Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS イカセート風の作り方

<<   作成日時 : 2006/08/11 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ラタエッグ1

あまりにもヒットだったので、早速家で復習したラタトゥイユ、
手軽にできるし友人にも好評なので、PARTYメニューの定番に。


こないだの料理教室レビューでは、作業に夢中になって写真を撮り忘れってたので、
全然作り方が紹介できなかったんだよね。なので今日こそイカサマ完成までの
道のりを、まとめてみちゃいました。
イカサマ完成


さ、今日もデブ万歳 笑 blogランキングへ




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


素材は気分でザクザクと。茄子、ズッキーニ、カラーピーマンなど
ラタ素材





ポーチドエッグ、水流の中で形を整えるの図。
「できるだけ水流が強くなるようかき混ぜて」
「卵は水面スレスレからど真ん中に一気に投げ込め」
ポイントはこの2点。
ポーチドエッグ





ラタトゥイユの上にポーチドエッグがのかった瞬間。
面倒なときには、これだけでも充分ウマいし。
ポーチドエッグのせ






ソースを加え、赤こしょうとタイムでドレスアップ。
この2アイテムだけで一気に家のテーブルが華やぐんだよな。
ポーチドエッグ完成






まず最初にアイヨリを作っておく。
卵黄一個に対し、すりおろしたにんにく10g、
オリーブオイルは150mlくらい。
にんにくおろしように西洋おろしがねを
買ったんだけど、アレ、マジでやばいわ。
かっぱ橋で2800円。いい買い物できました。
アイヨリ






今が旬のするめいか。皮を剥ぐのが結構面倒なんだよね。
ま、コレも慣れなので、今ではだいぶスラスラできます。
いいとこだけ輪切りにして、後は細かく切り刻んで別にしておく。
イカ剥き





オリーブオイルでたまねぎを炒め、つづいてにんにくを加えて香りを出す。
たまねぎ





細かく刻んだイカを加え、白くなるまで炒めます。
たまねぎイカ





トマト、トマトペースト、それに白ワインを加えて20分ほど煮込む。
アルコールを飛ばすために、まず沸騰させるのを忘れずに。
(って、ボクはよく忘れるので、メモ。)
イカ煮込み始め






輪切りにしたいい部位のいかの切り身は、オリーブオイルで
さっと炒めた後に、煮込みの中へ。ざっと10分ほど煮込めばヨシ。
イカオリーブ






火を止めた後にアイヨリと塩、こしょうで味を整える。
塩、こしょうを忘れると味に深みがでませんよ
(って、塩、こしょう忘れて友人に振る舞ったオレ。)
イカ煮込み完成






バターライスとの組み合わせが最高。
バターライスは、バターでたまねぎを炒めた後、
無洗米を半透明になるまで炒めるのね。
その後に、コンソメ、サフラン、塩、こしょうで
味を整えて、炊飯器で炊き上げる。
バターライス






最後に、残ったアイヨリをソースの上にかけるんだけど、
この部分がまたウマいのよ、いい感じで。
食べたヒトにしかわからないだろうけど、
アレって、マジ癖になるよね。
セート風完成





夏なのに痩せねーと思ったら、
こんなに食べてんだモンんな...
ソリャ、ダメだワ →blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
イカセート風の作り方 Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる