Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 聘珍樓 (中華街) 上海蟹の季節

<<   作成日時 : 2005/11/01 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

横蟹

自分ハマっこである。

「え、そーだっけ?」「東京に魂を売りやがって」な
暮らしをしているように見えるかもしれないが、
一番愛している公園は「根岸森林公園」だし、
一番好きな夜景は、赤レンガ倉庫である。

もちろん今の観光地化してしまった赤レンガではない。
高校時代に忍び込んだ赤レンガからの夜景である。

今でこそ「のり勉」の経営者となった
しょーご(当時:やんちゃ)と共に、「夜景きれいなトコ知ってんだよ」と
アオ過ぎる台詞を吐きながら、女子高のコを連れて行ったのが10数年前。

今みたいなライトアップなんか当然無いし、建物は天然のホーンテッド
マンションそのもの。蒼い月に照らされたヨコハマの海は、日常が
どこか遠いものと錯覚させるように深い。
そして、そこから見るベイブリッジは、観光客のためのものでなく
完全にボクらの貸しきり状態。
チョイ悪を気取るにはうってつけの舞台だったのだ。


なーんて感じで、高校、大学の前半とさんざんお世話になった横浜だが、
今は年に数回しか訪れなくなってしまった。なのでたまに行く時には
やりたいことをまとめてから行くことにしている。

今回は横浜美術館でやってるレイチェル・ロザレン展をみて、
期間限定で運営しているヴィラ 會芳亭に寄り、ついでに軽く
中華街で軽く飯でも食べようかなというコース設定。


まずは関内から散歩しつつ中華街へ向かう。
肉まんのゆげが旨そうに感じる季節がやってきた。
しゅうまい



若き日のハマっこたるもの、中華街の高級店は知らない。
女の子にウケるディープなR&BのBARは
知っていても、高級中華の店は完全に守備範囲外。
牛バラ肉の煮込みの旨い裏通りの店は知っていても、
いわゆる観光客向けの店は全然知らないのだ。
鎌倉で全然お寺のことに詳しくない人がいるように、
灯台元暗しというか、近所の観光客向けの場所って
アオイ頃には全然魅力的でなかったので。
門

今回も中途半端な地元意識から、下調べをせずにフラっと
来てしまったので、店選びでは全くもって役にたたない自分。
町中に貼ってある上海蟹のポスターに涎をたらしながらも、
あんま無名の店だと“だいじょうぶかなココ?”と心配になる。


で、そんなオトナが頼りにするのがブランド力。
ヘイチンロウ

多少、割高かもしれないが、安くてマズイと失敗するより100倍イイ。
13:00頃に店に行くと30分待ちとのことだったので、その場で
予約を入れしばし散策。


この間にヴィラ會芳亭で時間をつぶし、
ちょうどいいタイミングで店から電話が入る。

さすがは日本有数の観光地、ランチメニューは
充実していて、予算に合わせてバラエティが豊富。

ボクラは11月末までやっている「上海蟹のコース」をセレクト。
折角、ヨコハマ来たから当然“蟹”でしょ、なノリ。
ちなみにコース構成はこんな感じ。
 聘珍樓焼き物入り前菜の盛り合わせ
白キクラゲ入りアワビのオイスターソース煮
 釜焼き北京ダック
陽澄湖上海蟹の姿蒸し
上海蟹肉入りチャーハン
本日のデザート


前菜は煮こごりと焼豚が良かったナ。
焼豚はローカル風味を残しつつ、日本人の
舌にあわせてよりジューシーに仕上げている、
甘さも程よい感じで。
海老も頭の部分に味噌がトロンと入ってて、
チュルっと吸い出すとたまらなくウマイ。
前菜





ビール

ビールもリーデルで飲んでいいのね、なんか嬉しい♪




鮑
白キクラゲとアワビ
50回噛んでも味が染み出すアワビ、対照的にコリコリとした
歯ごたえで、サッと味がひいていくキクラゲ。
どちらの歯ごたえも楽しめてイイ。




ペキンダッグ

ペキンダックは皮と肉で結構なボリューム感、ライスペーパーも
もっちりと厚め。パリパリの皮を巻いて、何枚も食べるという
スタイルでなく、ヒト巻きでしっかりとお腹にくるタイプ。



さて、並びましたよ、とうとう。
蟹準備

解体準備できました。



じゃ、じゃーん!頭の殻をパカっと取り外しました♪
卵がモッサリと詰まった雌、なんかの怪獣みたいだ、コレ。
蟹パカ

陽澄湖の上海蟹、来年は秋に上海行きたいな。
そういやマルが上海に蟹食いに行ったって言ってたっけ。
あ、まりえの友達も上海駐在じゃん!決まりだ、コレ。



蟹炒飯

コースのごはんはこれにて終了。欲を言えばコースに
モウ一品くらいあると嬉しいかな。追加で酢豚を頼むには
重すぎるし、でも食べたいみたいな。
腹8分目とはまさにこのこと。



茶器

茶器も美しい♪
デジ一最高だよ、シゲタ、LEGO。
早くこっちの世界においで。



デザート

固めの寒天は、ソースやフルーツとも相性がいい。
シンガや香港でもマンゴプリンばっか食べてたので、
上質な寒天は初体験。へー、おいしいじゃん。

これにグァバのシャーベットがつく。



栗

今年になってシンガポール(ちょいと香港)で、本場中華の体験をして
知ったのは、中華って重たくないじゃんってこと。町場の中華料理店が
デフォルトのボクは、ついつい油でギトギトなイメージに引っ張られ
がちだけど、実際食べて油っぽさにやられた記憶ってのが無い。
(オーダーしすぎて死にそうになったことはあるけど)


オトナになった今、中華街がそばにあったらすごく嬉しい。
ちょくちょく行って、ちょくちょくつまんで、新しい味を開拓
できんのにな。


アオキ日にみたヨコハマとは、違う切り口で
オトナのヨコハマを楽しみたい今日この頃。
LEGOくん、そんなコラボはいかがだい?


まりえ



横浜聘珍樓本店
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町149
TEL.045-681-3001




ヴィラ

こちらも期間限定なヴィラ會芳亭、カッシーナの家具と中華なインテリアが
融合したコンセプトホテルとでも言うのだろうか。宿泊料は¥2000、既に
予約は締め切られているようだが、当日キャンセルとか出ないのかなぁ...
http://www.kaihoutei.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
上海蟹
上海蟹雄(200g)4尾[陽澄湖]上海蟹の季節は10月から12月ぐらいの短期間ですが、中でも11月を過ぎると雄が旨くなってきます今日は結婚記念日(ではないのですが結婚記念日に近い日)にちなんで、夫婦で、中華街の四五六菜館まで上海蟹を食べに行ってきました実は、上海蟹を食... ...続きを見る
読むと役立つ日記
2005/11/04 18:40
上海蟹(珠江飯店)
上海蟹の季節がまた来ました!    嬉しい限りです!  いつもの横浜中華街の珠江飯店でパンフがあったので  いただきました!  10月頃からの予定だそうです!  内容はほとんど変わっていないようです!  上海蟹の単品が2600円に変更になっていました! ... ...続きを見る
オーゴンカープ
2006/10/01 20:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
聘珍樓 (中華街) 上海蟹の季節 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる