Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS ラシェリール (白金)正しい午後の過ごし方

<<   作成日時 : 2007/03/20 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

太刀魚

美味しい生活Chiggyさんのブログあたりから、
ヒットの予感が漂ってたフレンチ「Lacherir」。



気になり出したらガマンできず、当初予約していた
あるリストランテをキャンセルしてまで、
こちらに変更しちゃいました(ごめんなさい!)。

したら、なんとsinpさんとの会食で、よくご一緒してる
O夫妻に遭遇するじゃありませんか。

さすがッ!




春の陽射しがふんだんに差し込む、白をベースにした
空間は、いい意味で白金らしい。こういうエレガントな
雰囲気が日本で最も似合うエリアのひとつだからね。
しかも かなり奥まったエリアってのが、また好感。
日曜ランチやってるのも当家では重要。今っぽいね。
店内




料理は、TOPの写真の太刀魚のソテーが、大ヒット!
素材の脂のノリがいいのはもちろん、
火加減もソースもかなり秀逸。
ここ最近の魚料理の中では一番のヒットです、マジで。
魚を扱わせたら、日本人はやっぱ世界トップクラスだ。

ちなみにメニューのチョイスにあたっては、
O夫妻(主にオクサマ)から随時アイコンタクトが
飛んでくるので感謝感謝。


この日は、まりえと、料理教室で一緒のパイロットの
Nさんと、それにクロミホという組み合わせ。
前菜縦2




このメンツだと、圧倒的に女性陣が飲むわけで...
へタレなヤロー達はたいして飲んでないのに、
気付いたらボトルが3本空に。


そりゃ、まりえもヘベレケになるわけですわ。
こういう午後を過ごすために生きてるんだよなー、
なんて思いつつ。

優雅で洗練された休日の昼下がり、
そんな過ごし方が好きな人は是非に。
ラシェリール外観



「Lacherir」
tel. 03-5789-4450
港区白金3−14−10
Lunch. 12:00-1:30(L.O.)
Dinner. 18:00-20:30(L.O.)
休.水曜


***



色々好きなフレンチあるけど、ココは相当大好き。
空気の華やかさ、料理のクオリティ、それでいて
リラックスできるバランス感はホント秀逸



-------------------

白金の住宅地に中に溶け込んだ「ラシェリエール」。
ロケーションは北里病院の裏くらい、昨年11月に
オープンというかなり新しいレストラン。


18席のこじんまりしたフロアなんだけど、
オーダーはマダムが一人で取り仕切ってたので、
ちょっとタイミング的にボクラのテーブルは遅れ気味。
だったかな。

マダムの雰囲気が爽やかかつ艶っぽいので
好みってのもあるし、そもそもゆっくりと
優雅なランチタイム過ごしたくて来てるので、
全くもって問題なかったんだけどさ。
ちなみに12:30入店で、お店出たのは
16:00過ぎ。後アポあるヒトは、その旨
言っておいた方がいいのかも。
まりえ横SNクロS




そんなランチはコースが3つ。
 A 前菜・メイン 2800円
 B 前菜・スープ・メイン 3500円
 C 前菜・魚・肉 5200円


ボクとNさんはCコース、
女性陣はBコースを。



・アミューズ
泡との相性もバッリチのアミューズ。
こりゃ期待が高まりまりますな。
アミューズ





・前菜:ホワイト&グリーンアスパラのコンビ 帆立貝添え
ホワイトアスパラが主役の野菜な一皿。
帆立はあくまで脇役クン。全般的に野菜の
クオリティいいし、オレタイプよ、この前菜。
苦味系温野菜好きなんよ。
前菜横





・魚:太刀魚のソテー
ほのかな生臭さをキチンと残しつつ、
ソースの味付けも太刀魚にあってた。
トマトのジュレっぽいのが、またいいアクセント。
激ヒット。
太刀魚横





ワインはやっぱりブルゴーニュ。
いつも通り華やかで軽めなタイプを。
ワイン






・鶉:ドンブ産 鶉のフォアグラ詰めロースト
フォアグラ詰めというから、それなりの
覚悟で臨んだ肉料理。フォアグラの周りの
キャベツがクッションになっていて、
肉×フォアグラの重々しさは、そこまで
感じない。
うずら横



食べ終わったあたりから、一気に記憶が...
午後のやさしい陽射しが、至極の空間を
作ったせいだね。
うずらカット

 ・・・って、いつものことですが。



タピオカが入った爽やかな液体の下に
口を引き締めるのにほどよいコーヒーの
プディングが。思わず寝起きで一気に食べる。
グラニテ







・デセール:赤いフルーツのコンポート バニラアイス添え
ベリー系のコンポートに、ヴァニラアイスという
シンプルかつ、爽やかな組み合わせ。
デセール





こちらをつまみながら、ランチを振り返る。
ある意味、一番贅沢な時間かも。
プティフール






おまけで他のコース料理も軽く紹介。

Cコースはメイン2皿だけど、Bコースは1皿がスープなのね。
メインは3種類くらいくらい用意されてたような。
スープイサキS






おっと、こちらはCコース、Nさんのメイン。
仔羊がこのように薄くスライスされて出てきます。
一切いただいたけど、基本癖が無くスマートな感じで
最後に羊らしさがふんわり広がる。
仔羊






こちらがシェフ、店内の花のディスプレイ
もされてるみたい。多才なのね。
シェフ




店内は落ち着いた雰囲気なので、緊張感が
前面に出るようなデートより、2人で愉しさを
ゆったり共有出来る関係のヒトと行くのがおすすめ。
ワインディスプレイ





次回もランチに行きたいなーと。
この華やかさとCPは病み付きになりそう
花テーブル




ダーリンにおねだりするもよろし → blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ラシェリール (白金)正しい午後の過ごし方 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる