Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアット スズキ (麻布十番)下心と東京イタリアン

<<   作成日時 : 2006/10/30 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドライトマトと全粒粉のパスタ


「うーん、悪くないんだけど、
 リピりたいと思わせない、
 この後味は何だ?」

先日、とあるアデージョちゃんとも
こんな感じで話してました。

なんか店のエロさが安っぽかったんです...
これは店のせいと言うより、たまたま
居合わせた、客層のせいが大きいと
思うんだけど...


金は唸っててもセンスの悪い使い方を
してる人は、うらやましいと思いません。
貧乏人のひがみって言われりゃ
ソレまでだけど、美しくないのよね。
お金の力が勝っちゃってエゴが
クローズアップされると、バランス
悪いじゃん。

その代わりお金をしっかり稼いでて、
洗練されたヒトには1万倍のリスペクトを
払いますよ、ハイ。

で、どっちかっていうと、前者の香りが
強かったの。それはたまたま?
ゴルゴンゾーラ寄





近くのヴィニタリア(アロマフレスカ)やKIORAのように
オープンな感じではなく、壊れそうなエレベーターを
昇っていくという、隠れ家的なロケーション。

そういうアプローチも好きだし、キャパも小さめ。
店内のインテリアは、そんなにタイプって鼻血もんでは
なかったけど、別にマイナスポイントになるようなもんじゃない。


料理は本場イタリアというよりは、完成度の高い
東京イタリアン。麻布十番っぽいといえば、ぽいね。
全体的に美味しいじゃん!と思っていただきました。
スタッフのリコメンドも的確かつ気持ちいいもの。
会話も楽しかったし。 

なのに何かしっくり来ない。
魚縦




あ、そうそう。
ココってCP良くないの?

この日はビジネス絡みで、ステキなオヤジ様と
一緒だったので、ゴチDINNERだったのよ。
なので価格バランスが見えてないんだけど、
WEBで情報拾うと、思ったより高くつくって
コメントが散見されるよね。


雰囲気に関して、その日はたまたまだよ。
っていう意見があれば教えてください。
客層どうこう言えるほど、自分も立派じゃ
ないけど、レストランってお客さんも大事じゃん。
自分が楽しいと思えるレストランは、
やっぱ客層も含めて好きなんで。
カツレツ縦



ピアット スズキ
●東京都港区麻布十番1-7-7 はせべやビル4F
●TEL:03(5414)2116


-------------------------------

火加減もすばらしく、ズッキーニ、イカともに
泡と愉しくいただいてました。この時点で
あ、ココ美味しいのねとわかる味。
フリット






トリッパがこうやって出てくるとは
思いませんでした。オリーブオイルで
シンプルに味付け。焼き目も香ばしく
こんな食べ方あったのねと。
食感も柔らかく厭味じゃない。
チーズとルコラがアクセントとなって、
食欲が増していく。
トリッパ





ステキオヤジの指定、ゴルゴンゾーラは必ず頼むらしい。
ニョッキじゃフツーだしってことで、敢えてのスパゲッティー。
オヤジのチョイス、イケてます。強いソースを支える
しっかりした麺の張り。黒胡椒のアクセント、いいね。
ゴルゴンゾーラ






全粒粉のパスタはボクのリクエスト、
ドライトマトにちょいヌルっと系の野菜を合わせて。
この組み合わせも確かに美味しい。
手打ちパスタと合わせて我家のバリエーションに
加えてみよーっと。
ドライトマトパスタ





この日もこの辺から記憶が妖しく。
ワインたいして飲んでないのになぁ...
ほんとまりえが一緒で助かってます。
半ば保護者状態、横揺れがはじまると
強烈な蹴りがテーブル下から飛んできます。
一瞬意識は保たれるけど、たいてい勝てません。
この日は氷をくわえて、トイレで顔洗ってました。
さすがにステキオヤジ前で寝るのはかたじけなく。
魚引





・・・って言ってもドルチェで落ちたが。



メインのカツレツ、他には仔羊とか肉系が4種類ほど。
魚料理は1種類、本日の鮮魚だったような。
ミラノガルニ




シェアなんで、こんくらいのボリュームでしょ。
ボク的には珍しく、ちょうどいい。いつもは、
“もうしばらくは外食やめよう”と思うほど
苦しいのだが、いい感じで満腹感。
カツレツがあっさりしてたせいかな。
カツレツ割






ドルチェは、どうして写真があるのか不思議なくらい
記憶にございません。寝まいと抵抗して粘っただけに、
グレーゾーンが大きめです。実質の失神タイムは
そこまで長くなかったらしいが。
ドルチェ




ポブイユとかニーノみたいな、オトナのあっけらかんとした
エロさは大好きです。散々遊んできたオヤジの出す艶感は
目指したいところであるんでね。

別に密室系のエロさだって、そんなに嫌いでもないんだが、うーん...
未だになんで、ココまでフィットしなかったか謎。
ジメっとした下心を感じたせいか??


blogランキング


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ピアット スズキ (麻布十番)下心と東京イタリアン Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる