Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ダルマット (西麻布) 漢(ヲトコ)系創作イタリアン 

<<   作成日時 : 2005/11/03 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ダルパスタ見え


ひさしぶりのダルマット。
大人数ってのもあるけど、2W前に予約を入れたら
23:00からであればOKとのこと。相変わらず繁盛してるのね。

料理が¥4500くらいで、ワインが呑み放題で¥1500、
デザート、コーヒーつけてもトータルが¥7000という
恐るべきイタリアン。(ワインリストは結構高めなので
たいていのヒトはこの呑み放題をセレクト)

ベットラなどで修行したという平井シェフなので
正統派イタリアンを想定していくと、だいぶ
和テイストに感じて、イタリア色がもう少し!と
ズレを感じるかもしれないが、この価格で
凄まじいボリュームが出て、そんでもって
このウマさってのはエライことですよ!

呑んだクレの友人や、食いしん坊の相方と
ウマイもの囲みながらワイワイやるには
うってつけの店。しつこいけど¥7000ですよ、お兄さん!
ダイニングバーでまずい飯を食わされる合コンと
だいたい同じくらいの予算ですよ。
合コンとウマイものな集いはそもそもの意味合いが違うから、、
単純に満足度の比較はできないんだけどさ 笑

ま、しっぽりデートって使い方ではございませんな。
だって23:00過ぎでも20:00くらいの感覚だし、
エロを探求する貴男には向かないかもね。
つーか店内女性同士が多いし。

頑張れ、世の野郎ドモ。
イケてる女子においしいトコもってかれ過ぎ。

**********

この日はヨシタカップルが欠場となり、前回と同じ6人で集合。
飢えた子供のように腹を減らした仲間達は、オンタイムで
店に集まっていた。遅れてごめんよー。

今回は、デジ一購入後初の、室内夜撮影とあって、
セッティングにも気合が入る。

とりあえづテストにとイツキマンを撮影、お、いい感じ。
次いでユッキー....ブレブレじゃん!
室内でフラッシュ無し、被写体が動くものだと
こんなに撮影って難しいものなのね 泣
ダルイツキ




まずは呑み放題の白ワイン(¥1500)をオーダーして、
前回のコースをおさらい。だぶらないようにお願いしつつ
コース設定をしてもらう。


酔っ払って何食ったか覚えてねーよ的友人のために
作成したレポ。料理の説明が丁寧なので、今回は
結構詳細まで書いてみた。
(普段は2日と覚えてられない、覚えてるのは味のみ)



・アミューズ
  19:00に届いたばかりの富山の白海老。
  塩だけでサッと食べる。海老の旨みがたんまり。
  あー、コレ酒が進みますな。
ダル海老





・魚な前菜
  3種の和風カルパッチョみたいなヤツ
  
  鱈を昆布締めにして大和芋と一緒に。

  かぶ、オレンジとサーモンの組み合わせ。
  オリーブオイルで統一感を。

  本マグロ アボガドをはさみこみ
  下にはオクラが敷き詰めてある。

  マグロが人気だったが、ボク的には
  鱈かなぁ。
ダル魚前菜



今回も席は厨房の横。
ライブ感溢れるこの席は好き。
ダル厨房




厨房の横だと、こういった料理の過程を
見ることができてオモシロイ
ダル白子並び




・たらの白子
  バターでソテーしたところを
  レモンでさっぱりと。

  熱々の白子がトローンと溶け出す。
  「ホ、ホァ〜、アフイ。ヒアワヘ〜」
  欲を言えばちょい塩強めかだが、
  そんな時はワインをガブガブ♪
ダル白子





・栗ごはん的リゾット
  甘さは控えめで前後とのバランスも良い
  芯は残しておらず和の栗ごはんテイスト。
ダルリゾ



・パンはローマ、プーリア、サルディニア3種の
 オリーブオイルで食べ来ればできる。
 プーリアのヤツが一番タイプでした。



・次いで自家製ハム
  沖縄黒ブタを1週間塩漬けして、
  80度の低音蒸しで塩抜きしたもの。

  これにモッツアレラやトマト・インゲン
  石川芋のトマトリチャーナがついてくる。
ダルハム





・野菜のお皿
  茎ブロッコリなるものにつるむらさき、
  カイウン(何それ?)、えのきなど。
  ビネガーにバローロを飛ばしたヤツを
  使っていて上品に仕上げてるとのこと。

  野菜 野菜してるけど、箸が進むという
  ボクにとってはめずらしいパターン。
  フツーなんだけど、コレ好きなんすよ、自分。
  野菜の力強さをダイレクトに楽しめるし、
  ほどよい苦味がボクのストライク!
ダル野菜





・パスタは鹿のラグー
  パスタのプリプリ感は相変わらずお見事。
  ラグーの味付けもステキ。
  ここで、「あ、イタリアンだ」と再認識。
ダルボロネーゼ





・安曇野の鶏ロースト
  これで9皿目、スゲー。
  もうお腹いっぱいだよ、ペース配分またも失敗。  
ダルメイン



肉はもとより、皮の部分がモチモチしていて
歯ごたえも楽しい。う...少し前菜を控えておけば。
持ち帰りも出来ないので、1/3くらい残してしまった。
泣く泣く見送る。オイラが不甲斐なくて申し訳ない 泣
ダルメインアップ




  

・ヨーグルトのシャーベット
  オリーブオイルに塩をきかせて。
ダルソルベ

全体的に塩が強いため、食後にはサッパリしたものが欲しくなる。
コレ、なかなか旨いですよ。
濃厚だけど後味はサッパリしていて、オリーブオイルと塩が
アクセントとなっていてサプライズ感もあり。


DAL-MATTO (ダル・マット)
東京都港区西麻布1-10-8 
TEL : 03-3470-9899
http://www.dal-matto.com/



ダルEXP


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Dal-Matto
話題を変えよう。 ...続きを見る
camera con vista (眺め...
2006/07/21 02:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダルマット (西麻布) 漢(ヲトコ)系創作イタリアン  Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる