Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄の味 〜首里そば〜

<<   作成日時 : 2005/12/11 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

首里そば

ラフテー、うみぶどう、てびち、ぐるくん....
沖縄といって色々思い浮かぶ料理(食材)が
あると思うが、やはり多くの方が食べるのは
「沖縄そば」じゃないでしょうか。

前回、沖縄リテラシーゼロ、予備知識“空”で
行ったときも、「ソーキソバっつー、肉がわんさか
のったそばがあんだよ」ってことで、「ワーイ、肉だぁ!」と
麺そっちのけで、肉をむさぼった記憶がある。
しばらくは、コレが「沖縄そば」だと思っていた。

確かに正統っぽい沖縄そばも食べたけど、
イマイチ地味で記憶には薄い。
コーレーグス(唐辛子の泡盛づけ)を入れると、
また違った風味になることで感動したこと
くらいは覚えていたけど、また食べたいと
思うほどのインパクトは無かった。


そんなボクが沖縄そばに興味を持ったきっかけが、
さとなおさんのコラムにある「すばの細道」
http://www.satonao.com/special/okinawa/suba1.html

単純なボクは、いったいどんなそばなんだ?と
興味しんしん。
更に友人からの情報も蓄積されて前戯は万全!



羽田

早朝出発のため、空港に着いたら
お腹が空いてきたが、沖縄そばの魅力と
万全の状態で対面しようと、
キース・マンハッタンの誘惑を振り切って
搭乗ゲートへ進むオレ。ストイックだ!!



   ・・・って、強欲すぎなだけですから


空港でレンタカーを借りて、まっさきにしたことが、
沖縄そばの名店「首里そば」の入力!!

シートの調整や、ミラーの調整なんて
動いてからでもやってやる!でもレンタカーの
カーナビは、止まってないと出来ないんだよ(泣)
11:00オープンで、麺がなくなり次第営業が
終わりというので、とにかくダッシュで首里城方面へ。

空港から「首里そば」までは、10分ちょっと。
国際通りを懐かしい気持ちで抜けて、
首里城方面へ坂を上る。

「あー、前にも通ったかも...」
薄っすらした記憶が蘇ってくる。

ちょっとわき道に入ったところで「首里そば」発見。
店の横には8台ほど駐車ができるスペースが。
平日のせいか、特に行列もなくすっと入れた。

沖縄そばの伝統を継承する名店というくらいなので、
ボロイ雰囲気もしくは厳かな雰囲気かと思いきや
思いのほか中はモダン。
そば店内



おー、12月なのに扇風機が回ってるぜ、さすが沖縄。
外の席とか気持ちよさそう〜。

首里そばとジューシー(沖縄風炊き込みご飯)を
オーダーし、カメラのチューニングを開始する。
ホワイトバランスはどっちかな...「パシャ」。
店内の雰囲気は広角で押さえてと...「パシャ」。
よし料理用にレンズを交換だ...「シャカ」。
うーん、ヲタクも板についてきた!

 つーか、バカだ 笑



5分ほどして、待ち構えていた「沖縄そば」の
頂点がやってきた。

かつての沖縄そばの名店の味を引き継ぐという店。
いわば北斗神拳を伝承したケンシロウのようなものだ。

拳帝ラオウが登場するときのような、どぎついオーラでは無い。
「このオレが地に足を着くとは....やるな」みたいな
上から迫る感じじゃなく、極めてフツーな佇まい。
白い麺に、かもぼこ、三枚肉、しょうが。
単行本的には1巻や2巻で出てくるような、
庶民の香りを感じさせるケンシロウである。


「いただきまーす。」
「あ、おいしいよ、早くだべなよ。」
まりえの声が聞こえてくる。

ソリャ、わかってるよ、オレだって早く食いたいんだよ。
でもカメラで撮るという変な習性がついたオレには、
快心のショットが出ないと箸がもてないんだよ...

少し遅れて、「いっただきまーす」。
そばアップ




期待が膨らんで、妄想スレスレになっているため
口に入れた瞬間は「アレ」って思う。
期待していたようなインパクトは...
って、そりゃそうですよ、そばなんですから!
透明のスープに、白い麺。濃い味ついてたらおかしいだろ。

ここで冷静になって2口目、3口目と麺をすする。
アレ、うまい、止まらない。
次々に、次々に手が出てしまうぅぅ・・
地味だけど、こいつは確実に強い。
ボクが秘孔をつかれた瞬間である。

ブリンブリンとした弾力、
噛んでる感をしっかり楽しめる歯ごたえ、
不揃いな麺たちが、より強烈な印象を
ボクの中に残していく。
ここは透明のスープなんだけど、
妙に麺とマリアージュしてて、
その幸せな記憶が、箸を止めるという
行為を麻痺させてしまう。

あさっりしてるのに、あんなインパクトを
残すなんて...沖縄から帰った今も、
あの麺の感覚は鮮明だ。

首里そばは「中」で¥500、「小」で¥400。
安いなんてもんじゃない。
沖縄そばのスタンダードを作るためにも、
一度は行っておきたいお店。


首里そば
那覇市首里赤田町1-7
コンサートギャラリーしろま1F
098-884-0556


(おまけ)
空港でのショット。
被写体的に空港はアツイ。
今度は、用も無いのに行こうかな。

第二ターミナル。
アップでみると迫力あるんだが..ブログ向きでは無いな。
羽田ターミナル




展望デッキから海をのぞむ。
羽田船




展望デッキなまりえ。
なんか空港って絵になるな。
羽田外




この日は、日本全域で天気が大崩。
雲の下は天気悪そう〜
エアー翼




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
首里そば、私の中ではいまのところ沖縄そば一番店です。週末しか行ったことないですけど、あの狭い駐車場からあふれんばかりになってて店も行列アタリキなんですよ。平日は空いてるってことは、あの行列はやまとんちゅがほとんどを占めてるってことですな。
Gina
URL
2005/12/11 22:38
そう、Ginaさんのとこでも見てたから
エライ警戒していったら、拍子抜け。
やまとんちゅ比率は半分以下だったと
思いますよ。すんげー素朴な高校生
カップルが印象的だった...
って、あいつら学校は??
kyah朕
2005/12/13 19:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
沖縄の味 〜首里そば〜 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる