Priceless チョイワルミソジの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の朝の伝言ゲーム(FIRENZE)

<<   作成日時 : 2007/04/04 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

チブレオカフェ

最近、心配なんです。
GWまでに昨年冬のヴァカンスレポが終わるかって...

やっと今回でFIRENZEは最終回なんですが、
旅はまだ折り返し地点にすら辿り着いて無いんです。

もうちょい省けばいいじゃん、って思うだろうけど
やっぱねー、あっちはいい写真が撮れちゃうのよ。
なのでついつい。


この日はFIRENZEからパリまで移動。
FIRENZEを離れるという軽い感傷と、PARISへの
期待感が入り混じった感じで、最後に町を歩く。

トップの写真はチブレオカフェ。
あんまこっちの方まで足を伸ばすことが
なかったんで、このエリアは新鮮。

クラシックなフィレンツェを食べたければ
チブレオに行け!と誰もが言う名店。
リストランテから、トラットリア、カフェまで
様々なスタイルで営業している。
オレはトラットリア行きたかったんだけどね。
月曜休が多いって下調べの足りなさが露呈。
チブレオカフェ外観





中央市場ほどの規模ではないけど、
こちらは生活密着な市場だね。
サンタンブロージオ広場。
市場





またまたチェントロに戻って。
お気に入りの道を歩くのだ。
キャバリエカフェ




最後の日のフィレンツェ、貴方は何食べる?


ーーーーーーーーーーーーーーーー


ちらっとベッキオ宮も覗いてみる。
天気もいいし、どこもかしこも
フォトジェニーク。
ベッキオ宮





やっぱ橋も渡るでしょ。
最後の日にも、こんな天気がいいなんて。
ちょっと離れがたくなるじゃない。
橋から






ガスタヴィーノのダメージが相当なので、
比較的軽めの食事にしよーと。
そういや、市場でパニーニ食べてないぞと。

初日は空気感に慣れてなくて怖気ついたが、
だいぶ肩もあたたまってので、中級編に
チャレンジしてみる。

ちょっと離れてオーダーの仕方をまずは偵察、フムフム。
レジでお金を払ってから、パニーニ職人にオーダーを入れる。
職人にオーダーするときはソースをチョイスするくらいだったかな。
パニーニパニーニ会計






にしても、このオサーン職人こわいですッ。
いのしし系のパニーニもあったかもしれんが、
なんとなくの流れで、トリッパに。

豪快なトリッパ、結構チリソースみたいの
チョイスしたけど辛いのね、や、うんまいけど。
コレを食べてるとフィレンツェトラベラー
中級者になった気分、へへ。
パニーニ作成パニーニ完成





食後は最後の仕事にとりかかる。
hirorentina夫妻から、彼らが留学してた際の友人
トモさんを見かけたら声をかけてきてと頼まれていたのだ。
場所はめぼしついてたんだけど、これまで姿が見えなかったのよ。
しかし、この日はいる気配。なんと目印でもある“おおきに”が!!

しかし食事中なのか、絵描きさん達の姿は見えず...
とりあえづ、もうちょい歩き回ろう。
絵途中BOX





そして、そろそろフィレンツェを離れようとするタイミングで
なんと、あの絵を描いてるヒトをハケーン。これまでの人生、
絵を書いてる最中のヒトに話しかけることは無かったので、
いまいちタイミングがつかめず。でも刻々と時間は
迫ってくるので、おそるおそる「トモさんですか?」と。
ちょっと驚いた顔をしたので、「hirorentina夫妻ご存知ですよね?、
彼らから、よろしく伝えて欲しいと言われてて」と伝えると
するとそれまでのアーティストの顔から、関西人の顔に 笑
はるばる海を渡っての伝言ゲーム、なんかオレらまで
こころがあったかくなっちゃった。
道描ともさんと




作りかけの絵しか紹介できなかったけど、トモさんは
これを生業にしていて、なんとフィレンツェの行政から
ここに描く許可をもらってるくらいスゲーんです。
しかも数日前まで、南仏で描いてたそうで。

うー、すげーなー、そういう生き方。
まぶしいっす、トモさん → blogランキング


Firenzeに行った際には、是非こちらにも。
新市場のロッジアから、ちょっとばかし
レプップリカ広場に向かったあたり。 

目印は“おおきに” → blogランキング



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
最後の朝の伝言ゲーム(FIRENZE) Priceless チョイワルミソジの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる