Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS フェア・ドマ(日本橋) 最短レコード樹立

<<   作成日時 : 2006/04/17 12:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

馬ビステッカ縦

ランチからディナーまで、最短1週間で再訪した店。
フェア・ドマ(←前回のランチ)


味・雰囲気・目的・予算・スケジュール・・・
簡単に再訪っていっても、こんだけ行きたいお店が多いと
なかなか実現できてないというのが実情なボクら。
なのでこの店は単に好きってだけでなく、ボクラと
縁があったのだろう。

多忙な友人達とスケジュールを調整し、
満足いく時間が過ごすという、フツー
だけど、すんごい大事な「贅」。

土日休みなウチやユッキー家と違い、
イツキマン家が揃うってのは、
あんま無いこと。




前菜盛合わせ

なので、この日のメイクは気が抜けない。
なんせ口の悪い友人どもなので、
ヘタに手を抜いたり、ハズしたりすると、
後世まで何を言われるかわかったもんじゃないからね 笑


そんな中、バッチリはまった
ディナーメイク。
今宵はいい夜だったね〜と
満足して帰る友人の顔を見るのは、
地味だけど結構嬉しいことだったり。
PIPPO

(その名もフィリッポ・インザーキ シンプルなフルーツトマトが旨い!!)



こじんまりしたオーナーシェフの店なので、
サービスも均質というわけにはいかないだろうし、
色々好き嫌いもあるだろう。

でもこういうリストランテは、その個性
含めての評価なので、ボクら的には、
いい・ワルイという尺度より
「好き」「キライ」という尺度で、いいと思う。


んでもって、かなり「好き」。
メニュー



フェア・ドマ
〒103−0023
東京都中央区日本橋本町2−1−14 石橋ビル1F
TEL・FAX 03−3272−5208



*** イツキマンからも次いつ?と
   催促されるフェアドマのDinnerとは ***


--------------

この日は大学系つながりの、3家族が勢揃い。
ゆっきーとはほぼ毎週会ってる気がするが、
いつきまんとは、何気に今年初めてとのこと。
10年を超える付き合いになると、3ヶ月
くらいのブランクは、無いに等しい。


さ、ディナーはどんな構成なのかな〜
早速メニューをめくる。
シェフお薦めのコースと3皿のプリフィックスの
2種類があって、ともに¥5200。
もちろんアラカルトでもオーダーできる。
前菜盛合わせ寄り



この日はプリフィックスにしたんだけど、
前菜は適当に言えば、出来る範囲でわがままを
聞いてくれるとのこと。
テーブルで協議した結、果本日のお薦めに並んでいた、
 ・沖縄産あぐー豚で作った自家製ハム
 ・熊本産馬肉のカルパッチョ
 ・青森産帆立のまるごとコンフィ
をセレクト。



写真を撮りながら、みんなのコメントが聞こえてくる。
思いのほか「あぐー豚のハム」が繊細な味なので、
馬に行く前に、ハムだ!という意見が多い。
こんな写真をとりつつ、じゃ、あぐー豚からと
脳のスウィッチを、ハムのあたりに合わせておく。
前菜盛合わせアグーハム

おー、確かに塩は控えめで、豚の脂が香ばしく旨い。
食べ終わるのが惜しくなるあぐーのハムだ、コリャ。
塩加減が軽いので、優しい泡にぴったり。
ちなみに、スタートはこないだと同じプロセッコ。



次いで、濃厚な馬のカルパッチョへ。
新鮮な馬のなせる業、全く臭みは無く、
凝縮された旨みをただただ味わうのみ。
ハラっと撒いたチーズがいいアクセント。
前菜盛合わせ馬カルパッチョ





ほたてのまるごとコンフィ。
結構食べ応えあってうれしい。
前菜盛合わせほたて




白はスロベニアに近い北のモノ。
VIGNA PETRUSSAのSauvignon
赤ボトル

グレープフルーツのような味、
女性陣タイプのようで。
結構、香りと味にギャップがあったような。




次いで展開はパスタに。
ボクとユッキーは“PIPPO”

フルーツトマトとパルメジャーノ レッジャーノの
シンプルな組み合わせなんだが、コイツが旨い!
この写真はすっぴん。上の写真が完成系。
その名の通りインザーキにまつわるパスタ。
彼が試合の前に食べるというのがコレらしい。
もっともそれはフルーツトマトが別添えらしーのだが。
PIPPO素



こちらの「嘘偽りの無いトゥレネッテのバジリコ・ペースト和え」も
かなりの官能系だが、麺の固さ、つるん具合でPIPPOが
頭ひとつ出ていたかなと。テーブル内でもだいたいそんな評価。
ジェノベーゼ




りかちゃんが選んだのはこちら。リグーリア風の焼パスタ。
地鶏とくるみのクリームソースで...って、寒い日には
ドストライクなアイテムですな。あの味を家で出すには
どーすりゃいいの? パスタはちょい厚めで香ばしく
焦げ目の味とかモチっぽい。
前菜盛合わせ焼パスタ



赤ワインはコルシカ島のこちらを
2003 ドメーヌ・コント・アバトゥッチ
DOMAINE COMTE ABBATUCCI
白ボトル

コルシカ島って名前から、勝手にもっと力強い
タイプをイメージしたのだが、かなり繊細で
結構タイプだったり。


そんなボクと、ユッキーのセコンドがこちら
熊本産馬ロース肉のビステッカ
もうちょい濃い感じかと思ったが、
こちらもカルパッチョ同様、濃いんだけど
変な癖が無いから、旨みとしてバクバクいっちゃう感じ。
柔らかさ、歯ごたえもばっちし。
へー、思いのほか繊細じゃないっすか、お馬さん♪
馬ビステッカ




いつきまんオーダー
短角牛のハラミのバベットステーキ
旨いけど、サプライズは無し。
そりゃ直球勝負でしょ、コレ。
短角牛はらみ




りかちゃんは、こちらの鶉。
ジェノバ名物 にんにく鶉ロースト フェアドマ風。
ちょっとコレ、潔くていいんじゃない。
次回来たら食べてみようかな。
こいつを核にメニュー構成組む感じで。
鶉引




まりえとともちゃんのセレクトがこちら。
ロワール産仔ウサギのリグーリア風白ワイン煮込み。
うさぎ





ドルチェは、ババにピスタチオの
アイス合わせたんだっけななぁ...
合わせたアイスまでは記憶に無い。
メモも無い。つーか、この頃は
かなり現世をさまよい系でうつらうつらと。
ババ



結構、予約が取りにくくなってるようだけど、
やはりサクッと再訪したいところ。
GW前になんとか時間作りたいなぁ...
って、他にも行きたい店リスト自体が、
キャンセル待ちで行列気味だが。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェア・ドマ FEA DOMA @日本橋 (イタリアン)
日本橋と言えば、室町カレーとかミカド珈琲のモカソフトとかしか知らなかったのですが ...続きを見る
東京右往左往
2006/08/12 09:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
The poor girl, and, what a finished manner Miss Merton, you missed me, my father, a spark of the character of our examinations.
buoy data
URL
2006/12/19 22:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フェア・ドマ(日本橋) 最短レコード樹立 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる