Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS LA FARANDOLE (六本木) 66麓オトナの隠れ家フレンチ

<<   作成日時 : 2005/05/29 02:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鴨ロティ
この焼き具合、大好きです。
魚料理の方が美味しいと言う意見もあるが、自分的にはこれが正解。
バルバリー仔鴨のロティ、相当酔っ払っていたけど
インパクトあった逸品です。

この日訪れたのは、ラ・ファランドール。
六ヒルの斜向かい、外苑東通りを少し乃木坂方面に行ったあたりに
ひっそり佇むプチメゾン。かわいらしい外観とは裏腹に、
結構男前な料理が楽しめる秀逸なレストラン。

ランチは前菜2品、メイン、デセールまでついて¥5250。
いろんな種類の味を愉しみたいOL気質には、なんとも嬉しい
コース設定。

フォアグラ

フォアグラとコリコリした肉(山ウズラ?)に、コンソメの
ジュレを組み合わせた夏らしい冷菜。辛口のシャンパーニュと
ともに夏が待ちきれない想いを表現してみる。


ラビオリ
まりえとトモちゃんがオーダーしていた、
ラビオリとフォアグラの前菜。
メロンのスープを食べてる時につまんでしまったので、
「しょっぱい」という印象が残ってしまった。
マネジメント不足により、正当な評価ができませぬ(哀)


カルパッチョ
山口産鮮魚のマリネ。
絵的にも文句なし。
雲丹もついてるし、いとうらやまし。
これも夏らしいね。

どーして他人の皿は魅力的に見えるんだ!?


魚
「本日の魚料理。」
みなさん、どーだったんでしょが?
つけ合わせの野生のアスパラに話の焦点がいってしまって、魚のコメントは逃しました。
「アスパラがネバネバする」とのコメントのみがリフレイン。


鴨遠景

コレ、やばいっす。
今年の鴨の中でも指折り。
鴨肉のトップブランド、フランスのバルバリー種を使用。


オレの鴨にあわせたいがために、チョイスしたブルゴーニュ・ルージュ
Chambolle Musigny Chantal Lescure 2000
モレサンドニをオーダーしたが、あいにく在庫切れとのことなので、
ちと南下したエリア、シャンボール・ミュジニィをリコメンドされた。
ミュジニィ側(南側)は、繊細・華麗・はかなさを備えてる
とのことだったので、素直にのってみたんだけど、
いい感じで鴨が映えましたワ、魚のみなさん申し訳ない。


デセール
オーソドックスなデセール。
折角、鴨が男前だったで、もう少しパンチが欲しかったかな。。


外観


収容人数、わずか15名以下。
稲本シェフの丁寧な料理を味わうには
ちょうどいいキャパなんだろう。

桃のスープの時期に必再訪


ラ・ファランドール
東京都港区六本木7-19-1 
最寄駅 地下鉄日比谷線・六本木駅 徒歩8分
TEL 03-3479-0056
定休日 火曜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LA FARANDOLE (六本木) 66麓オトナの隠れ家フレンチ Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる