Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS オリビエ (学芸大学)クリティカルヒット!

<<   作成日時 : 2006/05/15 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

オリ15

先日の食事会で、ある店のシェフから
CP抜群ということで紹介されたレストラン。
学芸大学ってのが、これまた素敵。

速攻でメンバーを集めランチへと。
メンバーは、いつものユッキー夫妻、
イツキマン夫妻というナジミ系。
ヤロー共はこぞって春を意識しつつ、
白やピンクで主張し合う。
なんて自分大好きなオトコ共だ 笑


学芸大学から徒歩2、3分。
店の雰囲気はこじんまりしてて南仏風。
といってもポップすぎたりするわけでなく、
ちょい明るめの印象を与える感じ。
ちなみにオ・デリス・ド・本郷と同じ
デザイナーの方が出がけたそうで。
オリ5パン&泡



ランチメニューは3種類
 ソレイユ  1800円 前菜/メイン3種類のプリフィックス
 ラベンダー 2600円 前菜/メイン5種類のプリフィックス、スープ
 リヴィエラ 3500円 シェフおまかせ 前菜に魚/肉がつくタイプ

"ラベンダー”のメニューがあまりに魅力的だったので、
リヴィエラに惹かれつつも、多数決で決着。
オリ17店内




料理はとにかくCPがいい!
味もプレゼンテーションも2600円なんて
信じられないレベル。こないだのフェア・ドマも
CPいいなと思ったが、ここは学芸大学という
地の利を生かして、更に上をいってる印象。

前菜の仔鴨のカルパッチョは、文旦の苦甘さと
絶妙なマッチング。さっぱり甘いスパークリング
ワインとの相性も良く、ボク的にはかなりヒット。
オリ10カルパチョアップ



スープ好きなので、きちんとスープが
ついているのも、相当嬉しい。
もちろん好き、言うまでもなし。


メインのホロホロ鶏も豚足詰めだったり。
マスタードのソースもマジでうまい。
ガルニの野菜もイケてます。
重そうだけど、胃にはもたれないんだよね〜


お店のキャパは20人程度。
地元っぽいご夫婦や、リアルに
普段着のカップルなど、肩肘張らない
雰囲気も魅力だが、軽くドレッシーでも
もちろんOK。そんなユーティリティの
高さも、この地に根ざしてる感があって好印象。
オリ19店内グラス



やっぱいいねー、このあたり。
次住むのに狙いたい!

*** 既に次回のディナーも予約 ***



ーーーーーーーーーーーーーーーー

この日いただいた2600円のランチ、
恐るべき内容。うーん、普段払い過ぎ?
オリ2テーブルセット




■前菜
・フランス産仔鴨胸肉のカルパチョ
 土佐文旦のコンポートとタップナードソース
オリ8カルパチョ引


 鴨肉に甘いソースが合うのは想像つくでしょ。
 ここで文旦がいい仕事してんのよ。最初は
 甘いんだけど、あとから立ってくる苦みが
 ちょうどいい感じで、野菜の苦みにバトン
 タッチされるわけ。
 スパークリングワイン→文旦→鴨→野菜と
 流れるような展開は、益々食欲を加速させ
 ちゃいます。




・南仏スタイルの田舎風お肉のテリーヌ
 パルマ産生ハムのサラダ添え
オリ6テリーヌ引き



 結構なボリュームのテリーヌ。
 ズッシリした感じで、好印象。
オリ7テリーヌ寄



 やー、コレもしっかり旨いです。
 こういった定番系に力が抜かれてないと
 安心するというか、期待が膨らむというか。




・帆立貝の瞬間薫製とフルーツトマト
 インゲンのジェノバ風
オリ9ホタテサラダ


 イメージしていたものとは、だいぶ違った
 形でサーブされた意外形。もちろんいい意味での
 サプライズといった方向。


このあたりで合わせてた白。
コートドプロバンス サンボトル
ナッツっぽい香り、のどごしはキリっと辛口。
もうちょい高くても納得な味


オリ11パン





■スープはポロ葱のカプチーノ仕立て
オリ12スープ

 ポロ葱のスープってだけでも、かなりヤラれ気味だが
 追い討ちをかけるようにカプチーノ仕様。丁寧に作られて
 いるな〜と、しみじみしながらいただきました。



■メイン
・ブルターニュ産ホロホロ鶏モモ肉の
 豚足詰めロースト ジャンボネット仕立て
オリ16ホロホロ引

 これも結構期待以上。
 マスタード風味のソースが食欲をそそる。
 ボリューム感をしっかり感じつつ、
 食後はあっさり。コレ、オレの理想型だわ。

 ※ジャンボネット
   肉などの詰め物をして洋梨のような形にしたもの
   鳥(鶏、鳩、小鴨)のモモの部分に詰めものをすることが多く、
   ジャンボンという豚モモ肉のハムからきた料理用語



・牛ほほ肉のトマトとオリーブを使った
 プロヴァンス風やわらか煮込み
  若干記憶に自信が無い時間帯だが、
  誰かがエラく満足げな表情をしつつ
  「旨いよ、コレ」といっていたような。
  写真は無いみたい。


・モッツアレラチーズと大葉を挟んだ
 七面鳥のカツレツ
13七面鳥

 ちょいといただいた部分は、しっかり火が
 入った部分だったんだけど、こちらをオーダー
 した主からは、レアが凄くキマってて美味しいと
 魅惑的なコメントあり。オレもその部分が気になる。



 見た目はそんな代わり映えしないような感じだけど、
 テーブルでは評判良かったなぁ。
オリ14七面鳥寄



メインにはこちらのおすすめ赤ワインを。
ドメーヌ・ド・ニザス ランドック
スパイシーな香りとうらはらに、思いのほかエレガントな
口当たり。ブルゴーニュ好きなボクでも、全然アリな
優しく優雅な感じ。モナコのルイ・キャーンズでも
リストインしてるとか。シラー60%



・デザートは3種類の盛り合わせ
 メレンゲのアイスクリーム、マドレーヌ
 ベリーのヨーグルト
オリ18D盛合


 どれも丁寧な仕事です。マドレーヌとか
 地味だけど確実に旨かったり。



お店の外もこじんまりしたいい感じ。
ホスピタリティも素晴らしい。
こないだフェア・ドマにあったときの
喜びとおんなじくらい、そんくらい好き。
ここも再訪まで、超短いし。
オリ20外観




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして^^
先月くらいから時々拝見しては参考にさせていただいています。学大のオリビエの情報いただきましたっ!ありがとうございます。近所なので是非とも近々行ってみたいと思います。これからもフレンチ情報を期待しています。
ひな
2006/05/17 09:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オリビエ (学芸大学)クリティカルヒット! Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる