Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS リストランテ・ダ・ニーノ (乃木坂)ここはシシリア?

<<   作成日時 : 2006/05/25 12:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニーノソース

忘れもしない去年の11月のことだ、事件は起きた。
まずは何も言わず、この記事を読んでくれ。



ちょうどその日はトモちゃんのBD、
ジョージアン・クラブでユッキーに
お祝いをしてもらったトモちゃんらは、
西麻布にいたオレらと合流したんだわさ。

しばらくくっちゃべった後、
平日だからと、ちょっと早めに帰ったオレ。
なんと、すぐその直後に事件は起きた。


ニーノさんの店の前で、偶然会ったジローラモ。
花束を持つトモちゃんをめざとく見つけ、
友人たちもろとも ニーノさんの店に招き入れたそうな。
するとおもむろにフェラーリを空けるパンツェッタ、
はじめて会った友人たちに、当たり前のように
祝杯をあげてくれたという。

粋過ぎるよ、パンツェッタ!!
ニーノ1ミスト




とまー、素敵なイメージの詰まったニーノさんのリストランテ。
もちろん実力も確か。イタリア大使館へのケータリング歴も長く、
イタリア人をしてイタリアですら食べられない店と言わしめることも。
 ※「人生の調味料」hirorentinaさん談


で、先日行こうかなぁと思ったら、ニーノさんが辞めちゃったって言うじゃない!?
「え、なんで、店名にまだニーノさん掲げてるじゃん」って思ってたら、
乃木坂に新しい店を出したという話が聞こえてきて、時を同じくして
西麻布の店からもニーノさんの名前は消える事となったのだ。




とはいうものの、ダイエット宣言を高らかと掲げる当家。
しばらくは外食は控えようと夫婦間協定を結んでいたのだが、
1本の電話でその協定は破られる事に。

久々の登場、グルメランキング TOPの"マサ中村氏”だ。
「明日、札幌帰るから、今晩食事しましょうよ!」
ブログを見たら確かに東京入りしてるじゃないですか。

ん、コートドールも行ってるようだし、
フレンチチョイスは辛いのでは、と推測した我ら。
じゃ、いつものようにとイタリアンに決定。

ヴィニタリアは当日じゃ深夜系だし、フェアドマはGW中。
おー、そうだ、乃木坂のニーノさん、あそこっきゃないっしょ!
なんとかカウンター席が3席押さえられ、全くの雨服で
乃木坂に向かう事に。

現れたマサ中村は、ピンクのパンツにストライプのジャケ。
うー、完全に衣装負けだ。ふ、不覚...
ニーノまさ&まりえ





お客さんにイタリア人が多いってのもあるけど、
マジで、ここ日本じゃないね。客層もカッケー大人が多く、
この日のまりえは間違いなく最年少。
だからといって、トゲトゲした雰囲気があるわけではなく、
一人で行っても迎えられるようなそんな脱力感もキチンと
兼ね備えているんだよね。最近行ったイタリアンの中では、
ダントツでカッコいいかも、ココ。
ペルゴラのかっこよさは、男子と女子の絡み合いに最適だが、
ここはこの日のように、友人同士でオサレかつ楽しい夜を
過ごす上で、最適な舞台と言って差し支えないだろう。
ニーノ3パスタアップ





料理は、イタリア人たちのお墨付きって事実が物語っている通り、
なんともまっすぐなイタリアン。東京イタリアン的な解釈ではなく
イタリアの”ウマい”を、そのまんま表現している小細工なしの直球系。

ほどよい距離感の店内は、自然と活気が立ちこめる。
店の外に出てもその余韻が続くので、思わず乃木坂って
ことを忘れそうになる。最近、直球イタリアンを忘れ
かけていたので、ひさびさに南伊魂に火がつきました。
あー、シシリア行きてぇよーーー
ニーノ5カウンター


Ristorante da Nino
東京都港区南青山 1-15-19
グランドメゾン乃木坂1F
Tel & Fax : 03-3401-9466
http://www.ristorante-da-nino.jp/


*** 眼にも胃にも直球イタリアン ***


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずはマサ中村氏との久々の再開を、
プロセッコで祝う。
ま、いつもブログはチェックしてるので、
あんま時差は無い感じ。


ちなみにこのプロセッコ。
ボトルで4000円と、リーズナボー。
パンは自家製かな、モチっと感も甘みもタイプ。
ニーノ続1パン





前菜は千数百円から3500円程度。
結構見慣れない料理もあるし、初めてだから
どーしようかなと決めかねてると、カウンター越しに
ニーノさんがアンティパストミストを提案。
何種類くらい欲しい?の問いに、いくつか
こちらのリクエストを伝え、後はおすすめを
盛ってもらう事に。
ニーノ続2まぐろカウンター





この中でひときわ存在感を放っているのが、北海道産のまぐろのピスタチオ焼き。
ほかにはマンマから教わったブロッコリ、レーズンの入った卵焼き、
カポナータ(冷製、野菜の煮込み)、メカジキのアグロドルチェ、
ズワイガニのフリット。
ニーノ続3ミスト


多分、これで一皿4000円くらいなんだけど、この豪華絢爛さ!
マグロもサシが美しく入っており、北海道から来たマサ中村さんも
「コレはうまいよ」と歓喜の言葉。しかもボリュームすげーし。
カポナータは、言うまでもなし。こういうとこで底力感じるよね。
ちなみにズワイガニのフリットもすばらしい味とボリューム。
こんな楽しいアンティパストミスが、日本で食べられるとは驚き。



喜びのあまり、分身するマサ中村氏。
美味しいものを、食いしん坊同士で囲む幸せ。
オトナって、こんな楽しみがあるんだって、
子供の頃は想像すら出来なかった。
オトナ最高!! イヤ、マジで 笑
ニーノ続4マサ分身





続いてパスタは2人前を3人で。
アンティパストミストがあのボリュームだから、
これくらいでちょうどいい。
ニーノ続5パスタ





左は、シシリア名物、揚げなすとリコッタシチリアーナのトマトソース リガトーニ
右が、トラパネーゼカサレッチャ
ニーノ続6パスタアップ





ひとつひとつが、噛みごたえあるリガトーニ。
シンプルゆえに、パスタとしての本質的な美味しさが問われるところ。
デコラティブな装飾に頼らず、ただひたすらにウマいを追求した
ある種ストイックさすら感じる一皿。簡単そうで、この歯ごたえ
出せないんだよなぁ。満足。
ニーノ続6ペンネアップ






続いて、このひねった形の珍しいパスタをいただく。
”トラパネーゼカサレッチャ”なるモチ感の強い不思議なパスタ。
ワインにもよく合うけど、このソース何ていってたっけ?
ちょっと生臭さもあったりするも、バジルの方が強く
全体とするとワインが進むんだなぁ、コレ。
シシリアの伝統的なパスタらしーっす。ヤバい。
ニーノ続7パスタアップ





なんとか、セコンドもいけそうな確信を持てたので、
仔牛のピッツアイオーラを1.5人前オーダー。
肉の上にチーズをのせて、トマトを付け合わせていただく料理。

おもむろに巨大な牛肉に包丁を入れるニーノさん。
え、コレ、まさか、1人分があのボリューム!!?
ニーノ4と肉塊





嬉しいような、ムリだよ〜的な葛藤を心に抱えたまま、セコンドを待つオレ。
ん、調理法的にも皿数的にもコレがオレらの料理かな。一同注目。
ニーノ続8盛りつけ






まるで、ボクのお腹を見透かしたかのように、
程よいポーション。いただきまーす!
ニーノ続9肉





予想通りシンプルな味。南らしく直球系。
赤に合わせてグビグビ行きたいんだが、ワインの
許容量をそろそろオーバー。
それにしても肉のポーション丁度いいな。
ニーノ続10肉断面





お腹いっぱいだよーとため息をつくも、
一同筋金入りの食いしん坊ですから。
当然ドルチェのメニューを開いた瞬間、先頭モードにはやがわり。
「米フェスティバル」らしく、フォンダンショコラっぽいものの
中にライスが入ってる魅惑的なメニューもあったらしいのだが、
さすがにそこまで余裕は無く、マサ中村氏とまりえはピスタチオのジェラート。
滅茶濃厚で、モチーリしてんのね、なのでなかなかドロっといかないのだ。
ニーノ続12ピスタチオ





カッサータ シチリアーナなるドルチェ。
これも外側にピスタチオのクリームが
アクセントで添えられているのだ。
見た目より軽く、サクッといただける。
ニーノ続13ケーキ





最後に店の外で。
にしても、オレ服イケてないなぁ..
雨対策で、なんも色気添えてねーよ。

つーわけで、マサ中村氏とまりえに注目あれ。
ニーノ続14外



そうそう、こんだけ食べてワイン2本空けて、
なーんと一人11000円くらい。
食後感もパーフェクト。
お勧め度ではフェアドマクラス、いやそれ以上か。



ランキング1位 マサ中村ブログとクロスレビュー展開中

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
リストランテ・ダ・ニーノ (乃木坂)ここはシシリア? Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる