Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS オマージュ (浅草)オリヴィエ並のCPざます!

<<   作成日時 : 2006/10/05 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

OMピジョン

えりかさんとオマージュでランチ。


”お食事しましょー”って話になったんで、
迷わずえりかさんのホームの浅草を指定。
かっぱ橋にでも行く用事がないと、
なかなかこの辺の開拓できないんでね。

フレンチ食べ過ぎで疲れ気味の胃なので、
居酒屋って選択肢もあったんだけど、
前から訪問したかったオマージュに
行ってみたい想いには勝てず 笑

こじんまりした店内は予約でいっぱい、
いい感じのサイズの店内。
個室も含めて20席くらいかな。
ランチは2000円と3000円くらいのコース。

3900円のシェフのお任せコースだと、
夜の素材と同じコースが食べられるんだよね。
ランチマニアには、たまりません。
OMフォアグラカット




コースの内容を聞くと、メインがピジョンで、
前菜がフォアグラ、魚がアンチョビ系の
ソースっていうんで、惹かれまくり。
OM魚アップ





えりかさんも日記で書いてたけど、トップの写真の
ピジョンはガチウマ。赤身はオーブン100度で
だましだまし火を入れたという、愛がこもった逸品。
1人分は半身だったんで、色々な味を楽しめちゃった。
(ちなみにこちらは1000円増しね)


デセールは黒イチジクがゴージャスに並ぶタルト、
女性陣が歓声をあげているうちに、2秒くらいで
画角を決めてシャッターを押す。上にドーンと
乗ったアイスが漢(オトコ)心をくすぐります。
黒寄




学芸大学のオリビエのシェフとフランスの修業時代に一緒だったという荒井シェフ。
勝手にもっと年上の方かと思ってたら、意外にメチャ若いんですね!
花嫁募集中の荒井シェフは「続き」に登場
OM外観


レストラン Hommage (オマージュ)
住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草4-43-4
TEL: 03-3874-1552

営業時間:
 ランチ
  11:30〜LO13:30
  土・日・祝日
  12:00〜LO13:30

 ディナー
  18:00〜LO21:00

定休日: 月曜日

***

今週末は比較的のんびり。
カメラ修理中なんで、あんま
アグレッシブに動く気がしないし。

いや、恐るべし、
カメラオリエンテッドな
ミソジライフ。

おかげで皇居2週ひさびさに走れた〜、
っていっても、何故夏に太ったオレ?
blogランキング



ーーーーーーーーーーーーーーーー

当家はボクもまりえも、結構歩くのは好き。
それが浅草のようなフォトジェニックな町だと尚更(コレはボクの場合のみ)。

この日は快晴で絶好のカメラ日和だったんだけど、
疲れが溜まっていたせいか、目覚ましの時間に起きれず。
浅草の1個前の田原町で下車してそっからタク。

毎年、隅田川の花火大会の観賞会場となっている友人の家の
そばなので、なんとなく土地勘が働いて。場所は浅草寺から
さらに北上した感じ。なので駅から歩いたら15分くらいかかるかも。
OM入店





ドアを空けると右側に厨房の活気を感じながら、細い廊下を少し進みます。
左に折れたところがホールになっている。こじんまり加減が超タイプ。
OM入店右





えりかさんと泡で乾杯して、「北海道マジいいです!」と、
伝道師バリに話だす。だって、美味しいの好きな人には
知って欲しいんだもん。アツく語りすぎたかも 笑

 
んでもって、こちらは1品目のアミューズ。
あ・・・、話に夢中だったせいか記憶が今ひとつ、かたじけない。
アミューズトマト





2品目のアミューズは、ピンクグレープフルーツベースの
シャキッとするタイプ。イギリスの方の塩とブラックペッパーを
上にトッピング。ペッパーの刺激とグレープフルーツの相性が
意外にいいんだな。
アミューズGF






パンが甘くてウマ。つい食べ過ぎそうになる手を
自制するのに必死。前は2種類くらいあったらしいんだけど
今はコレに落ち着いてるんだって。このパンお持ち帰りしたいんだけど。
パン





フォアグラと茄子の前菜。ソースにはピスタチオや
巨峰の皮を加えているらしい。ピスタチオの風味は
あんま感じとれなかったけど、美味しいからどーでもいいや。
ランド産のフォアグラの食感も良く、茄子とのコラボは
惚れそうな組み合わせ。オレ、茄子大好きなのよ。
コドモの頃は紫っぽい色素がダメだったんだけど、
いつしかその妖艶さの虜になったもよう。
フォアグラ






次のお魚料理は、小笠原沖でとれたという沖タカベ。
繊維質の身は食べごたえもあって、アンチョビソースが
いい具合。しかも最近ちょくちょくお目にかかる、
大好きな四角豆と一緒で喜ぶオレ。皮のパリッとした
焼き具合もセ・ボン!
魚





一同絶賛のピジョン、鳩の半身を豪快に楽しめちゃいます。
胸、もも、内蔵系と...あと、ひとつブロックあったけど、
何だったっけ?
ピジョン縦





こちらがオーブンで、肉を騙しながら100度でジワーっとローストした
美しいロゼカラーのピジョンの胸肉。こんなに固まりでロゼな
ピジョンを食べる事はなかったので、ちょっと感動。
バルサミコにチョコレートやカレーパウダーが隠し味のソースを
つけて、遠慮なくロゼな部分を食べちゃいます。
身の縮みが少ないせいか、食べても食べてもロゼな固まりが
残っているのよ。なんか昼から贅沢な感じっしょ?
ピジョン赤身





半身を調理してるので、内蔵系もいただけちゃうのね。
ちょいとした臭みがエッジーなんだけど、強過ぎる
ワケではないので、むしろ無いと物足りないくらい。

笑顔を殺しながらワインに手をのばす。

わかりやすく言い替えるとさんまの内蔵みたいな毒っぽさ。
好きな人はアレつままないと、さんま食べた気しないでしょ?
そんな感じ。
ピジョン内蔵




食後はショコラが並びます。さすがに満腹だったのでお持ち帰り。
ショコラ





こーいうグラニテには手が伸びるんです!
えーっと、コレまたどういう系だか記憶に無い。
つーのもこの辺が記憶の飛びどころ。
グラニテ





黒イチジクを贅沢に使った薄いパイ生地のタルト。
いつものイチジクより甘さが控えめで、むしろ
さっぱりしてるので、タルトでもドロンとした
食感は無い、パイ生地同様サクサク進めるので、
満腹のはずのお腹にも、なんら問題なく入ってきます。
それに男子的には、このアツアツのタルトの上の
アイスクリームが愛おしいのよ〜
黒イチヂクパイ






黒イチジクってどんなモノだろうって話してたら、
サッと持ってきていただけました。上品な甘さでもちろん、
そのままでも美味しいんだけど、やっぱ焼いた方が魅力的かね。
黒イチヂク生






やー、愉しかった。
ちょうど他のお客さんも帰られたので、
フロアで一緒に写真を。花嫁希望は
シェフへアプローチを!
シェフ





店の周りは様々な種類の店が並ぶ。
夜にはもっと妖艶で素敵と、えりかさん談。
老舗のお店が多く、いい感じの風格が漂ってます。
今度は夜に来てみよう!
道






チェコの女子高生がミスワールド優勝...
やー、オリンピックも高校生とかがメダル
取ってるから、すげーなーとは思ってたけど、
ミスワールドのチャンピオンが高校生って、
なんかオヤジ的には感慨深く。
やー、若いヒトの活躍は刺激になります →
blogランキング




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
オマージュ (浅草)オリヴィエ並のCPざます! Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる