アクセスカウンタ

<<  2007年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


東茶屋街でオトナごっこ (金沢)

2007/03/30 12:35
東茶屋細道

山乃尾で料亭ランチを愉しんだ後は、
坂を下って東茶屋街へ。


**

お、hirorentinaのレポもあがってる。
カレもblogの中で触れていたが、
「地震が起きた直後に能天気なレポの
アップはどうなのよ?」って意見もあると思う。
オレも悩んだ。

でもね、ここで金沢の魅力を伝えることの方が、
微力ではあるが、被災地のためになるかなと
思ったわけで。

もちろん被災された方々には、
心からお見舞い申し上げます

しばらくは余震とかあるだろうけど、
落ち着いたら、こんな魅力的な町なので
是非ともみなさんにも訪問して欲しいんで。

**


金沢には、東、西、主計と茶屋街が3つあるけど、
卯辰山麓を流れる 浅野川 の川岸にある東茶屋街が
規模的には一番大きい。大きいとは言っても
百mくらいの道を中心に、脇道がちょいちょいある感じ。
玄関花ショウ葉





この道のつきあたりの丘の上に見えるのが、
さっきまで居た山乃尾、ボクラが食事をしていた
部屋を下から眺めるのも、なんか気分いい。
下から眺める







和紙のお店や、漆器などをチラチラみた後で、
またまたお抹茶が頂きたくなって、お茶屋へ。
志摩



なーんて贅沢な休日なんだろ



ーーーーーーーーーーーーーー


東茶屋街は、文政三年(1820)に
加賀藩がこの近辺に点在していた
お茶屋をここに集めて町割りしたもので、
艶やかな紅柄格子が続く情緒有る街並みで、
フォトジェニークなことは言うに及ばず。
二階の造りが高い町並みは、藩政時代の面影。

ここでの遊びは、琴、三弦、舞、謡曲、茶の湯から、
和歌、俳諧に及ぶものであり、巾広く高い技能と
教養が要求され「芸どころ金沢」の礎となった。


掛け軸廊下S





現在この茶屋街は、国の重要伝統的建造物群
保存地区となっており、当時の茶屋の様子が
保存された重要文化財になっているところもあり、
お抹茶や茶菓子がいただけるなど、オトナごっこには
最強のロケーション。



ボクラが立ち寄ったのは「志摩
中庭見下ろす



文政三年(1820)に建てられたお茶屋の建物で、
これまで手を加えることなく、江戸時代そのままに残っており、
学術的にも貴重な文化遺産として高く評価されているそうで。
お茶屋は、2階を客間とし、押し入れや物入れ等は作らず、
あくまでも遊興を主体とした粋な造りとなっている。

 ※入場料 400円
器





展示されている器やキセルなど、粋が詰まった遊び道具は、
当時、オトナが輝いていたということを、無言で物語っていて、
コゾーなボクの心をウキウキさせてくれる。
キセル




庭が眺められる「寒村庵」では、お抹茶もいただくことができ、
和菓子と共に、一服することが出来るのだ。

 ※生菓子付き  700円
抹茶




さっき、吉はしの茶菓子をいただいたばかりだが、
その魅力の虜になったボクらは、またしても
ここで生茶菓子を注文。
抹茶まりえ




この日は激寒の天候だったので、当然窓は
空いて無いけど、いい季節に来れば、ここで
平日の昼間に1時間くらいはのんびりしたいなー。
抹茶場




日常生活のすぐ横に、こんな遊びがある
金沢にリスペクト。



外に出ると天気はますます気紛れになっていて、
5分ごとにめまぐるしく天気が入れ替わる。

日が出てたと思ったら、雪が吹き付けてきて、
雨になって、また雪。アレ、気付いたら
晴れてるぞと。ほんとスゲー、初体験。
外へ





HOTELに戻る前に、ちょいとばかし武家屋敷を散歩。
武家屋敷




車から降りると雪が降ってきて、笑うしか無い感じ。
歩き





ここの風情は金沢の中でも一番好き。
クネった道に、石畳と塀、しかもそれに
“濡れ”が加わると、色気も最高。
石畳




また行くよ!待ってて金沢 → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


兼六園 (金沢)日常の横にある粋

2007/03/30 12:34
兼六園

日本3名園というから、やーけに期待しちゃうじゃない、
こちらの公園。ただねー、正直言うと期待先行かも。
や、いい公園よ。じっくり味わうには。

でも観光客が、パッと流すだけだと、
いまひとつ魅力が伝わってこない。
オレのリテラシーが低い故に
愉しみ方がわからんのかもだが、
そういうレベルってことですわ。
お約束




じーっくり味わってたら、また印象変わるかもだけど、
寒さに慣れない観光客は1時間以上ステイできないって。
朝一の無料開放を狙うのが正解だと思うけど、他にも
行きたいトコたくさんあるし、そこまでは気合をかけられず。
池上




なワケで、写真も魅力が今ひとつ伝わらないかも。
その辺はお赦しアレ、己の未熟さに猛省。
苔の木縦




hirorentinaの視点はコチラ


水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)と
ならぶ日本三名園の一つ。
江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、
長い歳月をかけて形づくられてきたんだそうで。
石橋から縦




もうちょい公式サイトからのパクリを続けると、
こちらは、「廻遊式」の要素を取り入れながら、
様々な時代の庭園手法をも駆使して総合的につくられた庭だとのこと。
廻遊式ってのは、寺の方丈や御殿の書院から見て楽しむ座観式の庭園ではなく、
土地の広さを最大に活かして、庭のなかに大きな池を穿ち、築山(つきやま)を
築き、 御亭(おちん)や茶屋を点在させ、それらに立ち寄りながら全体を
遊覧できる庭園のことを言う。
いくつもの池と、それを結ぶ曲水があり、掘りあげた土で山を築き、多彩な樹木を
植栽しているので、「築山・林泉・廻遊式庭園」とも言われる。
苔岩縦





また、兼六園の名前は六勝を兼ね備えてることから付けられていて、
そもそも六勝とは、[宏大(こうだい)][幽邃(ゆうすい)]
[人力(じんりょく)] [蒼古(そうこ)][水泉(すいせん)]
[眺望(ちょうぼう)]のこと。

なんじゃソリャって感じでしょ。
気合のある人は、もうちょい続けて読んでみよう。
苔岩横




宋の時代の書物『洛陽名園記(らくようめいえんき)』には、
「洛人云う園圃(えんぽ)の勝相兼ぬる能わざるは六 宏大を務るは
幽邃少なし 人力勝るは蒼古少なし 水泉多きは眺望難し 
此の六を兼ねるは 惟湖園のみ」という記述があるんだそうで。
梅




その伝えるところは、「庭園では六つのすぐれた景観を兼ね備える
ことはできない。広々とした様子(宏大)を表そうとすれば、
静寂と奥深さ(幽邃)が少なくなってしまう。
人の手が加わったところ(人力)には、古びた趣(蒼古)が乏しい。
また、滝や池など(水泉)を多くすれば、遠くを眺めることができない」
そして、「この六つの景観が共存しているのは
湖園(こえん)だけだ」と結んでるそうで。
梅盛り





すばらしい景観を持した庭園として賞された湖園。
兼六園は、この湖園に似つかわしく、六勝を兼ね備えているという
理由から、1822年に、 奥州白河藩主・松平定信によってその名を
与えられたんだって。
水の表情





あ、また池とお茶処だ。
お茶処引き





お、こんなところで”将軍”のお出ましか?
将軍





こういうところにお茶処あるなんて、
ほんと粋な町だな〜
抹茶処




兼六園の前には金沢城跡。
いい散歩コースね。
櫓




さすが老後に住みたい町No.1 →  blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山乃尾 (金沢)料亭からはじまる休日

2007/03/30 12:32
山乃尾入口

東茶屋街から、坂を少し登ったところにある料亭旅館 「山乃尾」。
離れの窓からは、真下に茶屋街を見下ろすことが出来る
絶好のロケーション。

小松空港について、兼六園を少し歩いて、
肌を金沢の空気に馴染ませてからこちらへと。

金沢での食事のデビュー戦なので、
オレにしちゃ、結構気を使ったのよ。
だって第一印象がイマイチだと、
その後の旅のノリが悪くなりそうじゃん。


つーわけで、雰囲気・味・サービス・ロケーション・バジェットと
バランスがよさげなところを探し、かつ金沢らしさを感じられるという
条件までつけてのセレクト。


まー、苦労して選んだだけあって、かなりヒットだったと思う、コチラ。
hirorentina家もまりえも喜んでたしね。





この日は金沢らしく、めまぐるしく天気が変わる陽気。
さっきまで雪が降ってたのに、ここについたらボクラを
歓迎するかのように陽が射してきた、嬉しいじゃない。
離れへ




山乃尾はいくつかの離れで構成されていて、宿泊も
出来るようになっているけど、昨今泊まり客は減ったので、
宿泊施設は縮小してるらしーけど。

こんな粋な空間でゆったり加賀会席を楽しめて
それでいて1万円とは、なんともおトク。
敷地内





部屋に上がると、予想以上の雰囲気で
思わずテンションも上がり気味。

両家ともに「拝啓、父上様」好きなので、
“松の間、焼物入りまーす”などと、
調理場ゴッコをしてみたり。

ひとしきりはしゃいだら、
まずはお茶で一服ですわ。
中へお茶




●山乃尾
〒920-083
石川県金沢市東山1丁目31番25号 TEL076-252-5171
http://www.yamanoo.co.jp/



さ、いよいよ食事にまいりますか 



----------------------

予約の時に、東京から行く旨を伝えたら、
加賀っぽいの用意しておきますねということで。


まずは予習ね、加賀野菜って何よ?ってことで。
こちらは、山乃尾のサイトから。

“加賀野菜昭和20年以前から栽培され、現在も主として
 金沢で栽培されている野菜の中で打木赤皮甘栗かぼちゃ、
 さつまいも、源助だいこん、二塚からしな、加賀太きゅうり、
 金時草、加賀つるまめ、ヘタ紫なす、加賀れんこん、
 金沢一本太ねぎ、たけのこ、せり、赤ずいき、くわい、
 金沢春菊の計15品目を加賀野菜と呼びます”


さ、前菜です。
これだけ色んな種類が盛られてると愉しいね。
左前のいいだこは、印象的な食感。
よもぎのお麩もウマい。
バイ貝とか貝柱とか、歯ごたえがスゴく
やけに貝レベルが高い。
前菜




目立ってるのは、ワカサギをオレンジで味付けて
ウニで固めたという一品。とこぶしはオレだけが
肝をうまく救い出せなかった...泣
前菜寄





吸い物は、鯛を餅米で固めて、
ワンポイントで梅をあしらったもの。
超タイプなんですけどコレ。

お造りはひらめと甘エビ、
甘エビのネトっとした食感最高、ウマッッ!!
吸い物お造りS





折角の料亭シーンなので、hirorentinaと
閨閥の策略を練ってる風に演じてみる。
ん、オレ悪そうね。美馬さん系 笑
刑罰S横窓S






念願の冶部煮も登場。お麩が半端無い脇役ぶり。
鴨の食感もよろしくてよ。コレは全員相当ハマってた。
もう一皿食べたいなー、ごはんあったら永遠に喰えそう。
加賀野菜の金時草も入っているのだ。
治部煮







宴席に欠かせない、加賀百万石の格式を伝える鯛の唐蒸し。
婚礼の宴では、花嫁が持参した雌雄二匹の鯛の腹におからを詰め、
腹合せに盛って、にらみ鯛にするそうで。山乃尾では四季の野菜を
おからに混ぜ、風味をますよう、自然の笹でくるみ、蒸しあげている。
会席では一人前として小さくしつらえていて、この日は穴子。
あなご




焼き物は太刀魚、日本料理らしいパリッとした皮、
レモンを垂らすと、また味が際立つね。
太刀魚




白魚の蒸し物。シャリっとした食感が残る繊細な味わい。
これもかなり好き。
白魚蒸し物





ご飯はしらすの焼きおにぎり。
出汁は鯛の骨からしっかり煮だしたもの。
ごはん




茶菓子は「吉はし」のもの。
シンプルなんだけど、その味の繊細さ
深さはさすがの一言。メンバー全員病み付きに。
茶菓子S茶菓子割S





食事の間もね、天気は変わりまくり。
晴れてたと思ったら雪が降り出して、
強い風が吹いてたと思ったら、また晴れて。
そんなのの繰り返し。
庭景色SようじS





上の写真と逆側の窓からは、こんな感じで
東茶屋街が見下ろせるのよ。部屋はあったかいけど
トイレや風呂場は寒過ぎ。泊まるとしたら、大丈夫なのかな?
茶屋街上から




ずーっとボクらのお部屋の世話をしてくれていたお母さん。
彼女のいい距離感のトークのおかげで、終始リラックスして
愉しく過ごす事ができたのよね、かなり感謝。こういう心が
温まるサービス受けると、また来たくなるのよね。
とてもいい時間を過ごせました、ありがとう♪
見送り



***


週末じゃ。 → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


豚バラ豪快イタリアン Le macaron YUKA.  

2007/03/29 16:30
豚バラの蒸し焼き キャベツと共に

金沢へ行く前日、ダイエットがほぼ目標値に
達したところで、なんとこのボリューム...
この写真では伝わらないかな、
洒落にならないボリューム感。
確実に目標体重のクリアは困難と
わかったので、この日の朝の記録を参考記録に。


この豚バラレシピ、マカロンさんも言ってたけど
ほんとに簡単で、かつ美味しくていいワ。
今のダイエット目標値をクリアしたら、自分への
ご褒美に食べようかね。

ちなみにマカロンさんのブログ
レッスンの様子が載ってます。
ヲイラが写真構えてるとこは恥ずかしい〜、
ま、でもいつもあんな感じ。



さ、そんな簡単美味しい豚バラのレシピ、
これから春キャベツだし、楽勝で
真似できるので是非に。失敗無いよ。



---------------


前菜はじゃがいも入りのフリーコ。
しんなり炒めたたまねぎに、ジャガイモを
マッシャーなんがでつぶしたものを加え、
パルミジャーノやゴーダチーズをすりおろした
粉を混ぜて、後は焼くだけ。
じゃがいも入りフリーコ






焼き加減とひっくり返すのが難しいが、
できばえはなかなかいい感じの家庭料理。
フリーコ完成




続いては、ブロッコリーのピュレ和え ファルファッレ。
作り方は手打ちパスタを一番薄くのばして、
適当な大きさに切り、三つ織りにして真ん中を
ギュッとつぶしてちょうちょの形にするだけ。
ベニアを引くのは、ちゃんと乾燥させるため。
そうじゃないとヘニャってなるから。
ファルファッレSテーブルからS






ソースは、ブロッコリーと牛乳、生クロームを
ミキサーにかけてピュレ状に。
その間に、アンチョビをオリーブオイルで弱火で煮出す。
あんちょびオイル




次に上で作ったピュレを入れて、茹でたパスタを絡めて
できあがり。仕上げにパルミジャーノをお忘れなく。
ブロッコリーのピュレ和え、ファルファッレ




さて、最後は豚バラ肉蒸し焼き キャベツと共に。
写真じゃわからないでしょうけど、こんなデカイ
豚バラのブロック、日常生活では出逢いません。
あまりにデカくて、大きさが実感できないくらい。
ま、ざぶとんみたいなモノですわ。
豚バラ肉塊




オリーブオイルでにんにくを煮だした後、
たまねぎをしんなりするまで炒めてから
キャベツを鍋に投入。ワインをふりかけ塩で
下味を付けてから、全面に火を通して
旨みを閉じ込めた豚バラブロックを投入。
後は、出来上がりを待つだけ。
キャベツ鍋Sキャベツ肉鍋S




いい感じの火加減だと、こんな感じの
切口になります、キレイでしょ。
肉カット




わかります? この肉のデカさ。
ダイエットとか言う話じゃ無いって。
素材のクオリティが、そのまま味に
反映される料理なので、素材が
いいと、かなりのご馳走感。
さーて、どこから肉仕入れよっか。
肉並べ





この日はスペシャルでドルチェ付き♪
何故にこういう時に限って、ぴゅあまよクンは
休みなんだな〜。悪いね。
スイーツSチーズケーキS







チーズケーキが特に秀逸。
甘さ、酸味、しっとり感、軽さの
バランスがオトナだったので、
胃が豚バラショックだったにも
関わらず、スルッとたいらげちゃって。
スイーツ





来月は鯛の塩釜焼きだったかな、
超PARTY映えしそうなんで楽しみ〜 → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ashes and snow (お台場)戦慄の写真

2007/03/27 12:14
FLYING ELEPHANT

グレゴリー・コルベールの『ashes and snow
こちら合成写真などでは無く、全てアーティストであるグレゴリーさん
ファインダーを覗いて撮ったもの。
写真ヲタでなくとも、コレ見たら痺れるでしょ。


お台場に新設された移動美術館、ノマディック美術館で
6月24日までのイベント。NY、サンタモニカに次いで日本に
来ており、この後はヨーロッパと南アメリカを廻る。

この美術館、写真だけでなく空間もドエらいクールさなんだけど、
日本人の建築家、坂 茂さんが設計したものなのよ。
なんか誇らしい。


今日、BSフジでもこちらのことが紹介されてたけど、
やっぱTVじゃ表現に限界があるわけで。

あの空間で見る映像、写真だからこそ、感じられるものが
あるんだよね。1900円なので絶対観て損は無い。



あまりに美しかったんで思わず写真集(16800円)も購入、あとDVDも。
写真集




何も知らないと、トリックがあるように見えるけど、
コルベール氏曰く、一番大事なのは被写体との
「信頼関係」なんだと。その言葉の裏にどれだけの
時間や重さがあるんだろうか。
写真集象





本イベントのタイトルになっている「ashes and snow」という1時間の
映像ももちろんいいけど、カメヲタ的には写真が衝撃的過ぎ。
写真集象水しぶき




たまには、アートな休日も良いね


ーーーーーーーーーーーー


臨海線の東京テレポートから歩いて1分。
現地で調達したコンテナとリサイクル可能な
材料で作られているこの美術館。
中の柱とかも紙で出来てるのよ。
美術館






夜のライトアップも相当かっこ良さそう。
この絵見ただけで、ドキドキしてたオレ。
美術館寄





悔しいけど、こういう素晴らしいイベントに限って、
外人比率が高いんです。お台場という場所柄、
日本人だと子供が多いから、フラ寄りはしないのかなー、勿体ない。
にしても外国の方々、どこで情報拾うんだろう。さすがだね。
美術館入口





もちろん館内は写真撮影禁止なので、その様子は伝えられないけど、
外国の荘厳な教会みたく迫力があるのよ。夜は22:00までやってます。
美術館案内




や、マジおすすめ。
しつこいけどサイトはコチラ
コレ見てピンと来たヒトは、絶対行って損無いよ。


写真ってスゲーなー、道は遠い → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィレンツェの夕暮れ

2007/03/26 12:33
ジョット夕景

12月からヴァカンスレポをはじめて、はや3ヵ月。
わずか5泊のフィレンツェステイなのに、ま〜だ
引っ張っちゃったりしています。

もうちょいなので、しばらくお付き合いの程を。


フィレンツェステイ最後の夕陽をどこで見ようかなと。
最初からDUOMOかジョットの鐘楼のつもりだったんだけど、
夕陽を浴びたクーポラが撮りたくて、ジョットの方へ。
ジョット





高さ82mの鐘楼、狭い石造りの階段を黙々と登る。
この旅は高いトコに昇るってのが隠れテーマらしく、
スニーカー無しじゃ、やってられませんわ。
TOP




ちなみにこちら入場料は6EUROくらい。
エクササイズ出来て、Duomoの絶景見れて
このプライシングはステキチよ。
ディナー前の腹ごしらえに。


------------------



Duomoのクーポラは、最上部に出るまで
あんま外の景色って見えなかったと思うけど、
ジョットの方は、ちょこちょこ見えるんで
気がまぎれる。途中でかなり天井高い
スペースあるし、金網の向こうには
夕陽を浴びたこんなクーポラも。
見上げ





最上部に出る頃にはヘロヘロ。
Duomoと違って金網が前にも上にも
張り巡らされてるのが哀しいが、
ここの景色はホント絶景。


クーポラの向こうに、雲がかかった
山が見える。なんかもの哀しく感じるのは
翌日フィレンツェを離れるからか?

にしても、スゲー人。
Duomoの上はラッシュです。
クーポラ寄




陽が沈んでしばらく余韻に浸ってたけど、
頃合を見て階段を降り始める。
かーなり足がフラフラ。

結構寒かったし、そのまま目の前の
Duomoの中へ。前に来たときの印象が
イマイチだったので、今回中へ入るのは
初めて。


あれ、全然期待してなかったんだけど好みじゃん。
椅子とかなくてドーンとした空間が広がっており、
その空間の中で人々の声や動きが共鳴して
重低音のざわめきを作り出している。
写真は明るめに処理してあるけど、実際は
もっと薄暗くて荘厳な感じ。
DUOMO内部




わっかるかなー、このスケール感。
ヒトの大きさから、この空間のでかさを
想像してみてね。
DUOMO縦




実際の明るさは、まりえの背景部分が
近い表現してるかも。さすがデジイチ、
フラッシュでもヒトの肌感とか、ちゃんと
表現してくれるのね。
DUOMOまりえ






蝋燭って、ステンドグラスとか豪華な彫刻に
比べて脇役になりがちだけど、ゆらめく
ろうそくの炎をみてたら、妖くも何故か
落ち着かせる空気があたりを支配している
気がして、思わずカメラを向けちゃった。
DUOMOキャンドル



さーて、これからフィレンツェ最後の晩餐です blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そうだ 金沢へ行こう

2007/03/22 12:11
野村屋敷TOP

2泊3日で駆け抜けた古都 金沢。
大戦の際にも空襲は避けられたということで、
至るところで、古き良き日本の香りが感じられる。


今回は、hirorentina家と旅ジャンルでは初コラボ。
まりえと2人だけの旅行とは、また違った味わいで、
旅を愉しむことができて、色んな意味で新鮮な体験。

とは言っても、基本的な旅のコンセプトは
両家とも似たような感じなので、温泉では、
ひたすらのんびり過ごし、金沢市内ステイ中は、
かーなりアクティブに動き回ってましたワ。


詳細のレポはまた書くとして、ボクに刺さった
ポイントのみ、まずはメモ。





初訪問の観光客的に、東茶屋街は
相当オモロかった、左側ね。雰囲気あって
「コレコレ、こういうの見たかったの」って
いうのが連発。超フォトジェニーク。

個人的に一番タイプなのは武家屋敷街。
右の方のヤツね。
せまくクネった道に、石畳の風情が
なんとも言えず情緒を感じて...
東茶屋街武家屋敷S




武家屋敷跡の一角にある野村家の武家屋敷跡
ユッキーの強いお薦めも
あって期待してったんだけど、ボクの
ツボど真ん中で派手さは無いけど
ジーンときた、スバラシー。
あ、トップの写真ね。


米国・庭園専門誌で実施した日本庭園ランキングで
第3位に選ばれた庭だそうで。






金沢で最初の食事が、東茶屋街からも
ほど近い料亭「山乃尾」。離れからは
正面に東茶屋街が見下ろせて、なんとも
優雅なお昼に一同ご満悦。
治部煮





足を伸ばして、能登半島の和倉温泉に。
ここで泊まった「多田屋」が正解。
海脇の露天風呂も最高だけど、
部屋のお風呂Viewもかなり壮観。
多田屋風呂




--------------


じゃ、印象に残ったトコをもうちょい紹介。
軽めのダイジェストって感じで。



兼六園は、雪も積もってなくて...
いい公園だったけど、期待先行。
思ったよりもカプールより女子同士が
多かった。平日ゆえか。
兼六園苔






●山乃尾
サービス雰囲気、味、View、価格、ロケーション...
金沢最初の食事として、色んな意味でふさわしかった料亭。
次回訪問時も、また来たいと思わせる満足感。
ボクは好きです、かなり、ココ。

石川県金沢市東山1-31-25
076-252-5171
http://www.yamanoo.co.jp/

山乃尾部屋山の尾料理







●近江町市場
観光客プライスのものもあるけど、空港の売店で
お土産買うなら断然コッチでしょ。市場そばの
丼もの屋さん「井ノ弥」、タネと価格のバランスが
東京以上なのは、言うまでもなし。
しばらくタネ勝負の寿司はいいや...と思うほど満足。

井ノ弥
石川県金沢市上近江町33-1
076-222-0818
井ノ弥








●東町茶屋街
料亭「山乃尾」から徒歩圏内。
観光客的に兼六園の100倍外せないのが
こちらの茶屋街じゃないでしょうか。
当時のお茶屋の姿を見学できるトコもあり。
ただ冬は激寒い〜、いろんなトコでお抹茶
楽しめるのは贅沢ですな。
東茶屋抹茶






●主計町茶屋街
雰囲気的には、茶屋街の中で一番好き。
川沿いにたたずむというロケーションは、
反則以外のナニモノでもなし。
東茶屋街の「照葉」に行けなかったので、
こちらの「茶屋BAR」で、食後酒を愉しむ。

茶屋BAR
石川県金沢市主計町2-10
TEL:076-221-1600
日曜:休
主計町夜








●多田屋
能登半島は和倉温泉にある「多田屋」。
旅行業界の人々が選ぶ最高の旅館「加賀屋」も
あるのが、コチラのエリア。センス的にも
コンセプト的にも多田屋の方が絶対いいよ!
CREAトラベラーのカバーにもなってたみたい。
知らなかったけど 笑


部屋の風呂からのViewもやば過ぎ。
こちらは朝食の後に。気持ちよすぎて
昇天するかと思った火曜日の朝 笑
多田屋部屋風呂




ボクラが行ったときは、ちょうど暴風雪が
ニュースに取上げられるくらいヤバい
タイミングで、露店にも風向きによっては
ハラハラ雪が舞い込んできたりするわけ。

多田屋
0767-62-3434 
〒926-0174 石川県七尾市和倉温泉
http://www.tadaya.net/

多田屋部屋





●志の助
空港から北陸自動車道で金沢に向かうと、
金沢西インターから、市内にナビゲーションされる。
(ボクが借りたカーナビではね。)

その金沢西インターからも比較的近い「鮨 志の助」
どうやら北陸で一番美味しいと評判のすし屋、
「小松弥助」のお弟子さんのようで。

最近金沢市内に移転してきたらしく、
丁寧に仕事された極上の鮨に出会える。

今回の旅の最後の食事を、コチラにしたことは大正解。

志の助
金沢市入江3丁目73番地
076−216−5280
あさぴーさんのブログ




なんか抹茶と和菓子禁断症状が...
ホント粋な町です、古都 金沢 → blogランキング
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ラシェリール (白金)正しい午後の過ごし方

2007/03/20 11:56
太刀魚

美味しい生活Chiggyさんのブログあたりから、
ヒットの予感が漂ってたフレンチ「Lacherir」。



気になり出したらガマンできず、当初予約していた
あるリストランテをキャンセルしてまで、
こちらに変更しちゃいました(ごめんなさい!)。

したら、なんとsinpさんとの会食で、よくご一緒してる
O夫妻に遭遇するじゃありませんか。

さすがッ!




春の陽射しがふんだんに差し込む、白をベースにした
空間は、いい意味で白金らしい。こういうエレガントな
雰囲気が日本で最も似合うエリアのひとつだからね。
しかも かなり奥まったエリアってのが、また好感。
日曜ランチやってるのも当家では重要。今っぽいね。
店内




料理は、TOPの写真の太刀魚のソテーが、大ヒット!
素材の脂のノリがいいのはもちろん、
火加減もソースもかなり秀逸。
ここ最近の魚料理の中では一番のヒットです、マジで。
魚を扱わせたら、日本人はやっぱ世界トップクラスだ。

ちなみにメニューのチョイスにあたっては、
O夫妻(主にオクサマ)から随時アイコンタクトが
飛んでくるので感謝感謝。


この日は、まりえと、料理教室で一緒のパイロットの
Nさんと、それにクロミホという組み合わせ。
前菜縦2




このメンツだと、圧倒的に女性陣が飲むわけで...
へタレなヤロー達はたいして飲んでないのに、
気付いたらボトルが3本空に。


そりゃ、まりえもヘベレケになるわけですわ。
こういう午後を過ごすために生きてるんだよなー、
なんて思いつつ。

優雅で洗練された休日の昼下がり、
そんな過ごし方が好きな人は是非に。
ラシェリール外観



「Lacherir」
tel. 03-5789-4450
港区白金3−14−10
Lunch. 12:00-1:30(L.O.)
Dinner. 18:00-20:30(L.O.)
休.水曜


***



色々好きなフレンチあるけど、ココは相当大好き。
空気の華やかさ、料理のクオリティ、それでいて
リラックスできるバランス感はホント秀逸



-------------------

白金の住宅地に中に溶け込んだ「ラシェリエール」。
ロケーションは北里病院の裏くらい、昨年11月に
オープンというかなり新しいレストラン。


18席のこじんまりしたフロアなんだけど、
オーダーはマダムが一人で取り仕切ってたので、
ちょっとタイミング的にボクラのテーブルは遅れ気味。
だったかな。

マダムの雰囲気が爽やかかつ艶っぽいので
好みってのもあるし、そもそもゆっくりと
優雅なランチタイム過ごしたくて来てるので、
全くもって問題なかったんだけどさ。
ちなみに12:30入店で、お店出たのは
16:00過ぎ。後アポあるヒトは、その旨
言っておいた方がいいのかも。
まりえ横SNクロS




そんなランチはコースが3つ。
 A 前菜・メイン 2800円
 B 前菜・スープ・メイン 3500円
 C 前菜・魚・肉 5200円


ボクとNさんはCコース、
女性陣はBコースを。



・アミューズ
泡との相性もバッリチのアミューズ。
こりゃ期待が高まりまりますな。
アミューズ





・前菜:ホワイト&グリーンアスパラのコンビ 帆立貝添え
ホワイトアスパラが主役の野菜な一皿。
帆立はあくまで脇役クン。全般的に野菜の
クオリティいいし、オレタイプよ、この前菜。
苦味系温野菜好きなんよ。
前菜横





・魚:太刀魚のソテー
ほのかな生臭さをキチンと残しつつ、
ソースの味付けも太刀魚にあってた。
トマトのジュレっぽいのが、またいいアクセント。
激ヒット。
太刀魚横





ワインはやっぱりブルゴーニュ。
いつも通り華やかで軽めなタイプを。
ワイン






・鶉:ドンブ産 鶉のフォアグラ詰めロースト
フォアグラ詰めというから、それなりの
覚悟で臨んだ肉料理。フォアグラの周りの
キャベツがクッションになっていて、
肉×フォアグラの重々しさは、そこまで
感じない。
うずら横



食べ終わったあたりから、一気に記憶が...
午後のやさしい陽射しが、至極の空間を
作ったせいだね。
うずらカット

 ・・・って、いつものことですが。



タピオカが入った爽やかな液体の下に
口を引き締めるのにほどよいコーヒーの
プディングが。思わず寝起きで一気に食べる。
グラニテ







・デセール:赤いフルーツのコンポート バニラアイス添え
ベリー系のコンポートに、ヴァニラアイスという
シンプルかつ、爽やかな組み合わせ。
デセール





こちらをつまみながら、ランチを振り返る。
ある意味、一番贅沢な時間かも。
プティフール






おまけで他のコース料理も軽く紹介。

Cコースはメイン2皿だけど、Bコースは1皿がスープなのね。
メインは3種類くらいくらい用意されてたような。
スープイサキS






おっと、こちらはCコース、Nさんのメイン。
仔羊がこのように薄くスライスされて出てきます。
一切いただいたけど、基本癖が無くスマートな感じで
最後に羊らしさがふんわり広がる。
仔羊






こちらがシェフ、店内の花のディスプレイ
もされてるみたい。多才なのね。
シェフ




店内は落ち着いた雰囲気なので、緊張感が
前面に出るようなデートより、2人で愉しさを
ゆったり共有出来る関係のヒトと行くのがおすすめ。
ワインディスプレイ





次回もランチに行きたいなーと。
この華やかさとCPは病み付きになりそう
花テーブル




ダーリンにおねだりするもよろし → blogランキング

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FIRENZE  −午後の散歩−

2007/03/19 12:24
Fトップ

中華を食べて久々にリセットされた当家の2人。

天気もいいし、ミケランジェロ広場にリベンジ
かけようと、駅前の12番のバス停へ向かう。


ミケランジェロ広場に着く前までも、木立の間に
覗くフィレンツェの町並みが滅茶美しく。
チラ、チラって見えるんだけど、そのチラリズムが
オサーンのハートを鷲づかみにするんだな。


で、アツきハートを持った若きカプールに特にお薦めなのが、
ミケランジェロ広場の1個手前、◎◎教会のとこで
バス停を降りると、フィレンツェの町並みをゆったり
眺められるベストスポットがあんのよ、しかもベンチ付き。

ミケランジェロ広場は、ベンチも無く、ヒトも多くて
ゆったりした気分になれないっしょ、でもこの
道脇の遊歩道みたいな場所には、いくつか
ベンチが置いてあって、ミケランジェロ広場と、
ほぼ同等のDUOMOがゆーーったりと
眺められるんです。
まりえ




ほぼ一体化するくらいに絡み合う、
イタリアンのカップルに気圧され気味な
奥ゆかしきジャポネカプールは、
こういう場所でひっそり愛を育むなんてのも
わびさびで素敵かと。

熟成されたご夫婦には、フォカッチャとか
買ってきて、ここで絶景View愉しみながら
ピクニック気分味わうのも”粋”

 ※ヲタなワンポイント
   Duomo中心のViewなので、
   ワイド感は若干足りないのが難点。


折角なので、道を渡ってすぐ後ろの
サン・ミニアート・アル・モンテ教会も
寄ってみよう。ミケランジェロ広場より一歩高い
位置からの、DuomoViewもなかなかよ。
サン・ミニアート・アル・モンテ教会




**

もーちょい散歩しませんか?


-----------


ここから広場までは、歩いて5分程度。
Duomoはかなりおなかイパーイなので、
軽く1枚ほどおさめて、ヒトが集まってる
広場の左サイド(Duomo側)とは逆の、
右サイドに行ってみた。
晴天ミケら





すると、どーですか!
Duomoのインパクトに霞んで
みなさん、あんま見て無いと思うんだけど、
右サイドは、こんな素晴らしい景色が
見えるんですよ。
逆ミケ






アルノ河の艶っぽい曲線と、
山々の稜線の優しげな雰囲気。
そこにかかる雲がなんともはかなげで...
何故かじんわり。
心が豊かになるって、こういうこと
なんだなーと実感する瞬感。

この旅行の写真って、かなりたくさんの
友人に(無理矢理)見せたんだけど、
ここからの絵は、特にフィレンツェ
好きなヒトには刺さるみたい。

貴方はどう?




***



丘を降りた後は、サンタクローチェ教会へ。
前に来たときはDuomoより、こっちの方が
好きだったんだけど、今回は正面の
ステンドグラスが大幅修理中でガックシ。
SCroce1SCroce2








回廊の静寂感は前来た時と
同じ印象。哀しいのは美しい塔が
工事中なトコ。フィレンツェなので
仕方ないが。
回廊





このフィレンツェステイで、1,2を争う
好きな写真。ルネッサンスから
現代への時間のトンネルみたいな
そんな思いを撮ってみた。
SCroce回廊




あ、自己マンなのでわからなくても
全然良いよ、どう感じようと皆さんの
自由なんで。 → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


富麗華 (麻布十番)胡弓な昼下がり

2007/03/16 12:40
富麗華TOP

前の晩に無性に中華が食べたくなって、
翌朝起きてすぐに予約した富麗華。

上海蟹のシーズンには行きそびれたものの、
北京ダックが脂のってる冬に行っておこうと向かったワケ。
香港ヴァカンスへの導線ってヤツですわ。

シノワズリなインテリアに胡弓の音色が浮かぶ、
洗練された店内は、春の足音が聞こえる
快晴の休日にはベストマッチ。
んー、なんかいい気分。


ランチは夜のイメージと比べると
だいぶリーズナブル。

・前菜 3品盛り合わせ
・点心 3品盛り合わせ
・スープ
・北京ダック
・揚げ物
・野菜
・デザート

確かこんな感じで5000円。
フレンチやイタリアンみたく、
高いワインとか飲まないので、
会計もほぼ料理代ってのがいいネ♪

ついついコース料金見ると、無条件で
支払を×2を覚悟してる自分がいるので、
中華ってオトクって思っちゃう。
スープ





しっかし北京ダックコースってのに、
一巻って結構泣けるよなー。
せめて2巻くらい食べたいんですけど...
5000円のコースだから仕方ないか。
北京ダック





あんま中華のお店知らないけど、ウェスティンの
青龍門と同じく、デートでも安心して使えるお店。
CPがいいかと言われれば、それなり。
今度はランチで個室使いたいな〜
店前




●富麗華
03-5561-7788
東京都港区東麻布3-7-5
 (麻布十番駅6番出口より徒歩すぐ)
 ランチ11:30〜14:00(L.O.14:00)/
 ディナー17:30〜22:00(L.O.22:00)
 無休





------------------------

セッティング



前菜から安定感。
そりゃ中国飯店ですからね。
XO醤もおいしーッス。
豚バラのカリッと揚げた皮部分を
じっくり噛んで、歯にクッツく
くらいになるトコロが好き。
カリッ < モチッ派なの、オレ。
序章としてのカリッは、クライマックスの
“モチッ”に導くための大事な役目。
ここのカリカリ具合はさすがです。
前菜盛り






点心は、一番上のヒダヒダが
美味しかったね。なんつーのか
知らないんだけど。香港との
ベンチマーク用にいつもより
意識して舌にインプット。
点心盛り





海鮮スープ。
見た目地味なんで、たいして期待してなかったんだけど、
コレ、“今日イチ”でした。具がこれでもかってくらいに
入っているので、スープ自体の奥行きがどんなもんかは
わからなかったけど、細かく刻まれた具が、色んな味・
歯ごたえで楽しめるのでGOOD。

海系のスープだと、ブイヤベースやアーサー汁が
大好きだけど、また違った海を表現してて
これはこれで、まりえと共にお気に入りに。
スープ引





北京ダック
うめーよ。でも足りねーよ。
香港ヴァカンスはG.Wなので、
ベストシーズンでは無いけれど、
それでも欣圖軒で飽きるまで食ってやる。
まりえ茶ダックS





茄子と貝柱の揚げ物
ただの茄子かと思いきや、間に海のものが
入ってて、予想外でうれしかった。
XO醤って、どーしてこんなに美味しいの。
茄子揚げ






インゲンをさっと湯に通して、さっと炒めたお皿。
火の通し具合は素晴らしい、素材の甘さが
いい感じに引き立ってます
インゲン





醤油のチャーハン、見た目より味は濃くないし、
松の実がアクセントになって、いくらでも
入っちゃいます。食べきれないまりえの分も
いただき上機嫌。
焼飯






デザートは、マンゴープリンの液体版みたいなヤツ。
ピンクグレープフルーツの果肉とかも入ってるので、
さっぱりするせいか、一回もスプーンを置くことなく
食べきっちゃった。
マンゴ





久々の中華なランチ。たまには
気分変えるのいいね。
店中




で、この後に骨董通り散歩して、その後にル・スフレ。
ほんと気持ちいい休日だったな〜、バイクも治ったし  ⇒blogランキング

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


GRAPPA DI BRUNELLO

2007/03/16 12:38
グラッパ

グラッパに目覚めたのは、かなり最近。
フェア・ドマでベルタを飲んだら、ウマくて
ハマったのよ


そんな入り方なので、グラッパ・ビアンカよりも
樽で熟成された琥珀色のタイプが好みなオレ。
そろそろブランデーもデビューしてみようかね〜。

なんせお酒弱いんで、アルコール系は
あんまチャレンジしてないんで、経験薄いんです。
若き日にテキーラショット連発で、トイレ占有
みたいなことしたくないし、出来ないし。


そーそー、もちろん「グラッパ」って知ってるけど、
正直何がグラッパの定義か知らないヒトって
まだ多いと思うのよ(ちなみにワタクシ)。

ちょっと学んどく? 


***


-----------

えー、dancyuのサイトから
抜粋してみました。なるほどねー。


丸暗記して、こんど誰かにウンチクたれちゃおうっと。
被害にあっちゃった方、ごめんあそばせ。


***


ワインをつくるときに出るブドウの搾りかす(ブドウの皮や種子、果軸など)から
蒸留されてできる。フランスのマール、スペインのアグアルディエンテなどの
蒸留酒も同じ製法。


グラッパはすでに中世の頃(10世紀)から珍重されていたらしい。
金持ちたちは美味いワインと、そのワインを蒸留した酒(ブランデー)を
飲んでいただろうから、自分たちが育て上げたブドウでできたワインを
飲めない農民たちが、後に残ったブドウの搾りかすから酒を蒸留し、
グラッパを生んだのだろう。ここに、ブランデーとグラッパの出自の
大きな違いがあるわけだ。

20世紀初頭まで、グラッパはつくられたその土地だけで味わわれていた。
荷車に手製の蒸留器を乗せて、ブドウの搾りかすからグラッパをつくるべく
家々を回る光景も村ではよく見られたそうだ。グラッパはあくまで
庶民大衆の力強い味方なのだ。

だから、繊細微妙なコニャックの味わいに比して、グラッパには剛直な
野趣が感じられる。口に含むと若々しいブドウの土っぽくてエロチックな
香りがたってくる。このちょっと癖のある匂いがたまらない。いわば、グラッパは
「霜降り肉」に対する「モツ」の位置づけにあるのかもしれない。

かつてグラッパは複数種のブドウの搾りかすを混ぜて蒸留していたが、
現在は単一種のブドウ(たとえばマスカットやカベルネ・ソーヴィニヨン、
メルロ、ネッビオーロなど)から蒸留されるものもある。

ほとんどのグラッパは蒸留後すぐに瓶詰めされて市場に出される透明な
「グラッパ・ビアンカ(白いグラッパ)」だが、オークやサクラ、アカシアなどの
木樽で熟成させたグラッパも増えてきている。


だってさ〜 → blogランキング

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FIRENZEの朝

2007/03/15 12:13
Uuomo

人が賑わうフィレンツェの街中は、一番馴染みがある
風景なんだけど、ショップOPEN前の時間帯、観光客が
溢れる前の朝の空気も好きなんです。

なんつーか、軽く住んでる気分を味わうような。
日本で言うと出勤するような感覚に近いんだけど、
ワクワク度は全然異なるので、新鮮な気分。

朝は、目の前のメディチ家礼拝堂の
鐘の音で目が覚める。
礼拝堂



さーて、ブラッとしてみましょーか



---------------


まずはHOTELから駅の方へ
SMN




そっから、Duomo方面に向きを変えます。
朝のこっからのDuomoが大好きで。。。
超愛おしく、前にも載せたけどまた掲載。
朝のDuomo






青空の下のDuomoも、やっぱステキチです。
Duomoクーポラ




レプッブリカ広場にはなにやら柵が。
週末なので、なんかのレースがあるみたい。
広場





中央を抜けて、ストロッツィ通りの突き当たりの
五叉路を右斜めに入り、やけにエッジーな
roberto cavalliのカフェで、ショコラをひとつ。
カバリ





で、朝の散歩を終えたら、HOTELのそばの
中央市場へ。ケースの前にいても漂ってくる
白トリュフの妖艶な香り。
市場白トリュフ






ありゃー、形が残ってると生ナマしーね、うさちゃん。
皮ひんむかれて、お腹の上には内臓ベロンと
置かれちゃって。日本人的には新鮮。
うさぎ





2Fにあがると野菜がいっぱい。
カルチョーフィやらポルチーニやら、日本のスーパーでは
ドカンと高騰する野菜たちが、フツーに溢れんばかりに
並んでます。なんて幸せな空間なんだろ、ココ


カルチョーフィポルチーニ





市場を散策したら、そろそろお腹が空いてきた。
連日のガチ勝負でイタリアンからは逃げたい気分。
市場出る





つーわけで、この日のランチは中華にケテーイ。
味は至ってフツーです、味は可も無く不可もなく。
スープSスープテーブル




ビックリしたのは、そのうちに日本人の観光客の
団体さんがドバーって入ってきたこと。
何が哀しくて、秋の美食のフィレンツェで中華なの?? 
彼女たちもステイ長いのかな?
どうもツアーにネガティブなんで...変に勘繰っちゃうんです。

そーそー、イタリア人(少なくともフィレンツェで)の
外食って、一番多いのは当然イタリアンとして、
次は何だか知ってる?



なーんと、中華なんだってさ。
しかもシェアしないらしく、
一人で一皿いくみたい。
味飽きないの?って感じだが。
酢豚




とまー、こんな風にダラダラ過ごす
ヴァカンスが、一番好き。
なので、理想を言えば最低でも
同じ場所に4泊したいのよ → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鴨のエギュイエットとパスタの饗宴

2007/03/14 12:14
イカ墨パスタ完成

hirorentina家との、加賀探索に向けた
ミーティングという名目のプチフェスタ。

相変わらず、食べて飲んでが中心で、
ちょっとたまに検討が進むって感じ。
むしろmacでEXCELファイルをどう
開けるかってとこで、てんやわんやだったり。

ま、なんとなくフレームが固まってきてるので、
後は地図に落とし込んで、どう効率よく回るかとか
そういうレベルだから、ほんとは結構お気楽なの。


絶対行きたい場所だけ各自が押さえれば、
現地でアドリブきかせられるレベルには
達しているんでね。
ワイン





この日の料理分担はこんな感じ。
 ・クロスティーニ @hirorentina
 ・パンチェッタのスパゲッティ 両家の共作
 ・鴨のエギュイエット ソースは手抜き@当家
 ・イカ墨のスパゲッティ @hirorentina 
 ・ワイン @ 当家


パンチェッタは、hirorentinaに仕入れてきてもらい、
当家のトリュフペーストを加えることで、洒落に
ならん旨さを主張するこちらのパスタ。
家庭レベルを超え過ぎです。
パンチェッタ完成





セコンドは、鴨のエギュイエット。
 前日からの解凍を忘れてたのでマイナス10点、
 あまりに久々で、火加減を見誤ったのでマイナス30点
とまー、ゲストにお出しするレベルじゃ無かったんだけど、
まー、それでも素材はいいので許してちょーだい。
鴨焼き




この時点で、腹9分目くらいは行ってたので、
一旦料理はストップ。その後ダラダラと日曜らしく、
「万俵」見て“やっぱ、つまんねー”とぼやき、
「情熱大陸」見てちょいとアツくなり、
「うるるん」見てたら小倉優子までパスタ作ってるし!!

しかもオレキエッテ、オレなんかより全然上手だ...
番組の演出もあるとは思うが、さすがにあのキャラで
芸能界残ってるだけあって、タフさ加減にちょいとリスペクト。


にしても、メゾン・ド・ショコラのモデルといい、
この時の小倉優子といい、行く場所のギャップは
さすがTV局。


ちなみにhirorentinaの視点はコチラから。
レシピも細かいよ。


------------------

まずはhirorentinaが、クロスティーニを
さっと作って。家中にバジルのいい香りが
広がります。
クロスティーニパンチェッタS





オリーブオイルで煮出す用に頬肉の「グアンチャーレ」、
それと可能な限り、薄くスライスしてもらったという「パンチェッタ」
まずは「グアンチャーレ」を極弱火で煮出します。
煮だしSパンチェッタS





そこにパスタをゆでたスパゲッティ(1.6mm)を投入し、
味を調えて皿に盛るんだけど、そっからは各自の
イメージに沿って仕上げを。

生卵割って、パンチェッタ並べて、パルミジャーノすりおろして、
胡椒かけて、最後に白トリュフのペーストを小さじで2杯。
このラストの2杯が、たかが家パスタを別次元のものに
昇華させるんです。フレンツェに行った際には、絶対買うように!
他のとこでも売ってるんでしょうが、あいにく知らなくて...
パンチェッタ寄




次いで鴨、皮目に切れ目を入れてきます。
常温解凍で急いだせいか、心なしか脂が固い。
鴨皮切り





皮目からしっかり焼きを入れた後、焼いた時間と
同じくらいは、最低でも肉を休ませます。
良くさ、肉汁が溢れて「オイシソー」とかコメントする
アホなTVショーがありますが、ありゃ旨みを
逃がしてる愚行なので、皆さんは決して真似せぬよう。

もうひとつポイントは、鴨を焼いたフライパンで
ソースを作ること。鴨のうまみが残りまくった
フライパンを洗い流すことは、犯罪に等しいです。
ちなみにこの日はジャムを使って簡単にソースを。
鴨焼S鴨エギュイエットS




 ・・・しかし、こんなにも火が通ってないとは。
 どうしても家で肉焼くときはビビリ君になるんだよな、猛省。



この後、スター・ウォーズ エピソード3の鑑賞会になり、
TVをみながらエスプレッソや、食後酒なんかもダラダラ
すすってたんですが、先述の小倉優子のうるるんを見て、
奥さま方が落ち着かなくなりました。



hirorentinahへのプレッシャーが強くなり、
イカ墨を練りこんだスパゲッティーニが登場。
イカ墨パスタ乾麺





パプリカと帆立を角切りにして、帆立の方はニンニクを煮出した
オリーブオイルでちょいと炒めて、白ワインを加えてベースを
ソースを作ります。しっかりアルコールは飛ばしてね。
帆立S帆立ワインS





パプリカは色が悪くなるらしく、パスタを茹でながら
最後の方で一緒に湯がき、そのまま上のソースに投入
イカ墨まぜ






最後にバジルを加えると
バジル




こんな目にも鮮やかな、お洒落パスタが出来上がり。
作る行程を見てるから、簡単じゃんってわかるけど、
完成形だけみたら、なかなか作れないわな、コリャ。
イカ墨完成横




やー、自画自賛ですが良くできた旦那達です 笑 → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


久しぶりのコルテーゼ [オーダーシャツ革命]

2007/03/09 12:11
シャツ逆光

やー、どエライシャツが出来ました。



ホラ、このアーガイル柄のクレリックも見てよ。
既製品じゃ、売ってませんぜ。
シャツブルー引




コルテーゼの職人の腕に関しては、
100%信頼しているので、後はステキな
生地との出逢いや、生地と向き合ったときの
インスピレーションが勝負。

上の生地のヤツも、クレリックにしなかったら
そこまでエロ爽やかさが出なかったと思うし。


今回は2枚作ったんだけど、白もカナーリ
エロティークな光沢しています。



復習です、このシャツ1枚幾らでしょう? 
連れてった後輩も笑いが止まらず。 


お店の場所知りたい?








------------

ハイ、正解は2枚作って1万円。
やー、ありえないって、コレ。
シャツブルー白




オーダーは最低1万円から。
 ・1枚1万円
 ・2枚で1万円
 ・3枚で1万円 
   と3パターンの生地から選べる。

ただ1万円以上であれば、3枚でも1.5万円なので
個人的には2枚で1万円の生地がおすすめ。


あんま知られちゃうと、生地争奪戦になるのがコワいんで、
みなさん、行く店はバラけましょうね。
コルテーゼは日本橋、本郷、市ヶ谷、駒込、練馬
なんかにも確かあったはず。
ブルー寄




ボクの友人は田町店に集中する傾向があるので、
生地がかぶりそうになることもしばしば。

これから春先、シャツ露出高まるんで
オーダーはお早めに。
ま、ざっくり2週間〜1ヵ月くらい
オーダーしてからかかるので。


■コルテーゼ三田
 03-5476-7231
 東京都港区三田3丁目1-23


ちなみに前回はこんなん作りました。
デイリー使いに最高、マジで。 → blogランキング

そんな言ってるそばから、今日はコチラで料理教室の仲間に遭遇!
今なら新しい生地もたくさん入ってきてるんでチャンス也



記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ル・スフレ (西麻布)スフレ禁断症状

2007/03/09 12:10
スフレ寄

西麻布の交差点から、ちょいと
広尾方面に歩いて、香港ガーデンの
向かいくらい。ガススタの奥のマンション2F。
日本でも希少なスフレ専門店がここ「ル・スフレ」。


料理教室で作りたてのスフレを食べ、
正直衝撃だったのよ。スフレって
こんな美味しいモノだったのねと。




そのインパクトを更に確信に変えたのが、
Iクン家でのフェスタ。ぴゅあまよクンの
バナナスフレが、そりゃもう大変なクオリティーで。



とは言っても、ボク自身は限りなくスイーツは食べる専門なので、
自ら作るのはナカナカ腰が重たく、かといってスフレ禁断症状を
我慢出来なかったので、中華ランチの後にも関わらず西麻布へ向かう。

やー、出来立てスフレは素晴らしいわ。
あっという間にしぼんじゃうんで、一瞬で
食べましょー


隣の席でまだスフレ残ってるのに、
ベシャッてる女子見てたら、「スフレに
申し訳ないと思わんのか!?」と、
心の中で軽く憤っちゃいまシタ、オサーン化深刻。


ランチ・ディナータイムには、うにや野菜スフレ
など、食事系のスフレも登場。どんなんだろ?


■ル・スフレ
東京都港区西麻布3-13-10
カスタムパークサイド 2F
03-5474-0909
12:00〜22:00(月曜定休)



------------------

作り置きがきかない、扱いの難しい出来立て
スフレを、提供してくれるお店って、ホント貴重です。

ただねー、フツーのスフレも1000円くらいと
決して安くは無いのよね、飲物と込みだと
パーヘッドで2000円弱。

軽いお茶にしては、それなりの出費。
うーん、これだけ好きなら自分で作って
みようかね...


ただ凄く正直に言うと、ぴゅあまよクンの
作ったヤツの方が、好みだったたかも。
まー、お金払う分期待しちゃうから、
その差かもなんだが...

これはぴゅあまよクンの投入した素材、
駆使した技術などが、半端無いということを
さしていて、ル・スフレに問題があるわけじゃー
ございません。悪しからず。
スフレ引





にしても、この週末は温かかった。
なので中華ランチの後、オモサンまで
行ってからは、骨董通りでアクセ買って、
西麻布まで歩いちゃいました。
まりえ拙者




ここのアクセ、安くていいかも。
1個ネックレス無くしちゃったので、
デイリー用に1個GET。
アクセ




スフレ、LOVEっス → blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デフェールと休日

2007/03/09 12:09
デコポン

デコポンのシブースト、いい響きだね。
スイーツを買いに行くために遠出するほどの
情熱は無いけど、スイーツを買ってからの
帰路は、無性にワクワクするもんです。



さて先日、”ぐっちーさん”や”やじゅん”さんなど
新たなLINKを紹介し、彼らの賢こい指数高めの
ブログイメージにあやかって、拙ブログのブランド力
向上も狙ったんだけど、やっぱり当ブログのメインは
食なので、他にも増やしたLINKを紹介。


お気楽OLさん
 http://ameblo.jp/sweetandlovelydays/
  アメブロのプラチナブロガー“あきさん”と
  よーくつるんでるお気楽OLさん。
  「Girls Dialy」なるジャンルの人気No.1。
  デートの参考になるようなお店、スポットの
  紹介が多いので、休日前のプランニングに
  使えるよ。写真も多く雰囲気掴みやすい。


salon de laduree
 http://yaplog.jp/5973/
 クッキング-フランス菓子のサロンをしてる
 graceさん。ブログから立ち昇る気品は
 オレの憧れ。いーっつも美味しいモノ、
 美しいモノに囲まれてる生き様は、
 時に怒すら覚えることも 笑
 フローレンスとパリ好きってとこもツボ。
  

viva! 金曜日 blogランキング


 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タジンなゆうべ Le macaron YUKA.

2007/03/08 12:14
タジンTOP

2月の料理教室は、ひさびさに北アフリカ系。
モロッコ、チュニジアってエリアなんだが、
来るBBQシーズンに活躍しそうなメニュー構成。


「へー、イタリアン、フレンチだけじゃないんだ」って
思った貴方、鋭いです。

実は男性コースって、女性からも超人気らしーんです。
何故ならフレンチ、イタリアンはもちろん、
スパニッシュ、アフリカンとなんでもアリの
いいとこ取りクラスだから。
去年やったスパニッシュとか、単発クラスにしたら
半端なく応募が殺到したらしーし。
海老炒め縦







そんな感じで、大人気のマカロン由香の料理教室
ボクの友人が体験に申し込もうとしても、
対応できないくらいいっぱいらしく。

さすがですな、Le macaron YUKA.
桜




 ・・・って、別に宣伝してるワケじゃありません。
 宣伝してと頼まれたことなんて一度も無いし。


ただ、ここに行こうと思ったのは、ブログで知り合った
ランキングトップでおなじみのマサ中村さんからの
軽い紹介なのよね。


ちょうど、この料理教室がはじまるタイミングで
教えてもらってね。うーん、スゴいなー、WEB2.0

そーいう縁を引き寄せてくれる「漢(オトコ)の粋」に、
我がブログながら、たまには感謝をしてみたり。



さ、この日もウマいですぞ 


***


久々に髪バッサリ切ったら、お気に入りの妖しさが...
その分、若返ったとまりえ談。
ちなみにワインしっかり飲んだランチ後行ったので、
カットされながらガン寝、寝言言ってたのか?
スタッフにも爆笑提供しつつ。
そんなニューヘアースタイルはいかに?



ーーーーーーーーーーーーー


まずは、前菜からご紹介、海老の香草チュニジア風。
ボウルにクミン、ジンジャーパウダー、レッドペッパー、
パプリカパウダー、コリアンダー(細かく刻んで)を入れて、
レモン汁、EVオリーブオイルで混ぜで塩を加える。
海老香草元




いつからか、コリアンダー好きになってたオレ。
山盛り見てるとワクワクしちゃいます、ハイ。
コリアンダー<




で、さっきのボウルに海老を入れて1時間ほどマリネ。
海老準備





アーリオオーリオをEVオリーブでじっくり煮だしたら、
マリネしておいた海老をじっくり炒めて出来上がり。
海老炒め





この香り、GW頃に外でBBQしたら、滅茶インパクト
あるだろうな。ビールが欲しくなる味と香り。
海老盛り






河津の桜でデュスプレイされた、いつもながらの
洒落たセッティングの中、みんなで実食。
テーブル




敢えて、桜とのマッチングってのがいいね。
季節の先取り、絵的にも味的にも。
春もいいけど、夏も来い!!
海老完成





●鶏肉とアーモンド、玉ねぎのタジン
鶏焼き

まずは鶏肉の皮目に、じっくりと火を入れて。
毎度の事だけど、ビビらずに放置プレイ。
家でやると、たいがいタイミングが早過ぎちゃうんだよな...
ガマンできないコなのでオレに猛省。



一旦、鶏を取り出して、同じフライパンでじっくりと
玉ねぎを炒める、そうキツネ色になるまでね。
鶏煮込み始め





たまねぎをじっくり炒めたら、鶏肉を戻し、サフラン、シナモン、レーズン、
こしょう、バターを加えてしばらく炒めた後、水を加えて1時間煮込む。
鶏煮込み中




最初はバラバラだった味が、時間とともに融合して行くのね。
その味が成熟して行く過程を、味見スプーンで確認してくのが
愉しいんだよね、マジで。
鶏煮込み寄




鶏のもも肉に火が通ったら、はちみつと粉末のシナモンを加える。
別のフライパンで炒めたアーモンドを最後に加えて出来上がり。
鶏煮込み完成





この鶏は、庄内の十文字鶏というヤツだそうで。
素材も毎回毎回、いいの出てきますな〜、ほんとウマい。
鶏煮込み横





味は思ったよりもどぎつくなく、甘みもあくまで自然。
作り方も写真も省いちゃったけど、こちらに合わせて
作ったホブスってパンが、出来立てでまたいい感じなのよ。
鶏煮込み盛りつけ





デザートも北アフリカな感じで。
薄力粉、デュラムセモリナ粉に、牛乳と水で溶いたベイキングパウダーを
徐々に加えながら、卵を加えて2、3時間発酵させる。
粉混ぜ混ぜ完了





これをたっぷり油をしいたフライパンに流し込むと、
ブツブツ穴のあいたパンケーキみたいなヤツが出来るのよ。
これにはちみつとバターを塗り込んで、穴に染み込んで
いったら成功なのだ。
パグリール茶

このデザート自体も相当甘いんだけど、モロッコティー(だっけ?)が
全開に甘いので、ガチでコラボっちゃうと口の中が半端無く甘ったるいのね。




お、次回はイタリアンのようね。
このピザ釜使ったレッスン無いのかな〜
ピザ釜





うーん、やっぱ地味ッス... 泣
大正か!? → blogランキング
大正オレ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五十番本店 (神楽坂)ナウな肉まん

2007/03/08 12:12
肉マンの店

神楽坂にある肉まんと四川料理の店。
ラ・マティエールの帰りがけに、ほろ酔い
もあってオトナ買い。

肉まんやあんまんなどを5個、しゅーまい、
ピータンなんかも買い込んで...2人で
食べるだけなのに、バカなオレ。
肉マン





この店、6ヒルにも入ってるんで知ってる
ヒトも多いと思うけど、HP上での
店舗紹介が凄すぎる。
これ当然狙いだよな、な。


HPから
”ヒルズ族”と云う言葉はもう古いのでしょうか、
六本木の非常にナウな方々にも
五十番の大きな肉まんでご体力付けて
頂いております。”




神楽坂・五十番本店
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3−2
TEL:03-3260-0066 FAX:03-3260-0056
◇営業時間◇
月〜金 11:30〜23:00
土     11:30〜22:00
日・祝   11:30〜21:00


ナウな貴方も ⇒ blogランキング


------------------

ピータン

あまり癖は無く食べやすいピータン。
うー、ビールが欲しい味。G.Wには
食べまくってやるッ。


肉まんは、結構皮が厚いが、
中のボリュームもそれなりなので、
バランスの悪さは感じない。
肉マン断面





しゅーまいもおつまみで。
具がぎゅっとつまってて
無骨な感じ。オトコっぽくていい。
しゅうまい




肉まんと言えば、浅草の龍園でお土産で
いただいたあんまんは激ウマだったな〜。

あそこのスープチャーハンも
食べに行かなきゃ

思い出したら禁断症状 ⇒ 
blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


GARGA (FIRENZE)ボッタルガ革命

2007/03/07 12:10
まりえ店内


TRATTORIA GARGA


フィレンツェでは、かなり有名なトラットリアなんじゃない?
Rotonda Club Italiana を見るとファッション系の方が多いとのこと。



カラスミのパスタは激震的な旨さだが、確かにトラットリアな価格ではないね。
イタリアでしか出来ない体験のために、価値あるものなら高くても払う
というのが当家のスタンスだったので、満足度は凄く高いよ、もちろん。
ただそれは当家の価値観があってただけで、万人に受けるお店か?
っつーと、そうでは無いかも。美味しいモノがほんとに好きな方用。
カルパチョ寄





場所はサンタマリアノヴェッラ広場の近く。
平日だったんで、席はそこそこ空席もアリ。
スタッフの半端なくアッパーなテンションに、
ジャポネとして負けるわけにはいかないので、
限りなくアッパーでこちらも対応。
こんなテンションでサービス受けることは、
日本じゃまず無いから、それはそれで
オモロかったけど。
入口



ちなみに料金は、
前菜1皿(シェア)、プリモ2皿、セコンド1皿(シェア)、
ドルチェ2皿、ワイン1本で147EURO。

Trattoria GARGA
Via del Moro 48R
tel055-2398898


オレは、絶対また行きたい派


店内

---------------------


HOTELにネットがつながってると便利ね。
GoogleMAPで場所を確認して向かえるし。
さりげなく必要になる現地情報も、
一瞬にして集めることが出来ちゃう。

ただレストランの行き方なんかは、
やっぱりちゃんとホテルのフロントとかで
確認した方がいいんだな。

Google MAPが指定した場所にGARGAは無くて、
その辺のHOTELのフロントで、エロティークな
アニキに教えてもらいましたワ。
おかげで予約よりかなり遅れての入店。

店についてほっと一息するも束の間、
サービスのオサーンがヤケに陽気なの。
これまでの中でもダントツおかしい。
対ジャポネ用の接客なの?
それとも普段から??

ま、“郷に入れば郷に従え”なので、
ノッタもん勝ちと思ってやりきったけど。
最初にシラフの状態でこのテンションに
あげたから、後は楽チン。
小部屋




前菜は、おすすめのサラダ(12EURO)。
写真無いので記憶があいまいだけど、
野菜にイタリアを感じてじんわりしてたような。

もちろんこの時のサービスもハイテンション。
2,3人のスタッフが、歌いながら
サーブしてくるし 笑
負けじと適当に合わせて歌ってみる。


オレンジソースとトマトとシーフードのパスタ(20EURO)
若干細めのスパゲッティ、アルデンテ具合が
ほんとに素晴らしい。しかし、なんつーか
初体験なんですけどこのオレンジ具合。
ほんのりオレンジな風味がトマトに絶妙にマッチ。
それにイカのアクセントで、強弱がちゃんとできてて、
うーん、旨い。忘れられない味。
いかオレンジトマト





GARGAでこちらのボッタルガのパスタ(25EURO)
を食べられた方は多いのでは?
出来上がったパスタの上にからすみを
摩り下ろすというモノじゃなく、
フライパンは火にはかけずにオリーブオイルと
からすみを混ぜてるとこからはじまるという
こちらのレシピ。独特の味は相当病みつき。
お値段は高いけど、ボリュームも相当なので、
インパクトはきっちり脳に刷り込まれる。
Ginaさんからレシピは入手したものの、
ボッタルガを仕入れてなくて未トライのまま。
ボッタルガ




パスタでかなり満腹に近づくので、
スタッフのリコメンド通り、セコンドは
シェアにしておいて正解。
あっさりめの牛肉のカルパチョ(20EURO)。
ルコラとパルミジャーノでシンプルに
いただく。フツーに超うまい。
カルパチョ引




ドルチェはさっぱり系で。
イチゴにザクッとジェラートがのったもの(9EURO)。
まーほんとにサッパリ系かどうかは微妙。
オレはクリームブリュレを。
絵的にフツーなので写真は無し。
ドルチェ




エスプレッソで締め。
日本より料理が早く出てくるので、
おかげで眠くなる前に、店を出れるのよ。
なので、店落ちはあまり無いんです。
エスプレッソ




最後に素晴らしきテンションで
サービスをしてくれたオサーンと。
まりえとスタフ



愛すべき、フィレンツェの夜に ⇒ blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トリュフ風味のトマトソースのパスタ

2007/03/06 12:01
キャップ

靴や車といったファッション性が重視される
ジャンルはともかく、食品のパッケージひとつ
とっても、イタリアのデザインは可愛くて、
日本との差は歴然としている。

世界に誇る工業国家だけあって(まだね)、
日本はどうしてもスペック重視から抜けられ
ないのよね。得手不得手があるから、
しゃーないけどさ。

ただ日本の美的レベルが世界に劣ってるとは、
過去の文化財を見ても思えないのよ。

ゆえに時代の流れ的なスペック重視という
国レベルの価値観に、見せ方次第で
もっとモノの価値が変わるという
当たり前のことがもうちょい浸透したら、
更にカッケー国になると思うんだよね。

美に対する意識は、世代が若くなるにつれ
着実に洗練されてきてるし(*)、自動車産業の
ように、世界最高レベルのスペックを
維持したまま、デザイン性を加えると
とんでも競争力を発揮する。

 (*)平均レベルとしてね

まだ日本も捨てたもんじゃないね。
豚縦




とまー、そんな浅くてお気楽な意見はおいといて、
たまには世界における日本の立ち位置
なんかも考えてみたり。

先日、とある勉強会(?)でご一緒させていただいた
非常にクレバーでイケメンな方のブログをご紹介。
分りやすいしリアル感溢れてて、マジで良いよ 。
読み応えがあるので、徐々にバックナンバーを
紐解いて、勉強させてもらってまーす。 ⇒ やじゅんのページ 



つーわけで(どんなワケ?)、ちょっといいパスタ
が食べたくなった日のディナーに、タルトゥーフォが
10%入ったパスタ用のトマトソースを空けてみた。
パスタ寄





平日でも、パスタが食べたくなったらオレが
キッチン担当ですな、だいたい。


-------------


ただね瓶を空けてひと舐めして、
「アレ? 思ってた味と違う」と、
予想外な展開にしばし戸惑う。
ソース




なんつーかトマトはトリュフの後に
ひかえてて、エロさが全面に出たソースなの。
実は空輸した際に、ちょっと蓋がズレてた気配
だったんんで、もしかして味が変わっちゃったのかも。


旨みやパンチが足りなかったので、イベリコを投入して
パンチをつくり、ためねぎを加えて甘みを足してみる。
旨いんだけど、トリュフがあんま活かされてねーなー。
パルミジャーノを贅沢に振り掛けると、またいい感じの
味になるんだが、どんどんトリュフのエロさが消えていく。
うー、スキル不足じゃ。
パスタ引




セコンドはシンプルに、OISIXで人気の豚を焼いて。
だいぶ手抜きだけど美味しいのよ、コレがまた。
豚横





こちらは先日、Iクンの家でフェスタした時に
自宅用に買い込んだデフェールのケーキ。

サオトボだっけ、コレはドストライク。
中のチョコが溶けてるスイーツは、
無条件に降参なの。
サオトボ





コレ、モンブランかな。
食べてないので、良く覚えてない。
モンブラン




blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日仏学園 (飯田橋)堀の脇に佇むフランス

2007/03/05 12:18
日仏学院-1売店

ラ・マティエールのランチの後、
ちょいと神楽坂探索しつつ、
お茶を飲みたいなと、こんな
トコまで足を伸ばしてみました。

うーん、イツキマン。
オレの気分にバッチリなトコ、
エスコートしてくれるじゃない! 

こちらはエスプリ濃い目の“日仏学院”

***HPより抜粋***

フランス政府の公式機関 「日仏学院」
語学学校、文化センター、情報発信基地の要素を兼ね備えたまさに
「日本の中のフランス」。フランス語を学びたい、イベントに参加したい、
フランスの本やビデオを借りたい、ブラスリーでのんびりくつろぎたい… 
フランスのあれこれがかなうオープン・スペース、それが日仏学院です。
http://www.institut.jp/

***********


うーん、なんつーか滅茶ウレシーです。
ヤツもそんなに熟考して連れてきてくれた
ワケじゃないけど、ノリでオレの好きそうな
場所を嗅ぎ分けてくれるとこなんて、さすが
15年来の付き合いなワケですな。
直接言うのは照れくさいので、こんな場を
借りて御礼、マジヒットでした。
日仏学院-2庭



 ん、だが待てよ。
 ・・・え!?、大学入学したのって
 15年も前の話だっけ!!??

ちょっと、自分のオサーン化にビックリ


----------------

この日は、もう営業が終わってたけど、
ウッドデッキでカフェが出来たりするんです。
春の休日とかいいねー。もちろん室内にも
カフェはありますよ。
ご近所さんは、犬を連れて散歩に。
やっぱ大型犬が似合いますな。
うー、オレの理想の休日じゃん。
日仏学院-3犬遊び




ちなみにオレの今クールのNo.1ドラマ
「拝啓、父上さま」にも頻出の日仏学院。

えー、「万俵」よりも「F4」よりも、「派遣」よりも
好きなのよ、あのドラマ。北の国から世代なもんで。
日仏学院-4まりえ日仏学院-5せんぱい





そーこーしてるうちに、誰とは言わないけど、
“ヒロスエのスクミズ萌えなんだよね”とか、
オレ的には全く意味不明なこと言うヤツがいて、
“ありえねー”とか突っ込んでたら、誰とも無く
「バブルへGO!!」って見たくない? って話になり、
そのまま空いてそうな品川へ向かったワケ。
日仏学院-6会談中




やー、なかなか素敵なBD PARTYの流れです blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デロンギのアイスクリームメーカ

2007/03/05 12:17
デロンギデロンギ引

DeLonghi のアイスクリームメーカー
先日アップした、ラ・マティエールのBD PARTYで
当家にプレゼントしていただいちゃったヤツがこちら。
デロンギのアイスクリームメーカー。

「アイスなんてハーゲンダッツ買っときゃいいじゃん」って
思うでしょ。ボクも昔はそう思ってました。

なんだけど、出来立ての自家製アイスクリームってね...
そりゃ、もうこれまでのアイスの価値観変わるくらい
うまいんです。



作りたてのふんわりとしたクリーミーな味覚は、冷凍庫で
固めたものとは、香りと味と食感がまるで違うのよ、マジで。
マカロン教室で食べて、スンゲー惚れこんではいたんだけど、
こういう機材って、なかなか自分で買えないのよね。


つーわけで、料理道具ヲタ的には、かなり心シビれるプレゼント。
まだ寒いのでアイスクリームな気分にはなれないけど、
温かくなったら、当家にてふるまわせていただきますワ。
少々お待ちアレ、プレゼントしてくれたみなさま方。
前横




-----------------

なんか、昨日のブログのTOPの写真だと、
ラ・マティエールが変に敷居高そうに
見えちゃうかもだけど、空気感は柔らかく
とても女性に受けそうな店内よ。
夫妻2横テーブルみんな





かといって決して安っぽい感じしないしさ。
最近はキメキメの店より、こういう店が
とても落ち着いて好き。なんか自宅っぽい
くつろぎ感が溢れてて。
(って、こんな立派な自宅じゃ無いですが)


普段使いできない高い店は、
非日常感を味わいに行くわけで。
こういうトコには、豊かな休日を
堪能しに行きたいのよね。
まりえ




そんな抜きモードが好きなのね、最近 ⇒ blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラ・マティエール (神楽坂)最近好きなのこーいうの

2007/03/02 12:04
全員

な、なんすか、この“万俵家”気取った
こざかしートーンは!?


まーまー、押さえて 笑

万俵家気取ったところで、先代の肖像画
くらいチンケなフェイクです。
露出押さえて写真撮ったら、
なんかいい雰囲気だったんで。


で、なんの会かっつーと、ボクもまりえも誕生日は
12月だったので、みんなが当家のB.D PARTYを
まとめて やってくれてね。

去年のテーマは“ドレッシーなランチ”だったんで、
今年は脱力系がいいなーと。

したらsinpさんも高評価の、神楽坂の
「ラ・マティエール」を取ってくれて。
かーーなり行きたかったんで、まずは
そのセレクトに感激。
サーモン寄




 ちなみに去年の当家のBD祝いは、
 ピエール・ガニエールでした。、
 すんげー前の気がするんだけど。





行ってみて思ったけど、ほんとにいいね。
「ラ・マティエール」

店の規模も好きな感じだし、なにより
今一番開拓したい町「神楽坂」。

特にヤバかったのは、
ヤリイカのブイヤベース風テリーヌ
久しぶりに目の前に海が広がりましたワ。
イカパテ





全体的に南仏っぽい印象なんだけど、
特に料理として南仏を意識している
わけではないようで。
豚バラ寄





インパクトもありつつ、丁寧に料理された
味もかなり好み。こりゃー、ディナーも
試したい。近々また行かねば。
ワイン





にしても、愉しませていただきましたワ。
エスコートしてもらうのも、いいものね。
みんな、ありがと。
BD





ラ・マティエール
東京都新宿区神楽坂6-29
TEL 03-3260-4778
◆営業時間 11:30〜14:00(L・O)
      18:00〜21:00(L・O)



***

色々メイクしてくれた、
いつきまんにGREAT THANX!! ⇒ blogランキング


--------------------


●ヤリイカのブイヤベース風テリーヌ
 これねー、ホントに美味しいのよ。
 思ってる以上に相当に海の風味が強いのね。
 海臭さがたまらなく印象的で癖になる。
 ところどころに残してあるイカの食感も
 飽きをこさせない感じで、結構ボリューム
 あるけど、「もっと食べたい」って思わせる逸品。
イカ引





●自家製スモークサーモンの黒ゴマ付け焼き
 行く前から期待してたにも関わらず、それを上回る満足感。
 肉厚のサーモン自体も美味しいけど、胡麻を塗って焼いた
 皮とのコラボレーションは、独特の風味で初体験。
 コレ、いいでしょ。あの香ばしさが恋しい〜
サーモン引





スープはカリフラワーのスープ。
当たり前だけど、ボクが作るヤツより格段に
洗練されててキレもあるのよね。
ランチコースでスープあるのって、
ちと贅沢な気分。
スープ引




赤ワインは、Morey-St-Denisから
CLOS DES LAMBRAYS GRAND CRU



●塩漬け豚バラ肉の網焼き
 ファーストインパクトが尋常じゃなかったね。
 どう表現すればいいのか分かんないけど。
 ただ最後の方は塩がちょっとキツく感じちゃったかも。
豚バラ引





●サワラだったと思う..
 まりえの皿なので、記憶があいまいなんだけど。
 ただ、ここは魚料理も得意みたい。
 まりえもユッキーも魚のいい印象が
 強く残ってるって言ってたし。
サワラ引





皮のパリっと感がいいよね、身もふんわりしててサスガ。
サワラ寄





店構えもかなり好き、フレンチ激戦区の中では
ちょいと高めなプライシングらしーけど、
このクオリティは素晴らしいんでなくて。
店前




久々にフレンチでヒットな店発見 → 
blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本気のフェスタ @マカロン教室メンズコラボ

2007/03/01 12:04
苺ムース寄

前菜4品、スープ、プリモ2皿、
メイン:仔羊もも肉ブロックのロースト、
デザート:2品 +1品

これ、レストランで食べたらHow much?


そりゃ、素材も技術も違うけど、
素人でも手は抜いてない分、
相当満足度は高いと思うのよ。
しかも料理教室メンズクラス、
エース級のガチ作品でっせ。
(ちなみにヲイラは補欠ね)

まー、落ち着いてメニューを見てみよっか。


-前菜ー
・岩手県産あいなめのカルパッチョ
・3種のクロスティーニ(アンチョビクリーム、キノコアーリオオーリオ、オリーブ)
・沖縄産さやいんげんのブレゼ
・トマトのロースト、空豆のクリーム煮を添えて
カルパチョ寄






-スープ-
・カリフラワーとベーコンのポタージュ



-パスタ-
・手打ちパスタ、エビとイカのトマトソース
・キノコの手打ちラザニア
トマトパスタ横






-メイン-
・子羊のロースト、にんにくと骨の赤ワインソース、
 干し柿の香り、にんにくのブランシールと菜の花、ローストポテトを添えて
仔羊カット




-デセール-
・シャンパンゼリーと桃のムース
・キャラメルバナナスフレ
苺ムース断面



コーヒー、紅茶


 正直、『・・・は〜ん!?』って感じじゃない
 いいなーを通り越して、呆れかえってるでしょ 笑
 ヘタすると怒りさえ覚えるかも、ハハハ


ま、マカロンメンズクラスのヤローが4人集まると
こんな感じのフェスタになるんです。


会場を提供してくれたIクンのメニュー構成に手際のよさ。
そしてスイーツは素人の域を超えたぴゅあまよクンの
デセールが炸裂、マジで遊びじゃ無いよ、アレ。


驚愕のフェスタ、ヒケーンです。
でも、食べたいっしょ? ⇒ blogランキング



--------------------

・3種のクロスティーニ(アンチョビクリーム、キノコアーリオオーリオ、オリーブ)
クロスティーニ引

もちろんフツーのバケットに載せても確実に旨いんだけどさ..
ピュアマヨくんお気に入りのこちらのパンとアンチョビクリームの
組み合わせは、相当レベル高いです。ガチになって、
「このパンの甘みと、酸味の組み合わせが妙だよね」
とか言ってる段階で相当おかしな集会です。
パン<







・岩手県産あいなめのカルパッチョ
あんま“あいなめ”のカルパチョって
聞いたこと無いんだけど。素材良けりゃ
シンプルでハズさない。仕入れは
近所の市場で。
カルパチョ引<





・沖縄産さやいんげんのブレゼ
ったく、家フェスタで「ブレゼ」って言葉が
出てくるんすよ。
日本の男子は変わりました 笑
ちなみにブレゼって「蒸し煮」のことね。
どっかのサイト見たら、材料が浸かる位の
液体と香味材料を加え、蓋をして煮込む事。
って書いてあった。そんな感じ。
インゲン





・トマトのロースト、空豆のクリーム煮を添えて
Iクンがなんかしてるなーと思ってたら、
視覚的にも元気いっぱいな、こんな前菜が
でてきました。マンガ読んで遊んでたオレにも
ゲスト並みにサプライズ
トマト空豆





・カリフラワーとベーコンのポタージュ
マカロン教室ではドゥバリ夫人のスープのルセットを
習ったけど、あれにベーコンが加わることで優雅な
イメージが一気にオトコっぽい感じになるのねと、
ヴァリエーションを愉しんだり。
スープ





さ、息切れ気味ですが、
これからやっとプリモです。

・手打ちパスタ、エビとイカのトマトソース
リングイネの乾麺でアルデンテで歯ごたえも
愉しみながら食べるのが、このパスタの一番
うまい食べ方だと思うけど、手打ちパスタ体験も
しつつって方がエンタメ性高いんで、今回は
タリアテッレで。
パスタ縦




<レシピ>
・いつもどおりアーリオオーリオ 極弱火で20分
・トマト缶を1缶(ホールトマトを手でつぶしながら)、
  イタリアンパセリ投入
・適当なトコで塩・胡椒 20〜30分くらい煮込む
・違うフライパンでえび・いかをオリーブオイルで炒める。
  もちろん軽く塩・胡椒
・イカは取り出しておいて、さっき作ったトマトソースを投入。
  トマトソースに甲殻類の味をつける。気分だけど
 20分くらい煮込むかな
・上の煮込みをはじめたくらいでパスタ鍋を熱しはじめ、
  頃合を見てパスタを茹でる
・パスタをソースに絡める直前にイカを投入
・パスタをソースに絡める、イタリアンパセリを
  トップに飾って、塩(岩塩)をパラッとふって完成




・キノコの手打ちラザニア
オレ、ラザニア作ったこと無いのよ。
生地は手打ちパスタの一部を使うだけ。
下準備さえすませておけば、当日は
オーブン投入すれば簡単に出来るメニュー。
オレも覚えようっと。
ラザニア完成



ちなみにコイツが化けたんです
ラザニア準備






・子羊のロースト、にんにくと骨の赤ワインソース、
 干し柿の香り、にんにくのブランシールと菜の花、ローストポテトを添えて

コヤツは最初こんなんですワ。
肉を骨から剥がして、形を整えたら
タコ糸で縛り上げます。
12




で、タコ糸で巻いたら、しばらく
フライパンで火を入れて、その後
オーブンでローストすんのね。
仔羊焼き





部屋には相当満腹感が溢れてたんだけど、
オーブンを開けると仔羊のやばい香りが
立ち込めてきます。骨ごと煮込んだソースも
洒落にならん完成度。みんな、スゴイねー。
仔羊断面




にんにくのガルニはブランシールが足りず、
だいぶ固い状態で出しちゃってゴメン。
ガルニ最後にオリーブオイルで炒めなかったっけ?




ボクも待ちにまったデセール、
・シャンパンゼリーと桃のムース
コレを作るために、ぴゅあまよクンは
わざわざミキサーやら、温度計やら
自分の道具を持ち込んできてます。
「職人か?」
苺ムース引





これにナイフを入れると、シャンパンゼリーを
はじめ、いくつもの味の断層が目に入ります。
イチゴのムースも使う部位をかなり気を使った
贅沢なもの。こういう自然の甘みもいいんだけど、
シャンパンゼリーのオトナな風味が、こりゃまた
イケてるのよ。
苺ムース断面ホール





・キャラメルバナナスフレ
コレ、旨すぎ。バナナをいためて、グラニュー糖を
加えてさらに火を入れると、いい感じでキャラメル
バナナが出来るのよ。これを使ったスフレなんだが
マカロン教室に続きスフレ革命。惚れ。
スフレ





・お土産のミルフィーユで締め、デブ確定
ミルフィーユ




もう止まりません → 
blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いざ香港!!

2007/03/01 12:02
香港

photo by LEGO YOKOHAMA

今日から3月、春の足音がやっと聞こえてきた
くらいなんですが、心はすでにG.Wを先取りです。

あんま季節の先取りって慌しくて好きじゃないんだけど、
GWのエアーって、そろそろ押さえなきゃなって感じなので。

で、今年の行き先はといいうと、「香港」と「マカオ」。
TOPの写真はヨコハマな日々からの1枚。
こんな絵が撮りたいなと。

え、マカオ!?って思ったヒト、いるかな。
別にギャンブル好きではないけど、カジノ付きのホテル
って割安じゃん。GWはすでに日本の7月くらいとの
ことなんで、ウェスティンとか、マンダリンオリエンタル
あたりのプールでダラダラ酔っ払いながら、エステして
昼寝して、たまにギャンブルみたいなダメ人間ライフを
送りたいのよ。読書もベタに「深夜特急」とか。

香港は言うに及ばず、目的は「食」。
シンガポールで食べた中華も充分美味しかったんだけど、
やっぱ本場は外せないぜと。これまでの香港体験って、
トランジットの1泊&1食だけなので、今年のテーマ「中華」の
リテラシーアップのためにも、まずは登竜門をくぐろうかなと。
秋にはなんとなく上海行きも決まってるし。


昨年末に伊仏でEURO高にもかかわらず、無茶な散財を
したため、今年は全般的に低コストのヴァカンスプラン。
ま、そんな旅行準備用のメモです、コレ。

***

友人は、アマルフィ海岸、フィレンツェ、パリに2週間だとか。
は〜、うらやまし過ぎですわ。 



---------------------------

SINPさんの香港ページや
http://www.sinp.jp/hong/index.htmll





LEGOクンのバックナンバーをニラミつつ


全体のイメージを固めていく。
やっぱキレイな写真あるとイメージ沸きやすいね。


チケットはいくつか聞いたところだとIACEが一番安いなー、
4/26の便だとサーチャージとか込で40,000円ちょい。
他にお薦めってあります、みなさん?
http://www.iace.co.jp/




ホテルはアップルワールドで。
これだとマカオのマンダリンオリエンタルも22000円/室くらい。
香港・マカオに関しては、いくつかサイト見回したけど、ココが
一番安そうかな。同じく他にお薦めサイトあります?
http://appleworld.com/



人民元と香港ドルが逆転とか、色々変化のある香港。
実質的には初めてに近いのでsinpさんのレクチャーを
受けながら、お店選びもしていこっと。


ダイエットどころか、体重維持が精一杯 ⇒blogランキング
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2007年3月のブログ記事  >> 

トップへ

Priceless チョイワルミソジの食べ歩き 2007年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる