Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS サラマンジェ (虎ノ門)猪とタイマン

<<   作成日時 : 2007/01/26 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いのしし

またまたサラマンジェ
オヤジのためのビストロですから
ボクは何度行ってもツボなんです。

 ※前回のレポ

まりえがね、ちょっと前に行っててさ、
「猪とフォアグラのポワポワソース(ニュアンスね)
 みたいなの食べて、超美味しかったの」
と言うワケですわ。


そりゃ、オレも自分の舌で試さないわけには
いかないじゃないっすか。
オニオングラタンスープ



サラマンジェ × イノシシ

ハッキリ言ってコワい組合せです。
ダイエットとか言ってる場合じゃ無い
というのは、容易に想像できますな。

オヤジ万歳 blogランキング

■サラマンジェ
 TEL/FAX 03-6903-6730
 〒105-0001東京都港区虎ノ門1-11-5森谷ビルB1F



-------------


いのししがメインなので、あくまで助走は軽めに。
まずはビールと一緒にオトコのエスカルゴ!
期待を裏切りませんな...シンプルな外観とは
うらはらに、味が深いんです。
エスカルゴ




脇坂シェフ入魂のオニオングラタンスープ、
大きな鍋いっぱいのたまねぎを10時間くらい煮込んで
ギューッと凝縮されたたまねぎの旨味。
それをスーッと頂いちゃうワケですよ。
しあわせ。
オニオングラタン引





さて、シェフとタケちゃん、今度はボクらのメインに
取りかかってますな。
仕事2人




いのししの内蔵系フリットを狙ってたまりえだが、
材料切れとのことで、ブフ・ブルギニヨンに。
これがまたね...味の奥行きが深いのよ。

デコラティブな料理って、見た目キレイだけど
どうやって作ったのかって素人にはわかりづらいから
大変さがあんまわかんないのよ。こういうシンプルな
料理は、自分で作ったらどれだけ大変かってのも
伝わりやすいんで、外で食べるありがたみがしみじみと。

もちろん、自分が作ったのより圧倒的にウマいっす。
あぶね、あぶね...コレ書き忘れると、脇坂さんにシバカれそうだ 笑
ブッフブルギニヨン




イノシシの背肉とフォワ・グラのソテ フランボワーズソース
今日のお目当てデス。ある程度は予想してたけど、さすがの
ボリューム。前菜、軽めにしといてよかった〜。
ジビエのいのしし らしい見事な歯ごたえ。
噛むたびにいのししの旨味がにじみでてきます。
さすがに、最後の方に顎が疲れちゃったけど 笑
いのしし




ワインは相変わらずへなちょこなのでグラスで。
まりえは、ジゴンダス飲んでました。
GIGONDAS





最後につまみで出していただいた、たらこのカラスミ。
これがね、また実にウマいのよ。酒のつまみにぴったり。
たこのカラスミ




今年もお世話になっちゃいまーす  
blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
サラマンジェ (虎ノ門)猪とタイマン Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる