Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS Guastavino (FIRENZE)ここドコ?

<<   作成日時 : 2007/04/02 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イカ墨TOP

意外とfirenzeって月曜休みの店多いんです。
最後の晩餐だったので、憧れのOnice(オニチェ)か、
クラシックなローカル料理の食べ納めって感じで、
チブレオ行きたかったのよ。

だけど、どちらもご多分に漏れずお休みで。



で、色々あたってるうちに、発見したGuastavino
ワインのラインナップはかなりいいみたいで。
ペンネ引





しかもfirenzeには珍しく、やけにエッジーなインテリアなの。
そしてこのセンスは料理にも反映されていて、無骨な感じの
トスカーナ料理と一線を画していて、やけに今っぽい。
1週間くらい居るなら、一度くらい行くのもいいかも。
厨房S
テーブルS





なんつーか、料理の雰囲気が全体的に東京イタリアンっぽくて
ある意味ホッとする感じ。特に日本人のレディー的には。
もちろん本場フィレンツェなので、野菜の強さや麺のインパクトは
日本のソレとは比較にならないけど。
ピジョン





ホラ、フィレンツェっぽくない面構えでしょ。
こんな雰囲気で、青山あたりに店が出たら
相当な繁盛店になるだろうね。
店前




Guastavino

Via della Condotta 37r 
Tel:055-2399806



ワイン好きは是非に




ーーーーーーーーーーーーー


なんかアミューズも東京で見れそうな感じじゃない、
特に麻布十番あたりでありそうな気しない?
思わずドコにいるんだっけ、みたいな。
周りに他のお客さん居なかったから余計に。
アミューズ





●Carciofi in Crasta con ricotta e pinoli(9EURO)
多分こんな感じの料理、スペルが間違ってても許してね。
絵的に奇抜過ぎるかと思ったけど、カルチョーフィが
丸ごと入ってて、その力強さが軸になってるので、
意外にシンプルな印象。なにげに好感度高いんですけど。
フィレンツェじゃ、ウケないのかな〜
前菜





まりえは連戦の疲れから、軽めのサラダっぽい前菜と
こちらのペンネでフィニート。こちらのペンネも
トスカーナっぽさは感じないけど、充分ウマいっす。
ペンネ寄





●Tagliolini neri con polpa di riccio su pasto di basillico(15euro)
メニューを見直すと、多分コレだと思うんだけど。
イカ墨のタリオリーニらしいってことは、スタッフとの
やり取りでなんとなく掴めたんだけど、まさかウニまで
絡んでるとは! 生パスタのもちもちした食感と、ウニの
ほのかな生臭さがいい感じでマッチング。これ日本で
出したらバカウレだと思うんだけど。
イカ墨引





●Piccione disossato ripieno al forno con patate(20EURO)
鳩のローストのポテト添えって感じ。
まりえは“お腹いっぱい♪”と笑顔で
ギブアップ宣言なので、孤独に一羽と
戦ってましたわ。結構味が濃いめなので、
ワインが合うのよね。ワインも15euroくらいの
適当なヤツ頼んだけど、これもヤケにうんまいの!
オレ程度のリテラシーなら、全然このクラスで充分。
ピジョン断面




鳩との戦いもほぼ完勝し、しばし落ち着いてみる。
こんだけガラガラだと、経営の方が心配になる。
フィレンツェじゃウケないなら、いっそ東京に
進出してはいかが??
店内縦





そろそろ胃も拡張してきてるので、気合いを入れれば
ドルチェも入ります。数あるドルチェの中でも、
ボクのKINGはフォンダンショコラ。日本の感覚で
オーダーしたら、こやつも相当デカかった...
いや、ほんと嬉しい悲鳴とはこのこと。
もう一生何も食べなくていいと思うくらい満腹に。
フォンダンテショコラーテ





ヘロ酔いの中、クリスマスデコレーションがはじまりつつある
フィレンツェの石畳を歩く。ただそれだけなんだけど、ホント
それだけで幸せ。
道



そんな時間に憧れません? → blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Guastavino (FIRENZE)ここドコ? Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる