Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 琉球の色 石垣島3日目 グラスボート侮るべからず

<<   作成日時 : 2006/09/19 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

img src="http://image.blog.livedoor.jp/kyah2004/imgs/5/1/5147fd14.jpg" width="450" height="677" border="0" alt="海縦" hspace="5" class="pict" align="left" />

いよいよ石垣島も最終日。
結局、快晴にはめぐまれなかった石垣島だけど、
小粒ながらもディープな自然と、素朴ながらも
うまい島の美味に会えて、予想以上の満足度な
当家の2人。

石垣島最終日の3日目は、朝から川平湾へ。
3度目の川平湾で何するかっていうと、アレですよ。
グラスボート





最初は1000円の価値もねーんじゃないの?と
思ってたんだけど、曇りがちで海に入るには
寒く、石垣の海中を見る機会がなかったので、
なんちゃて海中散策だけでもしてみようと、
早起きしてコチラに向かったのだ。

ボートは何台かあるんだけど、こちらに
選択権は無く。恐れていた一番ボロい
ヤツに「ど〜ぞ〜」と案内される。

ボートの中はこんな感じ。
真ん中にガラスが張ってあって、
海中が覗けるというシンプルな仕組み。
グラスボート乗込み




水中めがねと一緒で、こちらのガラスも距離感が狂う。
見た感覚では海底スレスレかと思ってたのに、
3mくらいの深さあるよって教えてもらったり。
グラス




*** いよいよ出航、ガラス割れたらどうなんの? ***

やっちゃいけないと思うと、
やりたい衝動にかられるコドモです、ハイ

今晩は、hirorentina家で夜茶。
軽く寄るつもりが、ネットでフィレンツェの
ホテル見ながら、色々相談してたらあっというまに23:00。
週頭から遅くまですんません!! あー、愉しかった。
秋のトスカーナは魅力的!! →blogランキング


------------------------------


いやね、このグラスボート。
一見地味だけどマジ楽しいです。
スキューバだとじっくりソバで見れるって
アドバンテージがあるけれど、色んな
珊瑚や魚をリアルタイムの解説付きで
見れるって、これ中々ない体験。
珊瑚礁





子供に人気はやはりクマノミ、ニモ人気おそるべし。
おそるべしピクサーズ、おそるべしスティーブ・ジョブス。
ニモ




でね、グラスボートの魅力は海中だけでなく。
地上からは見れない絶景の川平湾を眺める
ことができちゃうんです。

すさまじく美しいブルーの海面に、ホワイト
サンズのコントラスト。そこに椰子の木でなく
松が映えるのがなんとも日本らしい
海





お昼まではまだ時間があったので、
八重山資料館へ。民家の渋い絵を撮りに行く。
なんともマニアックな蛮行だが、身分による
家の違いとか、かなりリアルに見れてオモロイ
民家






暑い日差しを避けながら、軒先で飲む
さとうきびジュースはまた格別。
自然な甘さがなんともいえずおいしい。
前にシンガポールで飲んだときは、
氷も無く甘すぎて幻滅だったんだけど、
全く別物でこれまたサプライズ。
つーか、ベツモノ??
さとうきびジュース





ランチは、昔ながらの沖縄・八重山の民家を
そのまま広大な敷地に持ち込んだ、なんつーの
食事アミューズメント施設みたいな「舟倉の里」へ。
http://www.funakuranosato.com/index.htm


郷土料理のコースがあって、色とりどりの花々が
咲く庭を眺めながらゆったりとランチができる。
ある意味、イメージする石垣島を人工的に
作り出しているので、当然ながら割高。

単品もあるが一番安いコースで2300円。
もずく、みみがー、く〜ぶいりち〜、らふてー、
地豆豆腐、こーじゅーしー、汁物、ちきむん。
舟蔵の里





値段の割りにというか、そのままというか
味は至って素朴。高くて変な手抜きされたら
腹立たしくて仕方ない。そういう意味では
期待通り。良くも悪くも無く。

折角なので、おすすめの“イカ墨こーじゅーしー”
を追加でオーダー。えー、その名の通り
イカ墨のじゅーしーの味でやんの。

じゅーしーなので、リゾットみたく米に芯が
残っていたりしない。思った以上にほっとする味。
舟蔵の里イカ墨




やー、楽しかった石垣。

今年は周りの友人がこぞって沖縄行ってたので、
更に情報も集まったし、次回の訪問ではもっと
楽しく過ごせそう。



今日は9.11、悲劇の象徴的な扱いだけど、
たとえばイラクに空爆を開始した日はいつ? って
聞かれてもボクらは答えられないし、アメリカ人に
広島に原爆を落としたのはいつと聞いても、
フツーのひとは知らないと思う。

決して9.11を軽く見ているわけではないが、
世界中には悲劇の日はたくさんあるわけで。
ここまで注目度が高いと、アメリカの
メディアのパワーを思い知らされる。

平和な今日に → blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
琉球の色 石垣島3日目 グラスボート侮るべからず Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる