金額なので全然文句を言う気にはならない。
その日の気分で好きなほうでいいんじゃない。


まずは新鮮な活海老を。ダッシュで写真におさめ、一気にいただく。
「ハフッ、ハフッ」「ウメェ〜」。塩のみでいただくてんぷら。
海老の旨みがたちますな。
黒川海老



そうそう、やはりてんぷらなので可能ならカウンターで。
大将の揚げたてのてんぷらが眼の前の皿にならべられ、
あつあつのうちに口に運ぶ。「はッ、はっひぃ〜!!(ア,アチー!!)」と
幸せな悲鳴をあげながら、汗だくになって次々に出てくる
てんぷらをたいらげる。さっきのジムより汗だくなオレたち。
てんぷら並みに湯気あがってます!


途中は食べることに夢中で、写真はムリ。
稚鮎がすんげー旨かったなぁ。
ちゃんと数えてないけど、トマト、茄子、じゃがいも、
たまねぎ、おくら、あなごなど野菜を中心に全10種類くらい
だったかな@雪。薄く揚げているので、全然もたれない。

あと大将の江戸っぷりもカウンターの方がダイレクト。
職人!って感じでライブ感たっぷり。



かき揚げ丼は、前に食べた時の印象が美化されてしまったのか、
はたまたミニ丼だからなのか、イメージ程には満足できなかった。
次はまた“丼”メインで食べにこようっと。
黒川掻揚げ丼



てんぷら黒川
東京都中央区築地6-21-8
tel. 03-3544-1988
9:00〜14:00LO
日曜・祝日



--------------こっからは花火日記-----------------

花火


ジムとてんぷらで汗だくになり、一旦 家に帰りクーラーで涼む。
「クーラーを作り出したエンジニアの皆さん、ほんと心よりありがとう!」
そんな想いを胸にしばし昼寝zzzz、最高に幸せな休日のひと時だ。


夕方になって浴衣に着替え、浅草へと向かう。
そう、今日は『隅田川の花火大会』。
実は初めてなんだよね、この花火大会。
混んでるイメージが先行していて、なかなか
足が向かなかったんだよね。

今年はヨシタカの友人宅から花火が見えるとのことで、
調子よく便乗。持つべきものは優秀な弟、素晴らしいアレンジ。

しかし「何人呼んでもいいよ」って、いったいどんな家に住んでるの?


浅草のひとつ前、田原町で待ち合わせ。
さすがにこの駅でも、地上の出口には浴衣の若者で溢れかえっている。

タクで友人宅へ向かうとなんと、5F建のマンションの前で止まった。
浅草名物 雷おこしの何代目からしいこのお宅。
なんで家にエレベーターがついてんの?? すげー。

5Fはパーティースペースっぽく、既に人で溢れている。
地元の方々が多く、ベランダの一等地は既に占拠されている。
どっから見ればいいのかなぁと思っていたら、屋根の上がべスポジとのこと。
こういう「登る」って行為は、オトコ心が騒ぎます。

既に10人ほど先客がいたが、花火がはじまると屋根の上にも
20人以上のヒトが溢れかえっていた。
屋根


眼の前に次々に打ち上げられる華火の競宴、
さすが日本を代表する花火大会だけあって、
変わったヤツとか多かったな。

スローに開く花火が今年のハヤリ?

折角なので浴衣ショット。
なんか正月の家族の集合写真か、何かの“一座”みたいな感じ。
浴衣1



麻ちゃんの提案で、「変な顔バージョン」
つーか、ユッキー 人斬り 並みにコエーから。
(コレ、アップしたら淑女からクレームかな..ま、いいや、見てねーだろ)
浴衣4


浴衣ギャル達
浴衣2



浴衣おかみ達
浴衣3



花火を見ると夏が本格的に始まった気がするね。
いやー、いい夜だ。みんなで浴衣でそぞろ歩くのも
なかなか気持ちいい
浴衣5

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
築地で激ウマかき揚げ丼を食らう!!w(゚ー゚;)w(「てんぷら黒川」編)
「いしい」に続き、「天ぷら黒川」です。晴海通りを挟んで「いしい」と反対側の路地裏。狭い店内。事前に調べてない限り絶対入らないでしょう・・・「黒川」は場内の「天房」と並び称される築地・天ぷらの名店!期待大!!! ...続きを見る
旦那@八丁堀
2006/09/07 06:29
揚げ物屋さんでは一番高いやつを、の原則。黒川@築地場外にて。
築地場内の「天房」と双璧の築地天ぷら名店「黒川」です。以前、こちらの絶品かき揚げ丼をご紹介しましたが、天丼は更なる絶品(^○^) ...続きを見る
旦那@八丁堀
2006/10/29 08:55
てんぷらの食べはじめ
お寿司や刺身、すき焼きなどとともに、日本を代表する食べ物が「てんぷら」ですね。和食には欠かせない調理法です。いつ頃から食べられるようになったのでしょう?もともと、日本では油を使う調理は少なかったはずです。てんぷらの語源も気になりますね。やまと言葉ではないですよね?てんぷらの食べはじめ雑学大全 ...続きを見る
雑学大全 〜出張版〜
2007/04/09 08:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
てんぷら黒川 (築地場外)大江戸な休日 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる