Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ミラヴィル (駒場東大前) さすが噂の人気店

<<   作成日時 : 2005/11/25 12:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

ミラヴィルタイトル

フレンチ好きの間では、料理に関する評価は結構高いミラヴィル。
ただサービスが...とか、オペレーションが遅い...と、デートや
ビジネス向きでは無いコメントも散見された。

ま、ボクらはランチでワイワイなので、時間も気にしてないし
料理が遅くて腹が減るのは最高の調味料と、都合よく
解釈して向かうことに。


<事前にチェックした記事>
All About Japan フレンチの嶋さん
「A LA CARTE」
伊藤さんさとなおさんブログ
「えりかの食べ歩き」



ミラヴィル外

池尻大橋からも駒場東大前からも遠く、住所の割りに
陸の孤島みたいなエリアっていうのはあるけれど、
そんな苦難を乗り越えてでも行ってみる価値は
ありなんじゃないかと。
(この日のメンバーの住んでるエリアから遠いだけかも)

何気に渋谷からはタクっても1メーターなので、
メンドーなことがヤなヒトには、これが一番お勧め。



ミラヴィルハピバス

ちなみに先日はB.D PARTYで利用したんだけど、
速攻で次のジビエDinner予約入れちゃったくらい
気に入りましたよ、ボク的には。

 ※しかもこのスペシャルメニュー、肉料理の予定だった
  雷鳥の入荷がないために、ベカスが追加料金無しで
  いただけるらしい。


料理の味はもちろん、気にしていたサービスも
過不足なかったし、店の雰囲気も艶がある。
そして何よりトータルとして感じたCPの高さが
一番のヒット要因。

バランスいいですねー、ほんと。
人気のワケをちょっと垣間見ることができました。
料理を出すのが遅いと聞いていたけど、相変わらずの
メンバーでしゃべりに夢中だったので、そこは特に
気にならなかったかなぁ。

ミラヴィル入店


とにかく楽しくて、ボクは満足。


お店のHPは見たものの、渋谷から南エリアの
246の西側って弱いんだよね。地図見ても
場所がよくわかんないので、渋谷からはタクり。

「松見坂下」バス亭のほぼ向かいぐらいに、
かわいい白い壁を発見し、すぐにミラヴィルの
文字を見つけることができた。

予約からちょい遅れでの入店になったが、
既にユッキー夫妻がスタンバイ。
最近、一番オンタイムだなぁ。見習わねば。


お店のキャパは20席くらい。今回はB.D PARTYで
10人と多目だったので、入り口近辺の席は占領してしまった。

壁にかざってある絵はシェフご自身が
描かれたというもの。
絵心は全く無いので、絵自体コメントは避けるが
お店の雰囲気とマッチしているし、シェフの
こだわり感が届いてくるのが嬉しい。


席について落ち着いたところで、
ふと嫌な予感がよぎり、ヨシタカに入電。
最近の激務のせいでやっぱスケジュールが飛んでいた。
ヤツはガッツリ爆睡だ、叩き起こしてダッシュで召集。
アレ、しかも単品参加だったんだっけ??
うーん、その話はオレも抜けていた。

最近、案件が多すぎてマネージメント
甘いいなぁ...ちと反省。
急遽、スタッフの方に人数減の
旨を伝える。ホント、ゴメンナサイ。


改めて今日の主賓はシゲタとトモちゃん。
シゲタ家、ユッキー家、イツキマン家、ウチとヨシタカ、
計9人でのお祝いだ。


まずはシャンパーニュ。お勧めの Gatinois で乾杯。
思ったよりドライで、勢いがある感じ。
大勢でのランチにハマる感じ。


アミューズは、さんまの燻製とじゃがいもに
オレンジを混ぜたサフランソースを添えたもの。
ミラヴィルアミューズ


色合いから勝手に卵黄をイメージして食べちゃったので、
最初は口の中でイメージがフォーカスできず、
言われてやっと、サフランとオレンジの組み合わせに納得。
さんまの旨みだけを引き立たせて、後味は爽やかに
締められる。


熱々のパンはやわらかくてウマ。
ライ麦、ひよこ豆と1種類づつ。
結構小さくすぐになくなるので、
頻繁におかわりを持ってきてくれる。
ミラヴィルパン




前菜は鴨とフォアグラのテリーヌ、季節の栗がアクセント。
ミラヴィルパテ

ボリュームはたっぷり。
容赦無い量で好感度◎。



ミラヴィルパテ接写

パンを食べると、テリーヌが欲しくなり、
テリーヌを食べてるうちにパンがまた欲しくなる、
前菜から暴走はやめるんだ、オレ。
朝ごはん抜きの休日14:00、食欲暴走中。


このあたりからあっさりとしたロワールの白をあわせる。
Petit Bourgeois (\3900) 
ミラヴィル白ワイン

リーズナブルだが、ランチの軽い感じにピッタリ♪



魚料理は、「穴子」か「あごう鯛」から。
ボクは「穴子」をセレクト。穴子の焼きに
しょうが系のピリッとしたソースがあわせてあって、
グレープフルーツという異色なアイテムが、
あまり経験をしたことのないバランス感を
うまく保っている。
ミラヴィル穴子




「あごう鯛」は身がプリプリしてて、野菜との
連携もいい感じそうな気がした。
ほんの一口なので、その程度しか
わからなかったけど、魚と野菜の使い方が
上手だなぁという印象。最近こういうのツボ。
ミラヴィルあこう鯛

といいながら、いつも肉ばっか選んでいるのだが..



赤は口当たりの軽いフレッシュなブルゴーニュを
お願いして。
シモン・ビーンズのSavigny les Beaune Aux Grands liards
ミラヴィル赤ワイン



肉料理は羊と豚から。
羊はサフラン風味のブルーテのかかったローストと、
枝豆とレバーペーストの入ったラヴィオリが添えてある。
ミラヴィルラム寄り




豚の方は...こんな感じ。
何がどうなってるのか完全に聞いてなかった。
いつものごとく、酔っぱらってるから、この辺の
記憶はクリアでない。
ミラヴィル豚




デザートは小麦粉を使っていないという
有名なガトーショコラ。
誕生日ということで、チョコでデコレーション。
絵的にもカワイイヤツに仕上がっている。
ミラヴィルデセール



¥3900のコースなのにプティフールも
ついてるんだ、うれしいなぁ。
ミラヴィルプティフール



みんなが揃うのに時間がかかり、スタートした時間が
遅かったってのもあるけど、店を出たら西日になっていた。
あんま覚えてないけど16:00近かったかな。

昼間なのでワインは控えめにしてるのが大きな要因だが、
(ヲイラはヨユーでMAXですが)ひとりあたりわずか、
¥6000ちょいって支払いは驚愕だったね。


今年やった同様の主旨の会と比べ、
費用対満足度は格段に高かったなぁ。

今度はここでジビエ食べて、
アップしまーす。

ミラヴィル外文字



 ※ここのスタッフは激務なのかな?
   ホールスタッフの入替わりが早いみたいだけど。
   次回は4人で行くので、もうちょいその辺が見れるかも。



ミラヴィル(Miravile)
東京都目黒区駒場1-16-9 片桐ビル1F
03(5738)0418
11:30〜15:00/18:00〜23:00/水休
http://www.miravile.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
百貨店で人気の柔らかな身に、風味広がる活〆の蒸し穴子
穴子を活き〆、蒸し上げられた穴子が4尾(約100g)になります。 伝統の匠の技により蒸し上げられた穴子はとろけるような舌触り、まろやかな味わいに仕上がっています。 大きい穴子をそのまま1枚にぎりにしてしまう!なんて贅沢ですよねぇ。 もちろん手巻き、お茶漬けにし ...続きを見る
Sunday Shopping Blog
2005/11/27 11:51
ミラヴィル(駒場東大前)
学生時代は家庭教師のアルバイトをよくやっていた。時給は高いし効率もいいし、おやつもでるし(笑)就職後、かつての教え子をTVで発見した時は驚いたが、今では慣れた。その子の実家に近いフレンチレストランが今日のお店。馴染みの場所だし、前の家からも近いし、何度か行こうと考えたこともあるのだが、サービスについての気になる記事がネット上で散見されていたので、躊躇していた。 が、例によってそれを後押ししてくれたのがkyah朕さんのエントリー(私が周囲の人にURLを転送しまくったので、耳馴染みの方も多いと思うの... ...続きを見る
東京なんちゃってグルメブログ
2005/12/29 09:45
ミラヴィル(駒場東大前)
学生時代は家庭教師のアルバイトをよくやっていた。時給は高いし効率もいいし、おやつもでるし(笑)就職後、かつての教え子をTVで発見した時は驚いたが、今では慣れた。その子の実家に近いフレンチレストランが今日のお店。馴染みの場所だし、前の家からも近いし、何度か行こうと考えたこともあるのだが、サービスについての気になる記事がネット上で散見されていたので、躊躇していた。 が、例によってそれを後押ししてくれたのがkyah朕さんのエントリー(私が周囲の人にURLを転送しまくったので、耳馴染みの方も多いと思うの... ...続きを見る
東京なんちゃってグルメブログ
2005/12/29 09:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
前の家から近かったので、いこういこうと
思いつつ引っ越してしまいました。
お値段もリーズナブルそうだし、おいしそう!
行っておけばよかった。。。
Gina
2005/11/25 12:29
そーそー、家のそばの店って
いつでも行ける感があって、
意外と疎遠になりがちなんですよね。

後から、あのとき...みたいな。


今からでも、遅くないですよー、
是非行ってみてください♪
kyah朕
2005/11/26 02:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミラヴィル (駒場東大前) さすが噂の人気店 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる