Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS リストランテ ダ ニーノ (乃木坂)シシリアの風 -前編-

<<   作成日時 : 2006/10/23 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニーノえびちゃん

東京にこんだけ色んなイタリアンがあると、
自分の好きなレストランってドコかねーとか
悩むでしょ、ね。 → blogランキング


でも、ココは雰囲気、味ともにオンリーワンな
存在なのよ。シシリア料理のリストランテ ダ ニーノ。
世に溢れる東京イタリアンと、そもそものカテゴリーが
違うので、南を感じたい!、こういう料理が食べたい!と
思った時には、他に選択肢があんま無いんだよね。
http://www.ristorante-da-nino.jp/



つーわけで、この日はイタリアに長いこと住んでた
イタリア系関西人のhirorentinaを連れてやってきました。
果たしてヤツの舌を満足させることができるのか!?
家飯もおそろしいレベルのマンマ系イタリアン。
そんなhirorentinaの反応が楽しみなオレ。
前菜引




夜の濃度の高いイタリアな雰囲気も好きだけど、
ランチも爽やかで、これはこれでステキ。



前回も思ったけど、前菜とプリモの印象が強烈で、
今ひとつセコンドの印象は薄いかも。
別にセコンドがダメってワケじゃないんだけど、
シシリアを強く感じるのが、前菜とプリモだったんでね。
オマールイカスミパスタ




ドルチェの頃には、手の空いたニーノさんが
テーブルに遊びに来ておしゃべり。
そういうところがイタリアだよね。
話のついでに、スゲーずうずうしいお願いしちゃったり。
果たしてアレは実現するのか??

ちょっとドキドキ。
ウニパスタ





Ristorante Da Nino
(リストランテ ダ ニーノ)
東京都港区南青山1-15-19 グランドメゾン乃木坂1F MAP
03-3401-9466

エスプレッソ



*** 魅惑のランチは続きにて! ***

ちなみに、hirorentinaの多くのイタリア人の
友人をもって、イタリアより旨いリストランテと
言わしめるこちら。
他にドコ好き?か聞いたら、
エリオロカンダって答えるヒトが多いらしい。
へー、行かなきゃ。

あ、こっちもblogランキング



-----------------------


近所のバルくらいは一緒してたけど、
hirorentina家は、家飯コラボが多かったので、
ちゃんとした外食コラボはなにげに初めて。

つーか、hirorentina家もイタリアンの外食って、
日本に帰ってから、ほとんど無かったそうで。
友人シェフのとことかでは、食べてたみたいだけど
わざわざ外でイタリアン食べるのも...
つー感じだったみたい。


店内はグルメ同好会ちっくな8人くらいの団体と、
(なんとなくよそよそしいので旧来の友達じゃなさそー)
マネー溢れるご夫婦ななど、しっかり満席ですわ。


スプマンテより、ちょい締りのいい
なんチャラとかいうスパークリングで乾杯。
メニューを眺めつつ、唸りだす。
スパークリング





コースは3種類あって、
 ・前菜、パスタの軽いヤツと
 ・前菜、パスタ、魚 or 肉の3500円
 ・新鮮な素材を使った前菜、パスタ、魚、肉の4600円
くらいのやつ、金額は適当。
だいたいこのあたり。

前来た時も前菜にインパクトがあったので、
そんなに食べられないよ〜という女性陣に
揺さぶりをかける。

「じゃ、旦那チームは肉&魚のコースでいいね、
オクサマたちはメイン一品のコースで」と決めかけたら、
やっぱ一緒のコースにする、と。

さすが食いしん坊なオクサマ方ですな。
で、そんなオクサマ方が刮目したのがこちらの自家製パン。
hirorentinaのオクサマは、自らパン作りまくってる日々なので、
余計にこういうところの反応は素早い。
今度遊びに行ったら、新しいレパートリーとして
加わっているのを期待、フフ。
ちなみにちょうど行った日、なんちゃらとかいう
情報番組でデヴィ婦人が絶賛してたそうで。
パン





満席のためか、料理が出てくるには若干時間がかかるかも。
パンがめちゃウマいので、カブリツクのをセーブしながら
なんとか胃のスペースを確保する。
そんなお腹をすかせたボクらの前に並ぶ
フレッシュなアンティパストミスト。
前菜縦SレディS

やー、キテます。
シシリア色をしっかり感じさせてくれながら、
洗練された一皿になっちゃってます。
hirorentinaは、フルーツトマトのリピエーニに
心を鷲掴みにされてました。アンチョビのキキ具合
とか、エロいよね、ウン。

 ちなみに、その様子は
コチラ


まぐろのピスタチオ焼きは、やはりヴォーノ!
期待せずに口に入れたカポナータなんかも、
思わず「アレ?」と唸る感じ。料理自体の
見た目が素朴なんで、ついシンプルなイメージで
食べちゃうんだけど、予想以上に奥行きがあってね。
ボクはイワシにハマって、ちびちび泡とやってました。
前菜まぐろS前菜ケースS






落ち着いてきたところで店内を。
ニーノさんの兄弟(友人だっけ?)が焼いたという
シチリアっぽい焼き物の数々。オリーブオイルを
入れる皿もこんな焼き物になっていたり。
ランチ使いはほんと爽やかだな〜、
夜とは一味違ったアデオズの一面を探りたい貴女、
こんな店はいかがです? きっと、新しい発見ができるはず 笑
オリーブS店内S






こいつはオマール海老とイカ墨のタリアテッレ。
メニューを説明された時からジュルジュルきてたプリモちゃん。
肉と魚のコースの場合は、シェフのスペシャルパスタってのが
通常なんだけど、どうしてもコレも食べたくて、ハーフポーションに
してもらいつつ、愉しませていただきました、ハイ。
オマールイカスミパスタ


やー、こやつもウメーなー。
パスタのプチンプチンいう もっちり加減とか大好きですわ。
グリーンも豪快にのっているので、濃厚な味わいを
楽しみつつも、食後感は思いのほか軽め。



ちょっと長くなり過ぎたのと、体調悪化もあり今日はこの辺で。
続きの方も必見ナリ、乞うご期待。
ワイン至極のhiro





そうそう、前回はblogランキング3位のマサ中村さんとやってきたのよねん。
あん時はボクらも霞むくらい、店の雰囲気濃かったです 笑





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
リストランテ ダ ニーノ (乃木坂)シシリアの風 -前編- Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる