Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 白トリュフの会 フェアドマ (三越前)

<<   作成日時 : 2006/11/27 04:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ポルチーニ寄

ユッキー夫妻とフェアドマへ。
見ての通り白トリュフの会ですよ。

アンティパストからドルチェまで、
何かの皿で”Tartufo Bianco”が並んじゃうわけです。
ハッキリ言ってヤバいです!

どの皿食べても納得の美味しさ。
さすがフェアドマ。

家帰っても毛穴から白トリュフの香りがするようで。
なんとも幸せな夜を過ごせましたワ。


まだ今年白トリュフ食べてない方、
もしくは食べ納めしたい方、
まだまだギリギリ間に合いますよ!
フェアドマの白トリュフ料理、
ガチでうまいっす。

たださっきTELしたら、そろそろ
無くなりそうとのことだったんで、お早めに!


■フェアドマ
東京都中央区日本橋本町2−1−14 石橋ビル1F
TEL・FAX 03−3272−5208


ひさびさのリストランテエントリー
よろしくねん→blogランキング

***

白トリュフって削った後も、あたりに強烈な香りが漂うじゃない。
アレをクンクン楽しんでたワケですが、隣のテーブルのゲストから見ると
アホそのものですな。

狂喜するボクらのテーブル... 気持ちわかって 笑
牛ランプ横





オクサマ方は、「白トリュフはプリモ一皿でいいわ」と
控えめだったんですが、旦那勢はここぞとばかり
白トリュフをメニューに盛り込んでいく。

ひらくさんと相談しながら、構成を決めてったんだけど、
料理のストーリー考えるのってほんと楽しいね。
恋愛の初期、旅行の直前、夜明け前の白んだ空...
そういうプロローグのワクワク感って大好き。
リゾ白トリュフ






この時のフェアドマディナーが、ほんと心の底から
楽しかったんで、ウチとユッキー家が会うたびに
盛り上がってたワケですよ。
レバー縦Sレバー縦完成S




したら、いつきまん家も我慢できなくなったらしく、
先ほど予約を入れてました、ハハハ
白ジェラート横




さ、自分で見ても垂涎の料理、いっちゃいますよ blogランキングへ




ーーーーーーーーーーーーーー

相当期待大で行ったんだけど、
最初からとばしてくるんだな、ひらくシェフ。
のっけから嗅覚中枢が破壊されました 笑


ポルチーニの香りも素晴らしいけど、
これに白トリュフをあわせちまうという
贅沢なコラボからスタート。
ポルチーニ引

トリュフの強烈な香りがポルチーニを
消しちゃうのかなと思ったけど、
ちゃんと香りが融合してんのよ。

鼻孔をくすぐる... 
なんて生易しいもんじゃなく
脳髄をダイレクトに刺激する香り。
いやでもテンション上がるって。

ちなみにフェアドマでは今年
ラストのポルチーニでした。






熊本牛のランプ肉、脂肪分の少ない赤身に
シンプルに塩、胡椒とオリーブオイル。
そこに白トリュフをサッとすりおろし...

香りが最高の香辛料となって
食欲をぐわんと掻き立てるんです。
牛ランプ


赤味のしっかりした牛に白トリュフをふりかけて。
肉の食感とトリュフの歯ごたえが、なんともセクシャルで。
食後もジワーンと下あごに白トリュフの余韻が残るのよ。
あの感覚もう一度再生したいな〜



ポルチーニ以外のアンティパストも
かなり贅沢な気分になれちゃうものが並ぶ。

サルディーニャのボッタルがが
分厚くスライスされていて、
緑(小松菜?)とハムと一緒に食べると、
素晴らしいバランス感。
ゴクゴク泡がすすむよ、コレ。
ボッタルガ




こちらはサーモンのマリネに
いくらがたんと添えられていた一皿。
サーモンの白子がうんまいのなんの。
かなり贅沢な味、白トリュフが無くても
かなりキテます。
サーモン





プリモはオクサマ方が白トリュフの番。
ジロール茸をはじめ、なんちゃらとかいう
3種類くらいのきのこを混ぜたリゾに、
シャリシャリシャリシャリ白いのをふりかけて。
キノコリゾすっぴんキノコリゾ完成S




ポルチーニもそうだけど、きのこ類と
白トリュフが混じった香りは犯罪だね。
キノコリゾ完成横






旦那たちのプリモも負けじと魅力的よ。
ユッキーの前にサーブされたシーフードのタリオリーニ(だよね?)。
完成度タケェよ、こちらも。
魚フェデリーニ





鴨のラグーソースタリアテッレ、
最初鴨ってわかんなかった。
イノシシ?とか、トンチンカンなこと
言ってるし、オレ。
にしてもタイプ。鴨クン、久しぶり。
鴨ラグー縦





プリモは牛レバーのチョコレートと赤ワインソース、
すさまじいボリューム感だが、とろけるような
牛レバーゆえ3/4はペロッと。
レバー寄




しかし満腹感を感じて中枢がおかしくなったか、
そこで急に意識がプツンと。
すんげーボリュームだったけど、
ウマかったな、このレバー。
今でもこの味が不意に口の中に再現されるのよ。
ただ2/3程度のボリュームがボクには適量ッス。
レバーカット




まりえはこちらで。
仔羊のローストを。
仔羊ロースト





美しいロゼカラー、
ま、目で楽しんでって。
仔羊ロースト切






ボクはドルチェはさすがに路線を変えたけど、
あくまで白トリュフで突き進んだユッキー。
軽くコレにしなかったこと後悔するくらい
ウマかったな...必食ですよ、コレ。

白トリュフのジェラートは、これ一皿で
存分に白トリュフの魅力が楽しめるので、
「何故、あの削り出しがあんなに高いの!?」
と言う方は、まずこの辺りからトライされると
良いのではと。
白トリュフ縦




ただその後、白い魔法の魅力に虜になっても
ワタクシに責任はございませんので、そこは
自己責任でお願いします!


やー、ほんと満足。
ひらくさん、ありがとー!
店外




ヨユーあったらお茶してくのもいいね。
三井タワー





あまりに気分良かったので、帰り際に
まりえに撮ってもらいました。
結構、このコーディネイトも好きだし。
モ立ち




マジ、セクシーです”Tartufo Bianco” → blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
白トリュフの会 フェアドマ (三越前) Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる