Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 琉球の味 首里そば 王者君臨 

<<   作成日時 : 2006/06/14 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

首里そば

前回の沖縄でも、その圧倒的なインパクトに、
ただただ箸をすすめた首里そば。

今回も4,5回沖縄すばを食べることに
なってるので、ベンチマークの基本は、
やはりココかなと、初心に立ち返るべく
寄ってみる。


GW直前だが、駐車場はやはり満車、スゴ。

前日に食べた安珍のすばは、
それはそれでクラシックな落着きがあり、
とても満足のいくすばだったんだけど、
トータルで言うとやはり首里そばは凄い。
首里そばアップ




透明なスープは、一見地味なんだけど力強く、
鰹ととんこつの旨みが妙にバランスよい。
そんでもって、そこに麺が絡むと更に箸がとまらない。
この美味しいスパイラルは、なんなのか!?
食後に「また食べたい」と思う指数も、
やはりここが頭ひとつ抜きん出てる。

たた前回と違って、今回は結構麺が揃っていた。
バラバラさの不協和音が、また荒っぽい
魅力となって、余計に印象に残る一皿と
なってたから、ボク的にはちょいと残念。





泊港市場まぐろ

そうそう首里そばに行く前に寄ったんだけど。
泊港にある公設市場。国際通りの牧志公設市場は
観光客用と聞き、ならばローカル系市場に寄って
みるべしと、行ってみた。


比較的最近出来たらしいのだが、まだ観光客は
あまり居ない様子。牧志よりも広いスペースの中
ゆるい感じで魚が並んでる。

牧志のように肉は無かったかな。
あくまで漁協がやってるやつだし。


毎朝シェフの潤が作ってくれる朝飯の材料にと、
まんぼうとかアーサーとか買ってみた。
泊港市場中




首里そばの後は、戦争の爪跡を見に行く事に。


*** 雨なので平和を考えた ***

結構マジに、戦争を考えた。
南国に降る雨を浴びながら。




--------------------

この日は雨だったので、今回必ず行こうと
決めていたひめゆりの塔と、平和記念公園を
まわる事に。

寄り道をしなければ、意外と近い。
1H以内で着けるんだね。


まずは“ひめゆりの塔”。
ご存知の方が多いと思うが、
看護師として、前線の病院で
働くこととなった女学校の生徒。
最後は敵のど真ん中で放り出され
多くの生徒がその若い命を
落としてしまったという
戦争の悲劇として語られる実話。


普段、平和な日光の下で
泡のグラスを傾けることに
情熱を注いでいる平和ボケとしては、
彼女達が書いた日記の内容に、
猛烈な衝撃を受けました。


まずこの子達、当時中高生ですよ。
勝手にもっと大人な女性をイメージしてたけど、
まだ子供じゃないですか。

その子達が毎食、食事を取りに行くのも
砲撃の中命がけ。ロクに手当てもうけられない
傷ついた兵士の看護ってリアルに想像したら、
よく正気でいられたなって、まずそっからビックリしたよ。

すさまじい悪臭に満ちた、ジメジメとした
地底のトンネル。止まらないうめき声と
対照的に、傷口からは肥え太ったうじ虫。
自分がそこに居ること想像したら、
座り込んで動けないオレがいた...
平和記念公園





ねー、戦争ってさ、こういう前線にいる人が
やりたいと思ってやってるんじゃないんだよね!?

こんなアホな惨劇を産み出したのは、
政治家や軍の上層部といった一握りの
人の判断なわけでしょ?
時勢がってのもあるけど、
結局判断したのは人なワケだし。

そうさせちゃった、国民にももちろん
責任の一翼はあるわけなんだが、
コレって2度と無いこととは
言い切れないことじゃない。


なんか他人事みたく「戦争はよくないよね」とか、
テレビのニュースで戦場が映されても、ゲームの
延長くらいにしか感じないとか、実際のとこ
多くの人がそんな感じでしょ。


それを嘆くような偽善者ぶるつもりは更々無い。
だって、ボクもそのひとりなワケだし。

ただこれから日本がとる道が、
2度とこういった方向にならないように、
リアルな戦争のイメージを自分の中に
作っていくという事って、なにげに
結構重要なんじゃないかと思う。

反対する意志って、明確なイメージがなきゃ
産まれないワケだからさ。


いろんな展示とかあるけど、ボクにとっての
ひめゆりの塔とか、平和記念公園は
個人の体験が一番印象的なものとなりました。


やっていい戦争って絶対に無い。
でも、性善説だけで国は守れない。

これから憲法9条の見直しってことが、
きっと現実になってくるわけだし、
そこで自分の判断が出来るよう、
準備だけはしておきたい。


平和って重いね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
琉球の味 首里そば 王者君臨  Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる