Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ (新富町)上空サプライズ♪

<<   作成日時 : 2006/03/28 12:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8牛タン

寒い日とあったかい日が交互な3月。
でもあと2週間もしないうちに桜が咲くんでしょ。
デジ一ヲタク的にも、待ち遠しいなぁ 笑

さて、今日は春の休日にお薦めなランチを紹介。
このブログでも1Fのカフェ紹介はしたことあるけど、
2Fのレストランは行った事なかったんだよね〜
 ※前のレポ(オサレな外観をご覧アレ)

カフェにフラっと寄るつもりが、結構混んでたので
方針転換。レストランの空き状況を聞いたら、
すんなりOK。
やっぱご近所はこういう使い方したい。


階段を登ると、予想以上の明るさにビックリ。
暖かくなったら開放するという、大きな窓に加え、
天窓からも日光が降り注いで相当気持ちいいんです。
3花




そしてカフェ使いのつもりで行ったので、
一番廉価な¥2500のコースをいただいたんだけど、
コレが満足度高いのよ。

ま、とりあえづ中身 見てみて!
オトクかどうかは、ヒトによって
基準が違うんで。

銀座から(頑張れば)徒歩エリア、
なかなかこのコース頑張ってると思うよ〜。

野菜が美味しいので、
胃が重たい...なんて日でも、
ペロっといけちゃうんです。
テーブル



サービスも気持ちよかったし、
夜も行ってみようかな♪

日曜日のランチもやってるし、
ボク的には、かーなり好きなレストランになりそう。


ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ
(La Brise de vallee)
〒104-0041 東京都中央区新富2-4-3
03-3552-2155
ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ



*** ヲイラが満足したオトクランチとは? *** 


2テーブル

日曜のランチ営業率は低めの銀座エリア。
ま、どこも土曜と比べれば、ガクーンと
選択肢はせばまるもので。

自分的にも朝はのんびりムードだし、
気合を入れた食事ってよりは
脱力系で、またーり行きたい感じ。

そんな時に重宝するのが、(比較的)近所のフレンチ。
しかもカフェが併設だったら、尚更いいでしょ。
そん時の気分でチョイスできるわけだし。

で、そんなワガママに応えてくれるのが、
「ラ・ブリーズ・ド・ヴァレ」。
絵的にもキマってるし、場所はちょいハズレなので
喧騒も無く、実は相当好きなんです、ココのカフェ。

「え、カフェ!?」



...そう、実はまだレストランは使ったことが
なかったんだよね。

というのも魅力を感じなかったというわけでなく、
京都のヒトが、意外とお寺を見てなかったり
するのに似てて、いつでも行けると思うと、
わざわざ予約しないもんなんです。

つーわけで、この日もふらりと寄ったカフェ仕様。
でも、あまりに1Fが混んでたので、スタッフの方に
「予約してないですけど、レストラン空いてます?」
と聞いてみる。

この日はすんなりOKをいただいて、晴れて
レストランに踏み入れることとなったのだ。
(前回、フラっと寄った時はいっぱいでした)


ランチのコースは3種類。
メインが魚・肉から選べる¥2500のコースと、
あとはプリフィックススタイルで、
¥3800、¥4800(すべて税抜き)くらいの
価格帯でコースが用意されていた。
 *記憶なので、違ってたらゴメン!


ガン食いが続き胃が重く、
とにかく野菜が食べたかったので、
春野菜の盛り合わせな前菜が
ついてる¥2500のコースで。
メインはまりえが魚でオレが肉。
かなりありがちなパターンですな。


アルコールは軽めに
グラスのシャンパーニュのみ。
それ以上飲むと眠くなるし。
1シャンパーニュ




アミューズはパンプキンのムース。
最廉価のコースでもアミューズに
手は抜いてません。ちょっと、いい予感♪
4アミューズ




パンで印象的だったのが、岩海苔パン。
塩に合わせると、何故か懐かしい感じ。
5パン



前菜は、まさに胃が欲していた
通りの野菜の盛り合わせで、
素材の味がしっかり立って
素直にウマイ!
6前菜


特にかぶなどの根菜系がヒットで、
噛むと甘みがギュッ口いっぱいに
広がるのだ。


ドレッシングもほどよく
とにかくこの日の気分にぴったり。
やー、こういうの食べたかったんです♪



¥2500ってこともあって、メインはたいして
期待してなかったのに、え、コレって夜の
メニューと同じものじゃないですか!!?

まりえが頼んだ方の魚料理
「北海道産の真鱈とマデラとじゃが芋の
 パルマンティエ マディラ風味とにんにくのソースで」
7魚

これまた魚の下にひかれたほろネギとほうれんそうに加え、
外壁に塗られたマッシュポテトの甘さが魚の個性を立たせてます。
期待以上のクオリティに満足気なまりえ。






肉は「牛タンの赤ワインソース」。
牛タンアップ

牛タンと赤ワインの組み合わせって、
煮込みの方がスタンダードだと思うんだが、
コレはコリコリした牛タンに、赤ワインベースの
ソースがかかっているのね。
火加減がGoodで、肉の歯ごたえが
気持ちよく、これまた想像以上♪

へー、¥2500でこんな満足できるんだ〜と
思っていたら、デセールも手抜きで無い!!

「ヌガーグラッセと若菜色のキウイの取り合わせ
 ヌガーティーヌを添えて」
9でセール


かなり立派に見えるんだが..


うーん、やっぱここのCP良く無いッスか?
シャンパーニュ1杯づつってのもあるけど、
トータル2人で¥9000以下。

どうもココはつぼらしく、リピートは確実。
今の仕事が落ち着いたら、自分ご褒美で
ディナーに決定!







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ (新富町)上空サプライズ♪ Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる