Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS シンガポール グルメ編 其ノ六 センソ 〔イタリアン〕

<<   作成日時 : 2005/07/18 02:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

センソ
るるぶ系のガイドブックはもとより、
大使館で貰えるガイドブックにもデッカく掲載されているイタリアン。

オサレな店が多く集まるチャイナタウンのクラブストリートにあり、
しかもそのあたりの“顔”的な存在と紹介されている。

モナコのアラン・デュカスや、フォーシーズンにあった
ビーチェ(現在は汐留に移転)でも腕を振るっていた
ディエゴ・キアリーニが総料理長を努める店。

中華のレベルの高さは充分に体験していただけに、
「イタリアンもいけてるんじゃないの」的な期待を
胸にタクシーで向かう。

外は激暑く3歩歩いたら汗だくなので、必死でタクシーから
店を探そうとしたら、思いのほかすぐに見つかった。

レセプションで名前を告げると、こじんまりした
美しい中庭を通り、店内に案内される。

外が眩しいだけあって、店内はかなり暗い印象。
ランチタイムには少し早いせいか、40名くらいは
軽くは入れそうな店内もお客さんはまばら。

リッチそうなビジネスマンのカップルと、
同じくビジネスマンと思しき男性3人組み。
それに日本人女性4人組みが目に入った。

モエをグラスでオーダーし、メニューに目を通す。
ランチコースは比較的リーズナブルでSGD$25くらい。
アラカルトだと前菜、パスタはSGD$20強、メインは
SGD$30ちょい。

基本はこの国に中華を食べにきていることもあり、
他でイタリアンの予定は無い為、迷わずアラカルトで
攻めることに決定。

センソスプマンテ
スタッフの対応はまぁまぁ。
この店に行ったのが旅の3日目で、それまでは特にハイクラスの
店に行ってなかったせいもあり、「ちゃんとしたサービスできるんだ」
と少し安心した。人によって差はあるが、オトナ仕様ではある。

時間と共に席が埋まっていく、後ろには20人くらいの集団が。
あんま料理好きって感じの人々じゃないし、平日昼間から合コン??


さてやってきました、前菜はポモドーロ。
ポモドーロ
まずは、一口....あ、アレ!?
このトマトなんかスカスカ、妙に塩気が強く全然ウマくない。
これでSGD$20って、ソリャないでしょ...
期待がショックに変わる瞬間だ。


次いで出てきたのがタリアテッレ。
センソタリアテッレ
モソっとした食感がショックに追い討ちをかける。
アラン・デュカスのとこで腕を振るっていたなら、せめてソースでも。
と期待したいところだが、特にソースも印象は無い。
やはりランチはグレードを落としているのか?
それにしてもマズイ!!っす。


ワインはバローロとキャンティをグラスで貰った。
グラスはリーデル、量もかなり多めに注いでくれる。
ただぬるいんです、コレ。シンガポールの常温って
30℃越えてますから。冷房で冷えている店内とはいえ
20℃は越えてると思うし、うーん、勿体無い。


メインのラム。
センソラム
ソースは結構良かったけど、
ラムの臭みがダイブきつく、ラム好きのオレでもちょっと...


ドルチェのティラミスはかなりのレベル、うまい。
外のテラス席に移ったけど、ここはかなりいい雰囲気、
暑いけど日陰なので短時間なら問題なし。
センソティラミス



生い話ですが、いざチェック。
グラスでシャンパンとワイン1杯づつ、
それに前菜、パスタ(シェア)、メインとドルチェ。
これで2人でSGD$308.日本円にしても2万円強。
うーん....正直この旅一番の外しでした。

シェフのディエゴ氏がランチ時はいないのか、
はたまたシンガポールのイタリアンのレベルはこの程度なのか、
他のイタリアンを廻っている余裕がなかったので、ここで
断言はできないが、そもそもイタリアンの競合店が少ない
ところを見ると、この国ではあまり上質のイタリアンは
期待できないのかも。

またシンガポール行った時にでも、どっかで試してみまーす。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンガポール グルメ編 其ノ六 センソ 〔イタリアン〕 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる