Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 仔羊のグリル タプナードソース(家ご飯)

<<   作成日時 : 2006/02/15 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アニェロ断面

これは料理教室の写真かい?

答えは「ノン!」
れっきとしたおウチご飯でございますですよ、ウィ。
先日、料理教室で習った仔羊のグリル タプナードソース。

レシピと記憶をもとに、なんとか再現させた結晶。
やー、自分で焼いた肉がロゼ色って感動もんですな。
自宅でラムって、スペシャル感ありません?

とはいっても肉はマリネして焼くだけ。
苦労したのはラムブロックから切り出すとき。
手に持つほうとは逆っ側に、かなりゴツイ骨が
あったんで、そいつとの格闘は大変だったかな。

ソースはアンチョビ削って、オリーブオイルなんかと
ミキサーで混ぜるだけ、実は相当簡単に出来ました〜



アニェロ

焼いた直後は思ったより小さくなって、
なんだか大丈夫?と心配にもなったんだけど、
味に関しては、全く問題なし!
臭みもないし、ラムの旨みをしっかり凝縮。

ポイントは骨の見せ方、ココあたりに気合を入れて。




アニェロ断面アップ

しつこいけど、マクロパワーで寄ってみた。



食後はサロン・ド・ショコラでお気に入りとなった、
グイド・ゴビーノのチョコレートを。
ショコラ1


*** チョビひげが実にいやらしいコビーノ氏 ***


イタリアはチョコレートの中心地 トリノ。
1800年代中ごろ、入手困難なカカオの代わりに豊富に採れる
ヘーゼルナッツを細かい粉末にし、「ジャンドゥイオッティ」という
チョコレートというを生み出したのね。

そのあたりを意識しつつ。


クレミーニ
ショコラ2

ピエモンテ産の最高級ヘーゼルナッツ「プラリネ」をはさんだチョコレート。
濃厚でクリーミーだが、ヲイラ的にはちと甘過ぎ。



マキシモ
ショコラ3

ヘーゼルナッツのクリーミーさの中にカカオの風味が
際立つシャープな大人の味わいです。 
このバランス間はgood!


チャルディーネ(ブロンズ)
ショコラ4

トリニダード産のカカオ80%。
ほろ苦くカカオの食感もタイプ。
ストレートにこういう苦めが一番好き♪

ボンボンショコラももちろんウマイが、
まだアレが最高とは思えんなぁ...ただいまショコラ学習中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
仔羊のグリル タプナードソース(家ご飯) Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる