Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS すゑとみ (西麻布)蟹万歳

<<   作成日時 : 2007/01/12 12:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

蟹ごはん

料理教室で一緒のNクンと彼女のりょーこさんと共に霞町 すゑとみ へ
ヴァカンスからの帰国直後は、日本料理が恋しくて、珍しく
和系ばっかり攻めてたけど、その中でもこちらは特に秀逸。
ランチ5000円でこのクオリティ@西麻布ってのはあり得ない。

5000円の日本料理的な満足度で言うと、「戸上家」クラス。
要は昨年行った和系では、2トップのお気に入りってこと。
年明けも早速訪問しちゃってるし。


ご存知の方も多いと思うけど、こちらは分とく山で
修行されてた末冨さんが出されたお店。
場所も、もともと分けとく山があった場所。
カウンター10席くらいで、個室がひとつ。

トップ画像の蟹ごはんが、もう本当にヤバ過ぎて...
ハラっとほぐれるふんわりしたご飯に、蟹の卵の
プチプチした食感が忘れられず。思い出すと
口の中で蟹の卵がつぶせます。

この揚げ物に添えられた”うにと煮こご”りの料理”
も滅茶ウマかったし、真ん中の黒い揚げ物(なんだったっけ?)に
ワタクシ、相当惚れ込んでおりました。
あげもの



霞町 すゑとみ
東京都 港区 西麻布4-2-13八幡ビル3F
tel. 03-5466-1270


****

今年は日本料理系も、少しは開拓したいなと。
手頃で美味しいとなると神楽坂あたりが狙い目なのかな。

ま、ぼちぼちと → blogランキング



ーーーーーーーーーーーーーーー

この日は4人なので個室の方で。
愉しいパリステイの報告と御礼から。

最初は軽めの蒸しもの、あん肝にいくらだっけ?
だいぶ前なので記憶が曖昧なのと、先日訪問した時の
記憶が完全に混じってる。とにかくしょっぱなから上品に美味しい。
一皿目




やー、こういうの超タイプなんです。
白子の下には、もっちりしたもち米が敷いてあり。
米ラバー的に、この組合せは失神系です。
もち米白子





さっきも書いたけど、真ん中の黒いヤツが食感・味ともに大満足。
くりぬいたゆずの中に入っている、うにとなんかの煮こごりも、
これまた予想を上回る美味しさで、Nクンと静かに感動を共有。
そう、Nクンはボクみたいに下品に感情を外に発散しないので、
感動の共有は深く静かに行うのが鉄則なの、オトナでしょ 笑
揚げ物





鴨のつくねが入った吸い物。上品な汁の美味しさは言うまでもなく。
こーいう薄味に感動が見いだせることになったことが嬉しい。
5年前なら絶対ムリ、味濃いめ=ウマいだったし。
吸い物鴨つくね





お造りは大間の向かい側の戸井産のまぐろ。
男らしく力強いまぐろの赤身でございました、ハイ。
戸井産まぐろ





日本人ゆえ、こういう構図はほんと心が落ち着きます。
見た目で体が浄化される感じ。
椀





えー、日本料理はリテラシー低いので、
説明のしようがありません。見て楽しんで。
椀中





えーっと、”のどくろ”だったかな??
すんません、完全に記憶がこんがらがってます。
年明けに頂いたのは、脂がのりまくった”さわら”だったよな。
じゃ、多分”のどくろ”。違ってたらNクン指摘してね、へへ
焼き魚





じゃじゃーんと、待ってましたよ、こちらの蟹ごはん。
4人分なので土鍋にどどーーんっと、大迫力。
まずはそのまま頂いて、米のすばらしいほぐれ具合と、
蟹の風味を堪能して、一旦土鍋が回収されます。
蟹ごはん





そして、次に戻ってきた時には、なんと卵で
とじられちゃたりしてるじゃないですか、
これまたこれでもちろん美味。
でも敢えてどっちが好きかと言われれば前者。
どっちも食べたいんだけどね。
蟹卵とじ


やー、マジで満足なランチでございました。
パリ情報に続き、素敵なランチタイムも
ありがとうございました > Nクン&りょーこさん



ちなみに年明けに行った時は、カウンターの一番奥の席で。
ランチでかなりバタバタしてたせいか、温厚そうな
末富氏が厨房に厳しく指示を出してた姿も印象的。
結構ライブ感あって違った意味でも楽しめましたワ。

今回は穴子の土鍋ごはんだったので、シーズン中に
もう一回蟹リクエストして食べに行くかも。
つーか、行くでしょ、きっと。 →
blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
すゑとみ (西麻布)蟹万歳 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる