Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS だるま (札幌)ジンギスカンの底力

<<   作成日時 : 2006/11/06 12:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

だるまTOP

サッポリーニで臨界点に達しつつも、
札幌最後の夜なので、ジンギスカンの有名店”だるま”へとハシゴ。

観光客向けということで、侮る事なかれ。
COTE DOR支配人の福田さんも観光客向けでしょと思って
行かなかったらしいんだが、いざ行ってみたら
予想GUYのウマさに驚いたという逸話もあるくらい。

ツキサップでも充分美味しいと思って食べたんだけど、
正直次元が違いました。つーか、オレが前に東京で
食べたアレって....

・・・イヤ、みなまで言うな。

●だるま 支店
 札幌市中央区南6西4 野口ビル1階
 011-533-8929



少しお腹を落ち着けるために、
その後は剛さんのプルミエへ行ったんだけど...
シャンパンBAR



***な、なんと!***

プルミエで凄いモノ発見してしまいました。 blogランキング
この後必見!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

驚きのプルミエの体験の前に、まずはだるまから。
前もチラッと書いたけど、本店の方は席が少ないので、
支店の方がおすすめ。
だるま入口





のれんをくぐって、中に入るとこんな感じで、
みなさんジンギスカンと対決中です。
サッポリーニから移動の際、ホテル寄って
ジャケは避難させておきました、ハイ。
だるま入りだるま店内S





テーブルに着くと、既に一人前の肉と野菜がセットしてあります。
確か700円くらいだったような、コレをおかわりしていく仕組み。
さすがに腹いっぱいだったので、追加はしなかったけど。
だるま店内肉セット





東京やツキサップで見たペロンとした肉ではなく、
こちらかなり肉厚です。「これどこ産の肉ですか?」
って聞くと、「北海道産よ」と。
でも、実際北海道でもホントの道産ってなかなか
流通してなくて手に入らないんだって。

あと海外から輸入する肉も、一旦札幌を経由して
流通する事が多く、そういう肉も道産として
売ってるらしく。

ま、ウマけりゃNZだって、何だっていいんだけどね。
実際NZなんて、めちゃめちゃ羊うまいわけだし。
だるま店内肉セット縦






能書き長くなったけど、実際食べてホント思いました。
どーして東京の人気店ではコレが食べられないんだろう...
ま、オレもそんな食べた経験があるわけじゃないけどさ、
少なくとも人気店ともてはやされていた店で、あのレベル
だから、推して計るべしかと。

観光客向けと侮らず一度は行ってみる価値アリ、
ただし2軒目か3軒目使いで充分。
他にも美味しい店たくさんあるから、
ココで満腹になるのは勿体ないよ。
だるま焼アップ








お待たせしました、剛さんの店”プルミエ”です。

●プルミエ
 札幌市中央区南5条西4丁目 第20桂和ビル5F
 011-512-2229
 19:00〜3:00
 http://blog.livedoor.jp/watanabevolvo/

剛さんグラス縦S





「ジンギスカン食べてきましたね、失礼ですが匂いが、その...」
いえいえ、そんなジンギス臭ふりまくボクらが失礼ですから! 笑
他のお客さんに、ちと申し訳なく。
ゴッセシャンパーニュ



ちょっとおしゃべりして、カウンターの真ん中に戻ったところでの、
他のお客様との会話。

お客様:「ロゼと赤って何が違うんですが?」
剛さん:「・・・(5秒経過)・・・む、難しい質問ですね...」

ボクら:心の中『え!?』

もちろん、違いがわからないってことじゃなく、
相手の立場に立った場合、どう答えるのがいいのかという
意味での「難しいですね」なんだけど、こういうスキが
剛さんらしく、肩肘張らない空間を作ってるんだよね。



で、そんな時にふと目に留まった”札幌 おとなのBAR”
ページをパラパラめくっていくと...
さっぽろ オトナのBAR






な、な、なんですか、この尖ったヒトは!?
コワ過ぎる〜
鬼



剛さんが働いていた前のお店の時の写真だそうです。

思わずシャー・アズナブルの台詞が聞こえてきそう。
「認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちというものは」

そういうボクも絶対見せたくない絵はたくさん
持ってます、当然 笑


ま、みなさんに習って、ちょいと剛さんネタで
いじらせていただきましたが、実際この台詞は
カッコ良かったですよ。

”どうしてノーチャージなの?”と言うボクの質問に、
「自分がお客さんとして行った時にイヤなんですよ。
 チャージとったら楽にはなると思うんですけど、
 そこは自分が行きたい店では無くて」
プルミエ横




札幌の夜、ちょいと疲れたら是非プルミエへ。
エロティークなシャンパンと、癒しな剛さんが
貴方を迎えてくれますよ。


***

日本のスケートレベル高いね、スゴぃ。
ミキティーも一皮剥けてたけど、
浅田真央さん、女っぽさも身にまとってて
ドキッとしました、マジ。顔見るとギャップ感
あるけど、手足もスラッとしててグローバル化
って言葉が身にしみましたワ。

ワタシ? スタイルは純国産、
サムライ体型ですが、なにか? blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
だるま (札幌)ジンギスカンの底力 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる