Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS La Saetta (湯島)2005年最後のクリティカルヒット

<<   作成日時 : 2006/01/08 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ラサ魚縦

2006年イタリアンの最後をかざったのはこのお店。
普段はあまり縁がない湯島の駅から徒歩1分の「ラ サエッタ」。


“うさぎの会”の時 えりかさんに、最近よかった
イタリアンってあります? と聞いたら、即答で
教えてくれたこのお店。

速攻でレポート(http://www1.odn.ne.jp/erika/lasaetta.htm)を
チェックしたら、前菜¥1500以下、パスタも¥1500〜¥2000、
メインも¥2500と、凄く美味しそうなメニューなのに安いじゃない!
行間からも評価の高さがうかがえたので、ココは年内に行かねばと
最終営業日におじゃましました。


ココは、安いだけでなく、
“マジで美味しい”ってとこがポイントね。
あいにくボクは料理の美味しさを的確に表現する
知識もスキルも持ち合わせていないので、
詳しくはえりかさんのレポートを見ていただくのが一番!!!
やー、ほんと満足度高かったなぁ..
心からお薦めです、ココ。
ラサ帆立寄




ちなみにこの日、ボクらがオーダーしたのは下記の内容なんだけど、
パッと見でも、この内容で上の金額帯ってのは安いでしょ?
手が込んでいて、完成度が高いのにこのプライシング。
レストランとしての真摯な姿勢に好感度大です。


前菜
 ・バーニャカウダ
 ・フレッシュフォアグラのソテー洋梨添え バルサミコソース
 ・北海道産 生ほたてときのこのソテー 
  ポルチーニ茸のムースのせ 白トリュフの香り

パスタ
 ・フランス産黒トリュフのハーブ卵を練りこんだタリオリーニ
 ・沖縄産アグー豚バラ肉のアニョロッティ スーゴディカルネソース
 ・イノシシバラ肉の白ワイン煮込みラグーと栗のトレネッテ
ラサアグーアップ




メイン
 ・鮮魚のパイ包み サフランとタイムのクリームソース
 ・仙台牛イチボとゴルゴンゾーラのパートブリック包み焼き
  フランボワーズのバルサミコソース マッシュポテト添え
ラサいちぼ引




ドルチェ
 ・特製ふんわりティラミス
 ・中洞牧場の牛乳を使ったビアンコマンジャーレ 2個
 ・ゴルゴンゾーラチーズのパンナコッタ



ちなみに、この日はまりえとともちゃんと3人で訪問。
食いしん坊バンザイなトモちゃんの旦那ユッキーが
居ないのは、ノロウィルスで撃沈したから。

ユッキーとトモちゃんは、翌日からシンガポールに
家族と旅行ということなので、プリントアウトした
ホーカー情報をトモちゃんに叩き込み、さらに
4日間の食事プランを作りあげ、送り出して参りました。

果たしてユッキーは、「食べたら即出」という超循環系な
カラダで、どこまで過酷な食い倒れ修行が出来たのだろう?

ヤツの報告を聞くのがとても楽しみ。
ラサ看板



La Saetta(ラ サエッタ)
03−3832−1311
台東区上野1−3−5

LUNCH 月〜金 11:30〜14:30
DINNER 日・祝休 18:00〜23:00


****超満足なDinnerの様子はこちら****

ラサテーブル

人妻2人に囲まれた楽しいDinnerのはじまりはじまり...
って1人はボクの妻だし、もう一人はユッキーの奥さんだから!
言葉を妖艶にしてみたものの、普段の食事となんら変わりなし。


ノロウィルスに感染したユッキーの悲惨な状況を聞いて、
ゲラゲラと笑い転げる。幸いにもテーブルは孤立した位置に
あったので、多少大きな声で話しても問題なし。
フロアがいくつか別れているので、結構キャパありそうなんですよね。


この日は時間も無くて、場所と時間を簡単に伝えただけという
ヤローのエスコートがないセッティングだったんだけど、こういうときほど
女性陣ってしっかりするんだよね。
まりえもともちゃんも、2人してきっちりプリントアウトしたクーポン持参。
おかげでスパークリング1杯タダでございます♪ 
普段、あんまクーポンとか使ってないので、淑女たちのしっかりとした
対応にチト感激。ケチなくせに男性陣はシビアさに欠けるんだよな...反省。


頼んだ料理は上で触れたとおり。 
パスタ以外は1皿づつ、適度なタイミングで供される。

・バーニャカウダ
ラサバーニャ
  
ガーリックを使っていないエシャロットのバーニャカウダ。
ヒマラヤのピンクソルトも添えてある。
ガーリックの強さがない分、より野菜自身の甘みを
そのままのかたちで楽しめる。




・フレッシュフォアグラのソテー洋梨添え バルサミコソース
ラサフォアグラ

  洋梨との相性は当然いい。洋梨との組み合わせで
  最大の効果を発揮するようにしているためか、ちと
  フォアグラ自体にジューシー感が欠けていた気がする。
  単純にジューシー至高主義のため、もうちょい
  フレッシュな方が好みだったかも。





・北海道産 生ほたてときのこのソテー 
ラサ帆立
 
ポルチーニ茸のムースのせ 白トリュフの香り
  ほたて美味しい、きのこもいい感じ。
  ポルチーニ茸のソースも、濃厚かつ個性が
  しかっり残っていて、美味しくないワケがない。




そして、完成度の高さ、手の懲り方、素材含めて
CPのあまりの良さに感動したパスタたち。
・沖縄産アグー豚バラ肉の"アニョロッティ″ スーゴディカルネソース
ラサアグー引

  スーゴディカルネは聞き慣れた言葉だとフォンドボー。
  アニョロッティは、あらゆる種類の肉料理の残り物を利用する
  という意味で、イタリア北部のピエモンテ州の詰め物入りパスタの名称。
  このラヴィオリみたいなモチッとした絶妙な歯ごたえのパスタに
  アグー豚のバラ肉が入ってるんだよ、いい香りのフォンドボーだよ。
  食べる前からわかってたけど絶対タイプにきまってるじゃん。

  Viva、アグー豚。
  マンセー、アニョロッティ。

  “必ずまた会いに来るよ〜、ヲイラ一目惚れ♪”




・フランス産黒トリュフのハーブ卵を練りこんだタリオリーニ
ラサ黒トリュフパスタ

  パスタはすべて手作りの生パスタ。
  食感でいうと一番印象的だったのが、このタリオリーニ。
  見た目よりも口に入れたときに、その繊細さに感動。
  フワ/モチ/プリの細麺にソースがいい具合に絡まって、
  黒トリュフの香りが全開に立ち込めてくる。

  “おかわり、ペリファボーレ♪”




・イノシシバラ肉の白ワイン煮込みラグーと栗のトレネッテ
ラサ猪パスタ

  コースメニュー限定のパスタだったけど、お願いして
  アラカルトでいただきました。上2つのパスタの印象が強烈で
  イノシシバラ肉の記憶だけが残り気味。これも充分
  美味しかったと思うんだが...



ラサWINE




パスタで相当満足だったので、次に来るメインが負けないか
心配だったんだけど、全くの杞憂でした。



メイン1品目は、
・鮮魚のパイ包み サフランとタイムのクリームソース
ラサパイ包み

  この日はアンコウを。それなりのボリュームなので
  3人でシェアしても大丈夫。ちゃんと味わえた。
  ソース、パイ記事、白身のバランスも良く
  丁寧な仕事。もうちょい食べたいなぁ..
  次ぎ行ってもきっと頼みそう。



待ってました、肉ですよ〜、肉。
・仙台牛イチボとゴルゴンゾーラのパートブリック包み焼き
 フランボワーズのバルサミコソース マッシュポテト添え
ラサイチボアップ

 チュニジア風春巻きで使われていたパートブリック。
 パリパリした薄手の皮を、ナイフでパラパラ崩し
 歯ごたえが楽しいイチボと一緒にかみ締める。
 ハァ〜、しあわせ。



ドルチェ
・特製ふんわりティラミス
ラサティラミス

  え、アレ、何コレ。
  驚くほどふんわりとしたティラミスにびっくり。
  軽いだけでなく、しっかりコクもあって初めての体験。



・中洞牧場の牛乳を使ったビアンコマンジャーレ 2個
ラサ中洞

  オクサマ方のチョイスはこちら。
  濃厚なのに後味が軽く、何皿でも
  いけちゃう感じ(らしい)。
  次に行ってもコレ選ぶと意気込んでました。



・ゴルゴンゾーラチーズのパンナコッタ
ラサパンナ

  不在のユッキーの分ということで、追加した一品 笑
  うまかったのは覚えているが、この辺チョイ眠で記憶が曖昧...


今月中に再訪確定です。
イヤ、マジ良かった。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃ-ちんさん,まるたから,こんにちは.うまそ-なもんたべてますね.しかもゆしまとは!きこくしたらそっこういきます.が,のまれてるわいんはすぴねったですよね,おたかくありませnんでした?
Gina in Malta
2006/01/09 00:04
おー、今度はマルタかよ!!
年始挨拶がベトナムだったので、そのまま
そこでおとなしくしてるのかと思いきや、
やはりあっちに飛んで行ったんですね 笑

ワインはご指摘の通りスピネッタです。
年末フェアとかいって¥7800でしたよ。
お手ごろ価格で、美味しかったっすよ。
価格以上の満足度はありました。 
kyah朕
2006/01/09 00:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
La Saetta (湯島)2005年最後のクリティカルヒット Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる