Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨンキー (香港) 一晩一本勝負

<<   作成日時 : 2006/03/10 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

がちょうロースト

バリ帰り、本場中華を味わいたく
香港経由を選択した。

シンガポールで本場中華なるものの
魅力に開眼し、更なるいただきを
極めるためには、やっぱ「香港」かねと。
そんなノリでキャセイをセレクト。
ま、エアーのチケット取る段階で
一番安かったってのも重要 笑


で、ここで重要なのがレストラン選び。

香港美食探訪あたりを参考にしつつ、
sinpさん には相談にまでのってもらったりしながら
レストランを絞り込んでいった。

欣圖軒の北京ダックと夜景が、かなり気になったのだが、
香港着が21:30ということもあり、LOが早いということで
リスクを見てあきらめる。

移動時間や、宿泊場所など
色々迷った挙句、ガチョウのローストが
有名なヨンキーに決定。

超高級食材ってより、馴染みある食材で
ウマそうなもんが食べたかったので。


ここでは受賞料理セットなるものがあって、
以下のメニューだと、2人で680香港ドル。
さっくり1人 ¥5000くらい。
テーブル盛


・ガチョウのロースト 古式豚足のスライス
・海老と沢蟹味噌湯葉包み
・あわび松茸まるごとスープ
・ガルーパと中華ハムの蒸し物
・海老わんたん麺
・マンゴープリン

これにオプションで、以下を追加。
・鳩のロースト
・チャーハン(テイクアウト)




海老横

ちなみに料理は日本からメールで予約。
なんと日本語でやり取りできるのだ。
しかも日本人スタッフからのレスは早い。
現地でのメニューとの格闘も好きだけど
これはこれで、なかなか便利。
特に今回みたいな一本勝負では、
なるべくリスクを減らしたいので、
積極活用してはいかが。



ヨンキー外

ヨンキー 日本語サイト
http://www.yungkee.com.hk/whatsnew/whatsnew-j.php



*** 初香港の中華対決はいかに! ***


えー、結論から言います。
何故か冷めすぎでした、料理。
ここに言った何人かの方からは、
「そんなことは無かったよ」との
言葉を聴いたので、きっとたまたま
ハズれてしまったのでしょう。

スープ類は大丈夫だったんだけど、
ロースト、揚げ物、魚料理ともに、
「う〜ん、もっとあったかくしてよ」な
感じで料理が出てきちゃったんだよね〜。


「写真とか撮ってるからじゃねーの?」と
思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
いつもより時間がかかったってことは無いし。
元来猫舌のボクが、ぬるい(つーか完全に冷めてる)って
感じるくらいだから、クーラーで冷えたにしては
ちょっと早すぎる。


確かに今回は1本勝負。
憧れの香港中華と過大な期待を背負わせて
しまったのかもしれないが、もうちょい料理が
温かかったら、予定通り感激できたであろう
味だけに、どうにも悔やまれてならないのだ。

 ※その場で追加したチャーハンは、ちゃんと
   アツアツでした!


えーっと、なんかテンション落ち気味ですが、
あくまで期待値と比べての話。
もともと中華リテラシーの低いボクに
とっては、どれも高いクオリティーというのは
変わらない事実。半年以上前なんだけど
記憶の限りで、ざっくり紹介。




・ピータン
ヨンキーピータン

つきだしのピータンで、まず驚く!
後でピータンも有名なんだと知ったんだが、
このときは予備知識なし。つーわけで、
バリの食事に慣れてたボクらには、のっけから
眼の覚める先制パンチ!!



・ガチョウのロースト 古式豚足のスライス
ヨンキーがちょう寄り

もっと温かければ...と、改めて思うが、
冷えていても、かーーーなり旨かった。
鳥の皮好きにはたまらないジューシーさ。
さすが帰りの飛行機で食べるように
持ち帰るヒトが多いことから、
フライング・グースとかって
言われるだけあるね。




・海老と沢蟹味噌湯葉包み
ヨンキー海老

湯葉はしんなり、冷め気味です。
コレは文字的にかなり期待してたので、
アレ〜という、イメージとのギャップで
あまり覚えていないなぁ...




・あわび松茸まるごとスープ
ヨンキーあわび

そもそもウマイあわびがどんなモンか
デフォルトづくりの段階なボク。
「コレが高級食材の味ね♪」と覚えこむように
噛み続ける、噛み続ける、噛み続ける...
ヨンキーあわび寄




・ガルーパと中華ハムの蒸し物
白身魚とハムの蒸し物です。
さすがに記憶が薄れちゃってます。
こんな感じの料理です。



・海老わんたん麺
ヨンキー麺

やっぱ、麺&スープはストライク。
この辺のレベルからして、絶対
メインはもっと美味いはずなんだが..




・マンゴープリン
ヨンキーまんごプリン

激ウマ、本場マンゴプリンの
レベルの高さに打ちのめされました。
シンガポールでは、そこまですごい
マンゴプリンに逢えなかったので、
初めての体験に驚愕。



これにオプションで、以下を追加。

・鳩のロースト
ヨンキーピジョン

そもそも中華で、ピジョンのローストなんて
はじめてな体験。なのに中途半端な
温かさで、イマイチ感動が乏しく。
フレンチのイメージで食べちゃったから、
余計にダメだったのかなぁ。

なんだけど、ピジョンのローストは
食べきれず持ち帰ったんだが、翌日
飛行機の中で食べたのね。
その時に改めてレベルの高さに感激! 
アレ、冷え切った方がうまいの!?
期待しすぎで、昨晩は目が曇ったか??
未だ謎は解けず、リベンジの機会を待つ。

ちなみに後日、日本で食べたピジョンのローストとは
まるで別物で、更にヨンキーをリスペクト。



・チャーハン(テイクアウト)
本場らしい味わい。テイクアウトで
冷めてるから、正しい評価は
できないものの、本場らしい味わいに
飛行機の中で、感動もひとしお。


ヨンキー看板

とまー、ワンチャンスで挑んだ香港。
中華4千年の歴史を一晩で覗いてみようと
欲張ったのがたたったか。
はたまた勉強不足のコゾーに、
「出直して来い!」というメッセージか。

いずれにせよ、リベンジを心に誓うオレ。
バリ帰りのトランジット使いはかなり
気に入ったので、今度は最低でも
2泊しーよおっと。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヨンキー (香港) 一晩一本勝負 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる