Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS バルデゲー (豊洲)抜け感とプライシングはステキチ

<<   作成日時 : 2006/10/26 14:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バルトップ

銀座からバイクで5分くらいなんだけど、
東京のチベットと化していた江東区の湾岸エリア。
殺風景な更地が目立つ不思議な場所なんだけど、
そのうち築地が移転してくるという話があったり、
マンションがポコポコはえてきたりと、やっと人並みに
生活できる基盤が整いつつあるんだよね。


で、その中核が、こないだ出来た“ららぽーと”。
ここは、なにげにオープンエアの店が多いのよ。
店のクオリティ自体は全体を通して何だかな〜、
っつー感じの若年層/ファミリー向けのセレクト。

それ自体は、ここのマーケティングなんでアレコレいう気は
ないんだけど、東京でコレだけ抜けた開放感が味わえる
オープンエアの店が集まってるっていうFACT自体は、
評価すべきポイントかと。なので、日常使いと割り切れば、
かなり楽しむことができちゃいます。

 ※過度な期待は無謀。それと遠くから
   わざわざ来る価値があるかは疑問。



今でも平日ならソコソコ使える感じなんだけど(休日はまだ鬼混み)、
ボクらは正式OPENの前日に、フラッと寄ってきたわけよ。
目指すは目をつけていた一見オサレそうなバル。 
その名もバルデゲー( BAR D G)、レインボーブリッジを
臨む、海側に近いほぼベスポジ。
バル店内





や、この店の横にもシチリア料理を謳ったアンジェロシシリー
ってレストランがあって、オープンエア席も多いんだけど、
『ラパウザ』並みの価格設定なので尻込みしちゃって...ね。
バルテラス




OPEN前日のL.Oすれすれなので、
難なくレインボーブリッジVIEWの
ベストシートを確保。
メニューをめくるとCAVAがボトルで3000円、
4人の夜茶としては、かなりいい燃費じゃない。
cava





タパスも数百円なので、コリャ手軽に
使えますわ、マジ。
タパス




もちろん味は値段相応なので、うるさいことは言わず。
楽しみ方はTPOなので、ここは抜けきった広い空と
東京の摩天楼を遠くに見ながら、のんびり過ごす
って使い方が正解。美味しいスパニッシュの味を
求めるなら、銀座に足を伸ばしましょう。
ドック



バルデゲー(BAR D G)
ららぽーと豊洲1F
03-6910-1280


*** ちょっと散策 ***

使えるポイントとか,ちと紹介 ⇒ blogランキング



-------------------------


たこのトマト煮込みですが何か?
タコ煮




ご近所夫婦散歩的な絵です。
エラくまったりしてますが、
平日です。わざわざ来るんだと
こんなマターリ感は出しづらいですが、
ご近所ならではの脱け具合ですわ。
テラスS下引テラスS引




昨晩、なんかの情報番組で見たけど、
こちらの
HIMIKOってPARTYスペースとして
使えたりもするのね。照明なんかも
色々近未来っぽくアレンジできたり。
松本零士がデザインしたもので、
「銀河鉄道999」のキャラクターたちを
船内放送に起用して、星野鉄郎、
メーテル、車掌さんと一緒に旅して
いるような体験ができるらしい。
ヒミコヒミコ引S





OPEN前だから?
アンカーも付けられず放置されてるベンチ。
上のバルに行かなくても、スーパーで
泡買って、その辺でつまみ買ってくれば
湾岸一等地のオープンエアバールの
出来上がり。いっそ、ウチから持ってこようか?
椅子S橋S





ここの遊具めちゃくちゃ優れものなのよ。
デザインといい、機能といい。
やるなーと思ってたら、どうやら
こういうことらしい、ふーん。
やるね、デンマーク。
遊具



つーわけで、週末らしくこの辺に住んでる人以外、
役に立たない地元への愛シリーズでした。



あ、そうそうコレ同じ駅なんだけど、
運営会社違うんで屋根とかないんです...
横にあんな大規模施設作る前に、やること
あんじゃねーの? って感じ。
使えない駅


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
バルデゲー (豊洲)抜け感とプライシングはステキチ Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる