Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 石心亭 (赤坂)ニューオータニの秋

<<   作成日時 : 2005/12/01 13:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

肉饗宴

そろそろ都内の紅葉もピークを迎えた頃。

みなさんとっておきの鑑賞ポイントをお持ちだと
思いますが、敢えて東京のド真ん中で、
肉を味わいながらなんてのは、いかがでしょう。

 ※紅葉情報 Exciteのは細かくてイイですね
   http://woman.excite.co.jp/season/autumn/list/13/



学生の頃は、紅葉のピークを狙って平日に
箱根行くとかやっていたけど、オトナたるもの
休日は忙しいんです。

しかも気が遠くなるような渋滞リスクってのは
絶対に避けたいもの。


つーわけで、気軽に行けて、ゆっくり紅葉を鑑賞できて、
さらには美味しいお肉も食べられちゃう。

そんなオトナな紅葉狩りができる都合いいとこあるのかよ!?
・・・ってあるんですねー、しかも格安!(←コレが重要)


後ボケすすき

ホテル ニューオータニの1万坪の庭園内にある「石心亭」、
鉄板焼きレディースランチってのが、\3,990であるんです。
しかもインターネット特典で、HPを見たというと \ 3,990 → \ 3,675 と更にオトクでしょ。

ヤローだけで予約が出来るのかは謎だが(出来てもチト恥ずかしい)、レディと一緒だと
ヤローは+¥500くらいで、このオトクなランチをいただくことができるんです。
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/sekishin/2005/au_ladies/index.html


大きな窓になっているため、採光もよくカウンター席から
庭の紅葉が見渡せるし、カウンターはゆるいカーブなので
4人くらいでも会話に支障は感じない。
デザートは向かいの「招月亭」の、テーブル席で
ちょっと違った角度から、またゆっくり庭を楽しめたりと
使い勝手も良さそうでしょ。
石心亭前


11/23では黄色系の葉っぱは、そこそこ色づいていたものの
赤系はもうちょっとといったところでしたかね。

庭園がのぞめるロビーは騒がしいし、風情も無いので、
木立に囲まれた静かな離れで、去り行く秋を惜しんでみませんか。

休日は15:00までランチ出来るってのもスバらしい。
12月の最初の週が狙い目かと。
4人ヒト




石心亭引

ほら、森の中って感じでしょ。
よいねー、この風情。



なんか鉄板焼きってビールな気分。
ヤローどもは、11:30から六ヒルで撮影があったので、
5分前には着席と上出来。
石心亭ビール


ビールを飲みながら、まりえとともちゃん待ち。
リカちゃんは39℃の高熱でダウン...

って、ハッ! 39℃ってオトナ的にあり得ないよ。
一応、熱も下がったというのでやってきたイツキマン。
インフルエンザっておっかねー、ホントお大事に。

メンバーも揃ったところで乾杯、
改めてここからの景色はすばらしい。
石心亭景色




都内で、こんなに奥行きのある森に囲まれた
ロケーションって貴重だわ、マジ。
石心亭望遠




こんな感じで眼の前で調理してくれるんだが、
腹減ってる時は待つのがつらいねー。
石心亭調理姿



・前菜はこんな感じ。
湯葉とごぼうの前菜 トマトとモッツアレラ添え 
 バルサミコベースのソースになっていて、和食材を使いつつ
 あっさりとしたイタリアンテイストを組み入れている。


・魚料理
石心亭穴子

 穴子と秋茄子の焼き浸し 松茸あんで
 旬の穴子と秋茄子のコラボ。穴子はムニエルで、
 ソースは、松茸のあん仕立て。
 穴子はワインに漬けて、臭みを飛ばしている。
 繊細に松茸の風味を楽しむという風流なモノでないが、
 秋っぽい料理かと。



あー、肉がやってきました。
いよいよです。
石心亭肉調理




・肉料理
石心亭肉

 フィレとサーロインのステーキを、塩か大根おろしのソースで。
 全員レア好き、ミディアムすら存在しない狩猟系。
 ボク的には断然フィレの方がウマかったな。
 魚や野菜もいいけど、やっぱり眼の前でやかれて
 官能的なのは肉だね。絵的にも映えるので、肉の
 調理風景がいっぱい写ってた。体は素直に反応するらしい。


・料理は鴨南蕎麦でしめ。


・その後デザートは、向かいの招月亭に移動してマロン・ブリュレを。
 こっちは山小屋のような、どこか懐かしい雰囲気が
 漂っている。眺望も池が見えたりと、石心亭より
 若干いいかも。
 石心亭ブリュレ




 鉄板焼きのようにヒトの動きが無く、すごく静か。
 このゆったり感は贅沢だよ。午後の柔らかめな
 陽射しをうけつつ、のんびりした時間を堪能する。

 オトナだね。


石心亭ヒトボケ

食後感はピッタリ“腹八分目”なレディースランチ、
ダイエッターへも提案です。



シャッタースピード遅めで撮影。
カメラヲタクへの提案です。
石心亭滝


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石心亭 (赤坂)ニューオータニの秋 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる