Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS オ・デリス・ド・本郷 (本郷3丁目) 3丁目の奇跡

<<   作成日時 : 2005/12/28 14:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

オデリスうさぎ

ボクの食べ歩き生活で、かーなりお世話になってる
Sinpさん(http://www.sinp.jp/index.html#)から、
うさぎの会へのご招待をいただいた。

最近はグルメネタはもちろん、カメラ師匠としも色々アドバイスを
もらっていた。どうやったらあの絵が撮れるのか、その違いを
見極めに行くというのも、たのしみの一つだったり。

にしても、オンラインの関係をリアルに落とし込むのは、
はじめての試み。高揚した気分でレストランのドアを開ける。


でも、まずびっくりしたのはマネージャーの山添さん。
「え、アレこの席ですか!?」みたいな。
そーなんです、こんなつながりもあるんです。
Sinpさんとボクのつながりは想定の範囲外だったようで。


いきなりリラックスさせてもらって、Sinpさんの
ご友人の方々にご挨拶。

あ、Erikaさん(http://www1.odn.ne.jp/erika/index.htm#hometop
じゃないですか! こちらの情報もかーなり参考にさせてもらってましたよ。
うれしーっす、初めての気がしない。



オデリスシャンパーニュ

みなさん素敵な食いしん坊だなと、
安心しつつシャンパーニュで乾杯。
いつしか合コンみたいな戦場よりも、
こういった席の方が落ち着く自分になっていた。
オトナになったのねー。


・・・つーか、ここんとこ全然合コンとか縁がないだろ! 

    (苦笑)ハイ、ご指摘ごもっともです。見栄張りました。



さて料理の方はというと、メリハリ利いてて
美味しかった!それにヒトにセッティング
して貰って美味しいものを食べるということが、
こんなに楽しいのかと再認識かつ新鮮でした。
ホントありがとうございます>Sinpさん

自分に選択肢があると、どうしても傾向が
偏るし、チャレンジもしないじゃない。
スマートにエスコートされる淑女の方々の
気持ちが少しだけ分かった気がします。
ヤローのエスコートの質って重要なんすね。
頑張ります。


前菜は根菜が、かなりタイプだったし、
魚料理は妙に牡蠣がヒット。メインである
強烈な個性のうさぎは、翌日になると
また食いたくなるようなボディーブロー系。
デセールはノエルメニューに確定らしく
これまた美味かった!

全く飲みきれてないけど、ワインも色々種類を
楽しめて、感激。特に自分では白をあんま
頼むことはないので、こういう機会はありがたい。

 ※Sinpさんのクロスレビューはこちら


そうそう、タイトルの3丁目の奇跡ってなによって。

や、なんかチキンライスの話になってさ、
「ボクも昨日食べてきました」なんて話してたのよ。
で、行ってたのは先のブログにも書いていた「海南鶏飯食堂2」。
Sinpさんから「何時頃行ってたの?」って質問に答えたら、
殆ど同じ時間にSinpさんも行っていたって判明。

「アレ、もしかして3名で奥の方座ってました?、帰りがけでコート
 着てらっしゃる際に、トイレ行くヤツとすれ違いませんでした?」
と問いかけるボクに
「トイレのドア開けるときにとまどってたでしょ」とSinpさん。

や、ビンゴです。前の日の食選択まで一緒だったとは。
そのうえ、チキンライス後に“トシ・ヨロイヅカ”ってコースも同じ。
ただボクは、あまりに食いすぎ&軽く酔っ払ったので
ヨロイヅカはやめたんだけどね。

食いしん坊魂のシンクロ。
まさか食事会の前日にニアミスしてたとは。

そんな偶然が発覚した本郷三丁目の奇跡でした。

      
オデリス外観


オ・デリス・ド本郷〔Aux Delices de Hongo 〕
TEL: 03-3813-1961
〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-15 1〜3F
http://www.de-hongo.com/


***堪能した3丁目のランチはこちら***


まずはシャンパーニュで乾杯。
GONET MEDVILLE Brut PERLE NOIRE BISSEUIL 1er CRU
(シャンパーニュ)

小さな造り手らしく、複雑なブレンドのようで。
見た目と裏腹に、口に含むと元気な泡。
なかなかのギャップ、モテ系か。

このボリューム感はアミューズにあわせてとのこと。


・フォワグラのガトー仕立て オニオンのピューレとビーツのスープ
オデリスアミューズ

フォアグラのねっとり感とサクっとしたブリオッシュの
組み合わせは、当然アタリ。
間に挟んであるビーツの食感と色がエロイ。

なるほど、シャンパーニュとのバランスはgood!




・北海道産四年物天然帆立貝のグリエと旬の無農薬野菜、アンチョビソース
オデリス前菜

根野菜が特にウマイ。 肉100%な若き日も遠い昔、今は野菜がヒットすると
かーなりいい気分。冬とは思えないようなカラフルな野菜たち、アマーーィ♪

中央に鎮座するは四年物の北海道の帆立。
え、帆立●年モノなんて格があるんすか!?
分厚いからといって決して大味ではなく、
旨みが詰まっている。

あわせたワインはこちら。
2004 Domaine Bott Geyl Gentil d'Alsace
オデリス白アルザス

ミュスカデ、シルバネール、リースリング、ピノブラン、ピノグリなどなど。
でも飲み心地はそんな複雑ではなく、素直な感じ。
単体だとサッと消えてしまうんだが、微妙な甘さが野菜とマッチ。
絶対自分じゃ選べんわ。この出会い好き。



・サラフン風味のラザニアに包まれた海の幸 香草バターソース
オデリス魚

かき、白子、ムールなど、魚はソイ。

で、ソイって何? 
調べてみた。

カサゴ科の一種で、キツネメバルともいわれます。
体長は20〜40センチぐらいで、体の形はメバルに似ている。
上品な脂の乗った見離れのよい肉質が特色

牡蠣の出汁を使ったソースからは、上品なんだけど
自然の力強さも感じれてタイプ。
ソイの食感とか味とかあんま覚えてないなぁ..勿体無い。
牡蠣が旨かったのが印象的。

ワインも相性が良かったんだが、ボクのキャパ的には
この辺が限界値。うーん、もっと飲めるカラダが欲しい。

Chablis Premier Cru La Forest 1998 Vincent Dauvissat




・フランス野ウサギのロワイヤル仕立て
オデリスうさぎ切

本日のメイン リエーブルです。
写真は明るめに撮ってるけど、相当ダークブラウン。
見たまんまの濃厚な香りが漂ってくる。

奥にチラっと見える白い付け合せは、
根セロリのピューレ トリュフ入り。


さーて、食えるかな?
周りの固い部分にナイフを入れ、
中のモワモワの部分もフォークにのせて、
まずは一口。

ア、思ったよりは癖を感じない。
ただ相当主張してるけどね。
やっぱ、すんげー逞しい。
もう一歩いっちゃうと、ボクはダメかな。

半分くらい食べ進めると、さすがに重くなって
くるんだけど、ここでピューレが大活躍。
いいアクセントになって、また次の一口が
食べたくなるんです。


ちなみにこの料理、Sinpさんのメモを借りると
「うさぎの腹に、豚脂、キノコ(トランペット)、
ほうれん草など、リエーブルの小片肉をいれて巻いて。」
前日から料理をしているということで、非常に手のかかったもの。

シェフの説明を聞くと、ソースはフォワグラに鹿の出汁も
入れているとのことで、前のお店で出していたときよりも
美味しいという自信作。


完食したときは、お腹イッパイでもうダメ〜と思っていたが、
翌日になると、このうさぎの味が蘇ってきて、
「うーん、もう一口アレが食べたい」と欲求が沸いてくるんだよね。

これを書いてる今でも、味や歯ごたえがキッチリ反芻できるんで、
このイメージをおかずにしてパンが食えそう。

この日の主役は、こんな記憶に残る一皿でした。



オデリスうさぎ弾

アレ、固ッと思ったら、散弾銃の破片が。
一瞬、歯の詰め物が取れたかと思った、
フゥ〜、良かった。歯医者いかなくて済んだ。



オデリス赤ワイン

合わせた赤はこちらのローヌ。
好きだな、コレ。買ってみようっと。
Chateauneuf du pape la caru Domaine Vieux Telegraphe 2000



・とろけるようなチョコレートとイチゴのケーキ ピスタチオのアイス
目覚めたら、というより起こしてもらったら、目の前あったデザート。
美味しそう!と、飛びついて食べてしまったのでNo Photo、ハハハ。
しかも最後に食べ初めて、誰よりも早く食べ終わってるし。

シェフが試行錯誤の末、この日の朝に辿り着いたという苦労作。
クリスマスにぴったりなイメージ。
いちごの酸味がチョコやアイスの甘さを引き締めて、
さっきまで落ちていたボクの眼もパッチリ!



あー、楽しかった♪初めての参加なのに、
こんなに素でいいのかな。ま、いいや。

料理もよかったし、ワインも色々楽しめた。
ただワインが飲みきれない自分がホント悔やまれてならない。
こればっかりはDNAレベルの問題なので、どうにもならんのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オデリスド本郷へ
親戚の法事の帰りに、 オデリスド本郷に行ってきました。 ベビーリーフをとっていただけるとのことでしたので西村シェフにご挨拶です。^^ 茨城の有機野菜をつかったサラダランチを頂いて、 シェフから「やわらかプリン」を頂戴しました。^^ じつは、2年前に西村シ.... ...続きを見る
おみたまブログ
2006/01/30 12:41
オ・デリス・ド本郷
某氏のブログで大絶賛されているのをみて、一度行ってみたいと思っていたお店。 でも、わざわざ本郷に、このお店目的だけで出かけるのもなぁって感じだったのですが、ちょうど所用で本郷へ行く機会に恵まれた。 そうだなぁ、お店の雰囲気としては、六本木のアクシスビルの中にあるブラッセリー・ヴァトゥ と似ていて、そ... ...続きを見る
レストラン・飲食店ガイド
2006/08/05 20:21
AUX DELICES DE HONGO(オ・デリス・ド・本郷)の「茨城県ひたちなか市から届いた無農...
左:茨城県ひたちなか市から届いた無農薬サラダ→お肉屋さんのサラダと魚屋さんのサ... ...続きを見る
まろまろ記
2006/12/09 06:31
オ・デリス・ド・本郷
オ・デリス・ド・本郷 (フランス料理 / 本郷三丁目) ★★★★★ 4.5 ...続きを見る
欲望のままに我儘にぃ〜
2007/02/06 13:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ウサギ美味しそう・・・・野ウサギとラパンって全然味わいが違うらしいですね。
ウサギ自体は日常的にイタリア在住時に食べたのですが、野ウサギ未体験なので食べてみたい。
これってオデリスド本郷でも特別オーダーなん
Pecora
URL
2005/12/30 21:04
pecoraさん、あけまして
おめでとうございます。

リエーブルはメニューには無いですが、
予約時にお願いすれば、食べられる
はずですよ。

シェフの得意料理らしいので、
是非お試しになってください。
kyah朕
2006/01/01 22:32
あわわ。コメント途中で切れていました。
失礼致しました。
明けましてオメデトウございます。
今年も綺麗な写真の食べ歩記楽しみにしておりす。
Pecora
2006/01/02 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オ・デリス・ド・本郷 (本郷3丁目) 3丁目の奇跡 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる