アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「3000円〜」のブログ記事

みんなの「3000円〜」ブログ


DEL RAY ワッフルとカルヴァトス

2007/04/17 12:08
DELRAY−top

NYで日本人パティシエールが活躍。
こういう話聞くと無条件で応援したくなるのよね。

デザートを楽しむ新しいスタイルのバー、
チカリシャス


こんなスタイルも日本で出てきたけど、
なっかなか近所で、かつ空いてる場所って
なくてねー。



ゆっくりできて、美味しくて、んでもってお酒も飲める。
そんなボクの願いを聞き入れてくれたかのように、
先月OPENしたのが、あそこのDEL RAY。
そろそろ紙メディアにも載ると思うんだけど、
それまでは、このブログでは場所は言いたくなく 笑
店内






デザート・バーなので、香りも温度も楽しめる。
フォンダンショコラも薄めの生地で、かつベリー系の
アクセントが効かせてあったりと、ライブならでは。
フォンダンショコラ





アミューズ、前菜、メイン的なスイーツ・コースは
コーヒーがついて3300円くらい(サービス料含む)。
一瞬聞くと高そうだけど、同じエリアで、
アンリ・シャルパンティエとか行ったら、
コーヒーとケーキひとつで2000円くらいいっちゃうからね。
デザート3種類ついて、他にもちょこちょこつまめるなら
オトクだと思うんだけど。
コーヒー





ボクはフラっと行って、お酒も飲みながらのんびり
できるココが、もうちょいこのままでいて欲しいので、
場所はナイショ。とかケチくさいこと言ってるけど、
そもそもオサレ姉さんのとこで知ったので、行きたい方はそちらでどーぞ♪
ディスプレイ




やー、ココ惚れました



ーーーーーーーーーーーーーーーー


オモサンヒルズの方にもイートインはあるんでしょ?
オレは行った事ないけど。こっちに引っ越してから
そもそもオモサン自体に行かなくなったし。
何気にこの街、ゆっくりできるスイーツの店少なくてね〜
砂糖





まずはこちらのチョコレートをつまみながら、
コーヒー飲んでのんびりと。平日はL.Oが19:30と
結構早いのよね。お酒飲めるんだから、ホントはL.Oを
20:30頃にしてくれると、忙しいビジネスマン的には
嬉しいんだけど。
チョコつまみ





パティシエと、相談しながらコース内容を決めていく。
一皿めはフォンダンショコラ。一番好きなスイーツから
攻められるなんて、なんて贅沢なの!
ベリーがきいたチョコは、重たい感じが無く、温度差も
楽しめるのよ。超ウレシーんですけど、のっけから。
フォンダンショコラ溢れ





2皿めは出来立てのストロベリー・アイス。
スプーンを入れると滑らかな断面にうっとり。
ストロベリーアイス





オモサンでは出してない、こちらのスペシャリテがワッフル。
ベルギーではこんな風に食べないらしいんだけど、外サクッ、
中はモチっとした軽い食感が新しい。生地に砂糖は使ってないので、
見た目よりもズーッとあっけなく食べ切っちゃいます。上の生クリームが
悪魔の囁きを告げてくる。パティシエにお願いすれば、アイスや生クリーム
の量を調整してもらえるのよ。アイスよりも生クリームが合うのよ。
もちろんこれにもチョコレートをかけて食べるのだ。
ワッフル





オサーンにとって、スイーツに欠かせないのはアルコール。
泡モノが合うのは勿論、ブランデーやカルヴァトスまであるんだな。
そのうちヴィンテージもののグランマルニエも揃えていくみたい。
カルヴァトス





このグラスもバカラだったりしています。
オサレでございますなー。お願いだから
ミッドタウンにも出店した、恵比寿の某スイーツ店みたく
並ばないと入れないなんて店にはなって欲しくない。
銀座一丁目の高飛車な店みたいになるなんてことは
無さそうだけど、こういうスタイルOL的には
流行るだろうな〜、これから更に。
カルヴァトスバカラ





この日は、近くてボクの母の書道展があって。
なので仕事も早めにあがって行けたんだけど。
これからも平日行こうとすると厳しい。
お願いだからL.Oを1時間ズラして〜 笑
書道



漢(オトコ)にも贅沢なスイーツチャンスをくださいな! → blogランキング


あ、そーそー、デザート・コースなら夕ご飯は要らないよ。
かなりお腹イパーイになるんでね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サッポリーニ (札幌)驚愕CPのマンマ系イタリアン

2006/11/02 11:47
アルカリポーク

大通公園から一駅、車でチョイと行ったところ。
最近では“おいしいスパゲッティーの店”として、
知名度があがってしまったらしく、昼は行列、
夜はパスタ一皿で粘られちゃうことも...

こういうマンマ系のお店は回転良くして、
AWAYのボクらにも少し席をくださいな。
そんなお願いをしたくなるのが、こちらの
「サッポリーニ」。

お待たせしました、とうとう出番です。


洗練された東京イタリアンとは対局の、
マンマ系のやさしく豪快な札幌イタリアン。
(そんなジャンルは無いと思うが 笑)
パスタ






夫婦一緒にトスカーナで修行してきたってのも、
温かさを感じる要因かな。お店の雰囲気に
しっかりそれが出ています。料理への
愛が伝わってくるし、このお店も凄い
大事にしてるのわかるんだよね。
この時点で、どんなアミューズより
テンションが高まります。
店内




ホームの方ならともかく、AWAYの方なら
ディナーがお薦め。ランチは安いけど、
単に安いイタリアンねで終わっちゃう可能性が高い。
回転あげなきゃなので、カルト対応できないらしく、
セットのみらしーので。

ちなみにトップの画像の、「アルカリポークのソテー 
カルチョーフィのソースクレマ」は900円。
シェアして食べきるのが精一杯デス!
店外



サッポリーニ
 札幌市中央区北2条東7丁目9-10
 011-241-5800
 11:30〜14:30 18:00〜22:0




*** さ、驚愕のサッポリーニのディナーをどうぞ! ***


札幌LOVE blogランキング



秋のヴァカンス、迫ってきました。
ちょこちょこトラブルも発覚したけどもう大丈夫、
さて、ヴァカンスの行き先はドコでしょう? 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

や、ココのディナー全然予約取れないんです。
ムリ言ってL.Oギリギリに滑り込んでの2回転目狙い。
「東京から来たんで、お願い!!」と頼み込んだんです 笑
セコぃ 笑  でも、必死なのよ。
アミューズ店内S






「ウチのはボリューム多いので、あまりお腹が
 空いてないならシェアされた方がいいですよ」と。
でも、えーと、黒板のメニュー、殆ど1000円以下なんですけど、マジ??
マグロのカルパチョ引






アンティパストには、本マグロのカルパチョ レフォール風味(900円)
豪快に使った本マグロ、アンチョビなんかも効かせながら。
しっかりしたボリュームなので、ちょびちょび味わいながらなんて
まどろっこしい真似はしません。一口でバクッといただいて、
泡をゴクン。遠慮しなくていいプライシングとボリューム。
理想のマンマ系イタリアンです、ハイ。
東京じゃ、なかなか厳しいね 泣
マグロのカルパチョ寄





視線をちょっとズラすと、グラス系の
ドリンクの料金表が目に入る。
かなり勝負価格なんですけど。
グラスドリンク





マサ中村さんが、「アレ、うまいよ。イヤ、マジで」と美味しそうな顔で語ってたのがコチラ。
ワラサ(イナダ)とあさりのスパゲッティ、当時はイナダだったようですが、
ボクらの時はワラサになっちゃってました。
パスタ縦








えー、量が分からないと思うので、
ちょいと引いてみました。
コレ、それなりに取り分けた後なんですけど...
こんなお皿にドカン!と、山盛りで来るんです。
ビビリました。ひとりで来たら、プリモの段階で
満腹中枢がイかれると思います 笑
プリプリのスパゲッティーニに、優しい味が
絡みついています。シンプルマンマ系、いいね。
パスタ食






ちょっと、ココでメニューを紹介。
ホラ、ほとんど1000円以上の料理がないでしょ、
週に何回も寄れる感じのメニューじゃない?
常連さんになりたいデス、ハイ。
黒板メニュー






アルカリポークロースのソテー カルチョーフィのソースクレマ、
カルチョーフィは、アーティチョークって言った方がわかるかな。
ポークはシンプルな味付けで、アーティチョークがアクセントと
なっている。なのでコテっとたまるわけではないので、
こんなボリュームでも、ペロッとたいらげちゃいました。
1人じゃムリです、多分死にます。
ポーク横







ティラミスのスフォリアータは、なんと400円。
ほんと良く夫婦2人で回せてます。
400円でティラミスって聞いたら、そのまま
ドカンとマスカルポーネがやってくると
思いますよ。どーして、こんな風に手が
かけられちゃうんですか!?
ティラミス




まりえがオーダーしたドルチェも、
これでもか!って位に、桃が
ならんでます。スゴ...
桃のドルチェ





こちらは夫婦揃っての修行時代の写真、
なんか「いいなー」と思って写真におさめちゃいました。
修業時代の写真カプチーノ





で、2人でシェア通しだったにもかかわらず、
ちゃんとプティフールがついてきちゃったり
するんです。や、恐縮です。
小菓子





札幌で予約困難なイタリアンってどんな店なんだろう?
そう思って伺いましたが納得。コリャ、通いたくなる
店ですわ。えー、こういうお店は回転ガンガンあげて
いきましょう。んでもって、待ってるヒトいあたら
次のヒトにサクッと席譲りましょう。そういう使い方が
スマートです。パスタ一皿で長居は...モテません!(キッパリ)
シェフと




この後、ジンギスカンです!
オレの胃の限界に挑戦。




***秋のヴァカンス***


ブログにちょこちょこ書いたメモでも
覚えてくれてる人がいてくれるのはウレシー限り。
今年のヴァカンスはまだ行ってなくて、
色々迷ったんだけど、行き先は
イタリアとフランスで、2週間くらい行く予定デス。


最初はガンベロロッソ目当てにトスカーナ!と
意気込んでたら、なんとガンベロロッソが
滞在中は休業らしく...涙

ただいま、目玉をどこにするか検討中。
ピエモンテも行きたいんだけど、トスカーナ
からは、遠いんだよね〜。ミラノのサドゥレル
もいいけど、ピサの上にもちょっと気になるトコが。
お薦めあったら教えてね〜(大マジ)

トスカーナに滞在した後は舞台をパリへ。
そっこからボルドーにも足を伸ばします。
シャトー・ラトゥール行ったり、ポイヤックで
アニョー・ド・レ初対面があったり、楽しみ過ぎ。

ま、確実に2kg増ですな。
これから徐々にボルテージあげてきます → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラ・サンテ (札幌)再訪の誓い

2006/10/20 12:02
ラサンテTOP

秋だね、空気が澄んでいるせいか音が通る。
空を飛ぶヘリコプターのプロペラの回転とか、
TDLの夜の花火の音とか、いつもは聞こえない
音が妙にクリアに聞こえてきて。


美味しいモノがたくさんの秋
北海道は、今、何が美味しいのかな。→ blogランキング



つーわけで、今日は“ラ・サンテ”
札幌在住でないヒトには、円山公園の
近くって言うのがわかりやすいかな。
コートドールからも徒歩圏内の
フレンチレストラン。


4日間の札幌滞在で、2回も行ったというFACTが、
なによりもボクの“好き”具合を表してるかと。
ランチメニューでもプラス料金で、カルトメニューへの
切替えが可能。こういうのってワンチャンスのAWAYな
ボクらには、すんごい嬉しいんです。
さんま




よく通えるヒトには、お得なコースメニューで
新たな発見できたりってのはイイと思うんだけど、
なかなか訪問できないボクらは、選択肢
多いほうが助かるし、金額が多少上がっても
渾身の料理を食べてみたいし。
豚カツ





こちらは札幌でもかなりの老舗なのよ、なのでシェフと農家や牧場の
コネクションが強いんで、札幌で唯一といっていいのかな?
わかんないけど、とにかく道産の羊を一頭買いができるお店なのよ。
なので、AWAYの方へのアドバイスとすると、ランチに来るなら
カルトにしてもらって、道産の羊のメニューを頼むこと!
コレ鉄則でしょ、ボクはココでソーセージにはまりました。
厨房から





北海道に遊びに行くってヒトがいると、必ず薦めるラサンテ。
財布の具合もあんまり気にせず行けるし、ランチもやってるのが
とても嬉しい。次回? ハイ、絶対行きます!当然。
ラサンテ外観





ラ・サンテ 〔La Sante〕
011-612-9003
札幌市中央区宮の森1条6丁目5-1M1.6ビル2F
http://www.la-sante.jp/



*** 早く再訪したい ラ・サンテ ***

次はいつかな、札幌。
うーん、ヴァカンスのマイル溜まったら
ヨユーで行けそうだし、穴ツアー見つけると激安だしな。
今度は札幌以外も少し足を伸ばさんと → blogランキング




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ラ・サンテの店内、キャパは20人強ってくらいかな。
カウンター席もあって、一人使いもできるのが嬉しい。
マダムをはじめホールのスタッフも気持ちいいし、
とってもあったかい気分になれるの、ココ。
ランチも開店前からヒトが並ぶのわかりますわ。
だって、いいもん、ココ。
ラサンテ店内





高橋シェフの入魂の姿。
やー、期待しちゃいますな〜、ソコで切ってるのは羊さん?
ラサンテシェフ





前菜はさんまのスモーク、スモーク具合がバッチリと。
食欲そそる味ですな、ハイ。野菜もおいしい。
道産の四角豆も使ってたり。
さんま寄





えー、正直そこまで期待してなかったんです。
オーダーしながら、イメージしてた豚カツは
正直こんな素敵なもんじゃあるいませんでした。
やー、見ただけでは伝わらないね、この美味しさ。
ほんとゴメン、豚マニアにはたまらん味。
日本のトンカツのいいとこと、フレンチのいいとこ
どりのマリアージュ。味噌カツとか好きなヒト、
食べたらヤバいよ、コレ。オレ、近所なら通うし、このために。
豚カツ引





でね、そんな豚カツショックを受けてたんで、それこそタジンなんて
視界から外れてたわけですよ。まりえに食べる? と言われてロックオンしたくらい。
でね、頂きましたよ、スプーンで一口。衝撃だね、コリャ。

マカロン教室でも相当美味なタジンを作っていたので、それなりに
タジンのリテラシーはあると思うんですよ。そんじょそこらのタジンじゃ
ビビらねーぞ、みたいな。ところが、どーよ、コレ。
何、このまろやかさ。何、この立体感は??
自家製の羊のソーセージが激ヤバいことになってます。
東京が得意とする色気、繊細さって面ではかなわないけど、
丁寧に愛を込めて調理したウマいもんを食べさせるってことでは、
ホントに北海道、つーか札幌はレベル高過ぎ。マジでうらやましい。
タジン





あまりに感激したので興奮をおさめるために食後酒を。
グラッパみたく、プヒィ〜っとなるタイプ。
夜に備えてお腹を整えなけりゃならんしね。
食後種





食後酒もグラスでかなりタノシメます。
次はディナーで来たいかな、こちら。
食後酒リスト






三角山 斎藤果樹園のりんごの焼き菓子とバニラのアイスクリーム
そりゃね、貴方。デセールは別腹ですから。
あれ、この時は寝なかったかも、ヘベレケでしたが。
バニラ





まりえがオーダーしたネクタリンのシャーベット
桃アイス





ヘベレケになりつつもシェフとの記念写真。
必ず再訪しますね!と約束しながら。
シェフと


・・・で、早速翌日のランチに行ってる当家 笑
遠距離系の約束なら、もうちょい間置いた方が
感動的だろうに。やー、我慢できなかったんです。





何を血迷ったか、ちょっと散歩して帰ろうと札幌駅から歩き出すオレ。
想定以上にヘベレケで歩くの超辛かったんですけど。
そのくせ、なんかアイスとかまた食ってたような。
西武





やー、今思い出すと殺意覚えますわ、自分に 笑

ウマいもん食べては、いい景色見て
ウマいもん食べては、おいしい空気を吸って、
んでもって、ウマいもん食べて、おやすみなさいzzz...


いいなー、こんな休日
大好き、プチヴァケ →
blogランキング

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フェア・ドマ (日本橋)アズーリに捧げるランチ

2006/07/18 12:57
0711フェアドマ頬肉トップ

ワールドカップ決勝の前日、アズーリの優勝を
祈願してフェアドマへ。美味しいイタリアン
食べて願掛けしよーかなと。


やー、最近さ、夕ご飯を家で食べることすら
困難な状況なのよ。ちょっと“おやつ”のつもりの
デニッシュなんかが、夕飯になってしまっちゃってたり。
深夜まで仕事すんのは、まー色んな事情でしゃーない
として、食事のクオリティが最低のままっつーのが
なんともストレスフルな状況なワケ。


んなわけで、スカーっ!!としたいとフェアドマを予約。
なんかスカーッとしそうじゃない、あそこ。
あ、オレだけ?


で、休日のランチに訪問したんだけど、
なーんと、ピッポのパスタあるじゃなーい。
大事なゲームの前にまさにピッタリ(って、オレは見るだけだけどね)。

点取り屋、フィリッポ・インザーキが試合前に食べるという
フレッシュトマトとパルミジャーノのシンプルなスパゲッティ。
シンプルだけど、上品なあの味って記憶に残るんだよね。


とかいいつつ、ピッポのパスタはまりえがオーダーし、
ボクは自分の家で作るジェノベーゼと何が違うか
確かめるために、ジェノベーゼをチョイスしてみた。
0711ジェノベーゼ





ランチは前菜、パスタ、メインにドルチェまでついて2900円
前菜、パスタ、ドルチェだと1800円、うーんオトク!!
ちなみにグラスのスプマンテも、こんなになみなみ
注がれちゃいました、スゲ〜
プロセッコ





2900円の方の前菜はこんな感じ。
以前来たときのランチも穴子ベースの
テリーヌだったけど、怪しいほどに
紫のゼラチンで固められてたなぁ...
なんだったっけ、アレ?
今回は初夏っぽくグレープフルーツも
添えられて、仕上げてありました。
テリーヌ引





*** ジェノベーゼの作り方もアドバイスもらったり ***

鮮やかなりし、ジェノベーゼ。
ひらくシェフにコツを習う。



-------------------------



カメラのテストも兼ねて、テリーヌのアップ画像
つくってみました....なんかデカ過ぎてグロイね、ハハハ

フツーに食べてるヒトは、こんな見え方しないので
ご心配なく。あくまで上の写真のように爽やかな
印象のテリーヌです。
「江戸前アナゴとトマトのテリーヌ ペルノー風味」
テリーヌ寄




パスタランチの方の前菜は、石垣島の
パッションフルーツに“ほや”を合わせたもの。
この組み合わせにもボクにはサプライズ。
ひとくちまりえから貰ったけど、フルーツ
っぽいけど、やっぱ前菜みたいなそんな感じ。
ほやPフルーツ




前に食べた時は、ほんとに美味しかったなぁ〜
ピッポのパスタ。この日はジェノベーゼに
集中したかったので、敢えて写真のみで
我慢することに。
ピッポ引






トマトの甘みに、塩がアクセントとなっていて、
さらにパルミジャーノ・レッジャーノが
甘みと塩辛さのバランスをとってる。
うーん、文章じゃうまく説明できないや。
とにかく食べてみて!
結構パスタにうるさいヒトなら
きっと気に入るはずですよ。
ピッポ寄






ありえないくらい色鮮やかなジェノベーゼ。
どうやったらこうなるのか、シェフに思わず聞いてみた。
最初は生クリームでも入ってるのかと思ったけど、
どうやら熱を加えないことがコツらしい。
トゥルネッテの食感も絶妙なコチラ。
+500円ってのも納得の手間がかかっています。
ジェノベーゼ






まぐろホホ肉のロースト。
前食べた時も「コレって肉!?」と
思ったくらい生臭さを感じない。
むしろさっぱりした肉みたいな。
それでいてプリップリな弾力が、かなり新鮮。
前回はトマトソースとあわせていたけど、
今回はオレンジのピーマンソースって
ところが憎いじゃない、オサレ。
まぐろ頬肉






折角なんで、ズーーンっと寄ってみました。
なかなかの迫力でしょ。
まぐろ頬肉寄り






えー、細かくは覚えてないけど桃を使った
タルトみたいなドルチェ。見た感じより
全然軽くって、おかわりください!的な
感想をもっちゃうくらい。
桃ドルチェ





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大和寿司 (築地)場内入門編

2006/07/10 13:57
大和600

築地の場内の定番中の定番。
3150円のお任せを食べるために
休日は2時間待ちもあたりまえ。
築地場内では、寿司大とともに、
不動の2トップの人気店「大和寿司」。


普段は2時間待ちなんて、そんなツライ
荒行をすることはないんだけど、築地デビューの
シゲミツ(一番下の弟)と一緒だったので、
わかりやすい人気店へ久々にGO!
大和並び





なんでこんな2時間待ちってチョイスを
したのかというと、ちょうど寿司が食べたい
頃だったってのもあるんだけど、シゲミツがさ、
会社までチャリ通したいと言い出したわけよ。

ボクのチャリが駐輪場で化石化してるのを、
知ってか知らずかTELしてきたシゲミツ。
“あげてもいいけど、寿司おごってね。”とボク。

およそ、長兄とは思えないせこさぶり発揮。
やー、乗ってはいないとはいえ、チャリ界では
結構なステータスカーと言われている「マングース」。
数年前に買ったとはいえ7,8万円したような
気がしたので、タダであげるのは惜しくてね。

で、ちょうど築地で魚買いたかったから、築地の
寿司屋ってことにして、更にほとんどデビュー戦の
弟のために、わかりやすい人気店を選んだってわけ。




大和握り引

あんま寿司ってわかんないけど、とりあえづ
安くて、ソコソコ旨くて、んでもって話題性のあるとこ。
そんなファジ−なニーズにはピッタリなんだよね。
ゲストを築地場内連れてくと、結構喜ばれるし。

でも2時間っていうのは、リピートしたいと思う
キャパを越えている。30分程度の並びで済むなら、
また来ようかなって思うけど、そーでないなら
並びの辛さを忘れた頃、また。




大和カウンター

大和寿司
東京都中央区築地5-2-1 6号館
03-3547-6807


*** マラソン後はビールがウマイ! ***

並び2時間、飯15分という驚愕のペース配分。
並びが無ければお薦めです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タネは鮮度高く、素直に美味しいとわかる味。
うんちくはいらずに、そのまま食べてウマい!と思えるのがいいところ。
大和カンパチ






手がかかってるな〜とか、繊細だな〜とか思いながら、
緊張感漂うカウンターで食べるオトナ寿司もいいけど、
寿司リテラシー低めなボクは、正直この辺の方が
気楽に食べられるんだよね。フレンチの2万円は
そんなに恐くないのに、どーして鮨屋って敷居が高いと
感じてしまうのか。1万円くらいでそれなりに満足できる
そんないきつけが欲しいなぁ。
大和穴子






寿司を食べた後は、いつもの浅田水産で食材を揃える。
浅田水産






今回はアクアパッツア用にイサキと、なめろうようにアジを購入。
更におすすめの北海道の生ウニが、1500円くらいだったので、
2人で山盛りウニ丼しても単価850円とHAPPY指数向上の予感で購入。
浅田水産ユッキー





アジは4匹で350円くらい、イサキも1500円くらいだったので
うにを入れても3000円ちょい。うーん、安い。
もちろんイサキはおろしてもらってマス。
魚料理も覚え始め、益々楽しい築地なり。
浅田水産イサキ



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「3000円〜」ブログ

Priceless チョイワルミソジの食べ歩き 3000円〜のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる