Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS バリ ヴァカンスレポ レストラン編  マデス・ワルン2

<<   作成日時 : 2006/03/05 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

bariフー1

バリでのDinner、対象的な
2つのレストランを紹介。

1つ目はスミニャックにある
マデス・ワルン2

ジェンガラショップやオサレバティックなど、
クオリティの高い製品が並ぶショップに囲まれた、
オープンエアーのレストランカフェ。
バリニーズから安くてウマイと
評価が高い。白人率も異常に高いねぇ。

HOTELの食事に慣れちゃってたので、
この安さは感激!嗚呼、バリに来たよ〜って感じ。
イツキマンは、コロナが安い!と大喜び。
bariレストラン




実際カフェ飯としてのレベルの高さは
すばらしい。ぶっちゃけ、ヘタなHOTEL
なんかより、よっぽどウマイし。
会計は好きなだけ食って飲んで¥2000程度。


もうひとつ印象的だったのが
CREA TRAVELLERなんかでも
洒落たナイトスポットとして紹介
されていたHu'u

ドライバーの兄さんも
「Coolだよ」的なことを
言ってたのでワクワクしながら
向かったのだ!


*** バリ最後の夜でございます ***


The LEGANのあたり、いくつか
大型レストランが集まっている場所。
確かに撮り方によってはカメラ映えするが、
実際は「なんだかなぁ」っていう薄っぺらい造り。
20代のコゾーであれば、日本人ナンパして
来るのはアリかと思うが、目の肥えたヴァカンツァーは
写真と紹介文とのギャップ怒りだすのでは。

えー、余りにヒドイ書き方に何かあったの?と
思われるかもしれませんが、特にヒドイ対応は
受けてません。ホントにイマサンなのよ。
bariフー2




しかもスタッフのワキガと安いワインの香りが
シンクロしちゃったのよね〜。熱帯の夜に
ぬるくて臭い(と刷り込まれた)ワインを
飲まされるのは、かなり拷問。

気分が悪くなって、即帰り。
やー、しくじりました。

バリ最後の夜に、こんな不運な事態に
でくわすとは。

帰りがけに香港で1泊あるので、
そこでのリベンジを誓って就寝。

部屋前プールの生活は、これで
終わりです。書いてたらなんか
寂しくなっちった。もうとっくに
日本帰ってるっつーのに。 笑



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バリ ヴァカンスレポ レストラン編  マデス・ワルン2 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる